中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国人の物事に対する思考過程を考える(2)

5月になりました。今年から「中型」連休の「格下げ」となった労働節。昨日、今日と大連は霧です。特に朝夜は酷いですね。

 

前回の続きです。

 

中国(人)の「基礎」、それは「中華思想」にあり、この「基礎」は彼ら「独自」のもので「矛盾」をはらんでおり、「論理が無い」、というところで終わりました。そして「基礎→応用→発展」の道筋論についても御説明しました。

 

もうお分かりでしょう。全ての源である「基礎」に「論理がない」ということはどういうことか。中国(人)とはそもそも元から、根本的に、「論理的思考方法をしない、出来ない」ということです。ですから多くの世界人から見て中国(人)はトンチンカンに映るんです。

 

例を挙げましょう。A,B,C,Dと4つの物があるとします。そして(ABB=C)とだけ「注意書き」があるとします。

 

日本人の思考方法:(ABB=C)か、それならA=Cも成り立つな!

です。何故ならそれが論理的思考方法だからです

 

しかし

 

中国人の思考方法:(ABB=C)か、それならA=Cも成り立つな!でも別にA=CA=Dでも良いだろ!

 

なんですね。

 

何で「A=CA=Dでも良い」の?!メチャクチャじゃん!

 

良いんですよ!別に(笑)。自分さえ良ければ。(⇒「自己中心主義」)

 

こういった論理的思考法が欠如すると人間はどうするか、もう動物と一緒です。原始的本能で動くしかないんです。「感情任せ」ということです。

 

全員が「感情任せ」で動いたらどうするんだ?!統率が取れないだろ?!

 

心配要りません。「カネ、権力、コネ」という「魔法」を絡めることで、「一時しのぎ」が出来ます。あくまで「一時しのぎ」です。

 

ということは

「1にカネ、2にカネ、3にカネ、4に権力(=地位)、5にコネ」

これがこの地に住む人たちが一生涯にわたって求め続ける「もの」です。何と言っても「魔法」なんですから。そして全てにおける「成功」の秘訣、近道なんです。ですからこの「魔法」の所持量の多い・少ないが人間の価値を決めます。(⇒「拝金主義」)

 

さて中国(人)はあらゆる面において次から次へと休むことなく生み出されてしまう「矛盾」をどう処理し、捉えていくか。そこで編み出された耳障りの良い、そして人民向け、対外向けにも最適な代替語として選ばれた言葉が「中国独自」です。

「中華思想」という「基礎」矛盾を「応用、発展」矛盾に昇華(?!)させて創った言葉です。

そして何においてもこの代替語を枕詞として多用するようになりました。とても「便利」な言葉ですから。

 

「誤り=矛盾」って何?

はっきりと、分かりやすく言うと「嘘」ですよ。「嘘」。

「嘘」は麻薬です。

何で?

「一度嘘をつくとその嘘を本当(=正論)に偽装するのにまた嘘をつかなければならない」からです。これは誰でも経験をしたことがあるでしょう。特に妻子持ちの駐在さんは絶対にね!(笑)。そしてその嘘をまた「本当=正論」に偽装するのにはまたまた嘘をつかなければならないんです。永遠の悪循環です。

結局、最後は自分でも「嘘、本当」の区別ができなくなり、訳も分からなくなります。

そして相手に嘘を見破られると「開き直る」か、「謝罪」するかです。最後はこの二者択一しかありません。でもね。どちらの選択肢をとっても「信用」は失われるんです。「ダメ」のレッテルが貼られるんです。仕方が無い事です。

 

だから古(いにしえ)の日本人は「嘘は泥棒の始まり」と言ったんです。

「嘘」とは全ての「悪」の根源、源だ、つまり「基礎」だ、という事です。

この「基礎」が某国で全盛を迎えている、「嘘の日常茶飯事」、「歪曲」、「隠蔽」、「偽物」、「詐欺」、「責任転嫁」、「朝令暮改」、「各種犯罪」、といった、「諸悪」に「応用、発展」してしまうこと、そして永遠の悪循環になっていくことを恐れたのです。

 

ですから日本では「人間の基礎」になる子供の教育でちゃんと「嘘は泥棒の始まり」と教えるんです。だから「性善説」の国に成り得たのです。少なくとも「性悪説」の某国のように「騙す奴ではなく騙される奴のほうが悪い」などということは絶対に無いんですね。

 

「中国(人)は理解が難しい」

当然です。日本人とは根本、源、「基礎」が180度違うのですから。はっきり言って理解する必要も無いんです。こんな「基礎」を理解し、「応用、発展」に繋げたら、日本人として「終わり」ですよ。

 

でも「基礎だけ」は「十分に、しっかりと」理解しなきゃいけないんです。それがこの地と関わる全ての日本人にとって、「仕事」というものなんですね。

理解しなきゃ、いや理解しすぎなきゃ(?!)仕事にならんのです。他人、他社には勝てないんです。いや使い物にすらならないんです。

 

「論理的思考方法を捨て、感情で動け。行き詰ったらカネ、権力、コネという魔法に頼れ」

 

これはやっぱりキツいですよ。まともな日本人、いや「人」ならね・・・。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ