中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「武漢肺炎」蔓延の中、世界を相手に戦う方法について

今日の気になったニュースは、「ダイヤモンド・プリンセス号」の80代の日本人乗客2人が亡くなったことですね。

多くの日本人がアメリカとカナダの違い、イギリスとフランスの違い、フランスとドイツの違い、オーストラリアとニュージーランドの違い、ブラジルとアルゼンチンの違いを答えられないように、彼らにしてみれば中国と日本の違い、日本と韓国の違いは答えられません。これはグローバルな職場で働き、同僚に多くの外国人を持つと分かります。日本人なら中国と日本の違い、日本と韓国の違いをはっきりと答えられるし、外見の見分けも付きますが、世界の彼らにとっては「同じ」で、「違い」に興味もありません。ということで、世界から見れば、日本はすっかり中国同様の不潔で危険な感染国扱いです。そりゃ差別対象にもなりますよ。フランス人なんか「やる気満々」でしょ?

イギリス・ロンドン市長選の立候補予定者に至っては、東京オリンピックが中止された場合、ロンドンでオリンピックを開催することにまで意欲を示しました。「ダイヤモンド・プリンセス号」は三菱重工業長崎造船所で建造されたクルーズ船ですが、イギリス船籍でアメリカが船会社です。日本(人)の「下手」な点は、「駆け引き」を知らない点です。

マスコミが「ダイヤモンド・プリンセス」号ネタを扱い、その名を発する時、ただ普通に「ダイヤモンド・プリンセス号が・・・」、または「クルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号が・・・」と言いますね。これじゃダメだという事です。正解はね、「イギリス船籍でアメリカが船会社のダイアモンド・プリンセス号が・・・」と言わなければならないんですよ。つまりですね、「イギリス船籍でアメリカが船会社の」という「枕詞」を忘れてはいけないという事です。こうすることで、責任は「日本だけではない、イギリスとアメリカにもある」という事を日本人だけではなく広く暗示させるんです。そうするとトップのイギリス首相やアメリカ大統領も「表」に出て来ざるを得なくなります。必ずマスコミが追い、世論も動きますからね。

今回、ダイヤモンド・プリンセス号の件で、イギリス首相やアメリカ大統領は自国の乗客が多くいるにもかかわらず、「表」に出てきましたか?感謝や苦労の一言はおろか、大っぴらに発言すらしないでしょう?自分の国の船籍の船、自分の国の船会社の船、なのに「ひっそり」と隠れていることで、全責任を日本に押し付け、責任回避に成功しているんです。「賢明」ですねえ。これが「沈黙は金、雄弁は銀」というテクニックです。

そもそもこのテクニックはイギリスの思想家で歴史家でもあるトーマス・カーライルの『衣装哲学』にある言葉ですからね。イギリスにとっては本家本元、誰でも知っている「日常」なんですよ。

一方で日本のマスコミはニュースで扱う際、「ダイヤモンド・プリンセス号が・・・」、「クルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号が・・・」、最悪は「横浜港に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号が・・・」で話を始めるでしょう?実に「正直」ですね。私に言わせれば「能天気」です。その結果、「ダイヤモンド・プリンセス号」は「日本の船」、「日本だけの失態」、「外国は一切関係無し」、と皆が、世界中が認識してしまうんです。報道する際は「イギリス船籍でアメリカが船会社の」という「枕詞」を忘れずに付け、徹底させていれば世論はまた少しは変わっていたかもしれません。

この点、中国は一党独裁政権ですから違います。マスコミ統制は厳格です。中国は社会主義国家ですが、実情は程遠いのが現状です。社会主義国家とは平等公平な国の事ですから。実情は格差社会、学歴社会、自己中心主義で拝金主義、覇権国家ですね。という事で、この矛盾を解決するために作られた都合の良い言葉が、「中国の特色ある社会主義」という言葉です。「中国の特色ある」という「枕詞」を必ず用いることによって「社会主義」という言葉の矛盾を解決しているんですね。

私もブログで「支那人」という言葉を多く使いますが、単独で使うことはまずありません。単独で使えば「中国人=支那人」という石原慎太郎元東京都知事と同じになってしまいます。その前に必ず中国人という言葉を使って対比させ、この国には二種類の人間が居る、考えてみて下さいと暗示させています。

蛇足ながら、中国人は「あなたは良い日本人だ」とか「これは良いニセモノだ」とか面白い対比表現を多く使いますよ。

中国では「正直者=バカ」扱いです。これは「バカ正直」という言葉がありますね。いろいろな仕事が出来る人は有能だけれども皆、平均点です。これは「器用貧乏」という言葉がありますね。一つ=長所を磨きます。こういう考えだから人民は皆「極端」なんですよ。富裕層はとてもお金持ち、貧困層はとても貧しくなります。

世界を相手に戦う場合、「駆け引き」は必須です。ですから「ダイヤモンド・プリンセス号」ネタを報じる場合、「イギリス船籍でアメリカが船会社の」という「枕詞」を用いない、徹底しない、記載もしない、のは致命傷でしたねえ。私はそう考えます。結果、医療費は負担させられ、汚名は着せられ、批判はされ、渡航制限はされ、オリンピックまで持って行かれそうになる有様です。

知識があっても経験が無い人間は「使えません」。『三国志』で言えば馬謖です。「泣いて馬謖を斬る」は有名な故事ですね。我々の周りだったら「ペーパードライバー」や「童貞」、「早漏」です。使えんのですよ。知識と経験が備わったら、次は「駆け引き」という策略を身につけることが大切です。

でも駆け引きを知らない=正直、純情、素朴な日本人が私は大好きですし、誇りにも思っています。生まれ変わってもまた日本人として生まれたいですよ。私はこの国で「嘘つきは泥棒の始まり」を心底理解しましたしね。

長くなりました。写真ゼロのエントリーはダメですね。今日はご容赦下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ