中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連から酷寒の省都・瀋陽へ、日帰りで移動する(1)

昨日、一昨日と酷い大気汚染だった大連です。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部、労働公園「緑山」の電視塔です。昨日のお昼時の様子です。酷い大気汚染に加えて、各家々に供給する集中暖房(スチーム、中国語:暖気)のため、石炭をガンガン燃やしますから、更に大気は汚染されます。「火に油を注ぐ」です。煙が一直線に上昇していますので、無風状態であることがお分かりいただけます。この日のPM2.5の数値は「170超」で、大体、日本基準の5倍超の汚染度です。

さて先日、酷寒の中、省都・瀋陽へ日帰りで行く機会があったので、今日はこれについて書きたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部から地下鉄で「大連北」駅へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
朝の「大連北」駅全景です。おっさんが朝日を浴びながら駅舎の壁を相手にテニスをしていました。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。のどかで健康的です。

クリックすると元のサイズで表示します
駅構内に入ります。中国の鉄道は切符に実名が入り、構内に入るためには荷物の中身チェック、身分証(外国人はパスポート)&切符のチェックと大変です。日本では全てがありませんね。これが民度、信用、信頼の差です。

クリックすると元のサイズで表示します
待合所の椅子です。この国は「昔はアヘン中毒、今はスマホ中毒」の国です。全ての椅子に電源とスマホの充電ケーブルが装備されています。

クリックすると元のサイズで表示します
私は日本で購入したモバイルバッテリーを常時、携帯しています。ウイルスの感染や勝手にデータの送受信が行われる恐れ(=ジュースジャッキング)というセキュリティリスクがあるので利用することはありません。

これを「タダより高いものはない」、「ありがた迷惑」と言います。モバイルバッテリーの充電のみ利用するのが無難で、直接スマホを繋げるな、ということです。ここは「中国」です。

クリックすると元のサイズで表示します
改札を終え、本日乗る車両へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の車両は「和諧号」ではなく、「復興号」ですか(笑)。電光表示でお分かりいただけますように、この列車は「大連北→ハルビン西」駅行きです。中でもこの列車「G47次」は「大連→瀋陽→長春→ハルビン」と各省の省都のみしか停まらない最速列車です。こちら満州では日本統治時代だと「超特急あじあ号」、「令和元年」の今は、この「G47次」ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
車両の先頭で記念撮影です。隣は「和諧号」ですね。たまたま隣のホームに停まっていたので良い比較写真となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
日本では考えられない広〜いホームです。日本だと自動販売機やキオスク、弁当屋があって楽しいんですけど、この国では何もありません。

クリックすると元のサイズで表示します
発車すると間もなく車窓には「開発区」の町とバックに「大黒山」が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
この「G47次」ですと瀋陽まではノンストップで約1時間半です。1時間ほどで遼寧省第三の都市「鞍山市」を通過中です。今も昔も製鉄所の町で、満州国時代は「昭和製鋼所」の存在で有名でした。あと30分ほどで省都の瀋陽に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら省都・瀋陽から終点のハルビンまでの地図です。満州は広大ですよ。

「大連→遼寧省の省都・瀋陽」は約400km
「大連→吉林省の省都・長春」は約700km
「大連→黒龍江省の省都・ハルビン」は約920km
です。覚えやすいですね。

日本の新幹線に当てはめてみますと
「東京→名古屋」が366km
「東京→新青森」が713km
「東京→広島」が894km
です。大体こんな距離感覚です。理解度が増しますね。

こちらで生活するなら、「知らなくても良いが、知っておいた方が良い知識」ですね。

切符の価格と所要時間等の詳細はこちらに譲ります。大連は遼東半島の先端に位置する都市ですから基本、始発駅(終着駅)です。必ず座れます。

冬の気温差の一例です。今朝8時前のデータです。

クリックすると元のサイズで表示します
大連はマイナス3度。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。省都・瀋陽はマイナス13度。大連とは10度違いますね。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。吉林省の省都である長春はマイナス20度。

クリックすると元のサイズで表示します
同日同時刻です。黒竜江省の省都であるハルビンはマイナス26度。大連とは20度超も違いますね。

「満州最南端の大連と省都・瀋陽は気温差10度超。満州最北の大都市ハルビンとは気温差20度超」。

これまたこちらで生活するなら、「知らなくても良いが、知っておいた方が良い知識」ですね。

話を戻します。
クリックすると元のサイズで表示します
大連からハルビンまでは「あじあ号」時代も、今の「G47次」もカーブらしいカーブが無く、ひたすら右上へ北上するだけです。冬季は時速約300キロで突っ走ります。スマホで映画一本見終わることなく「瀋陽北」駅に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームに降り立つと寒〜〜〜〜い!

クリックすると元のサイズで表示します
出口へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
「瀋陽北」駅の全景です。

次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ