中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

一週間ぶりの深呼吸、そして「敬老」と「老害」、更に「すき家」

前回のエントリーでも書きましたが、先週末から大連ではこの秋最初の「大型大気汚染」が続いていました。毎日霧で、風=大気の流動、は殆ど無く、汚染された大気が蓄積されていくのみという「PM2.5地獄」の日々です。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日の朝はかなり酷かったです。いつも撮っている市中心部の労働公園「緑山」と電視塔ですが、電視塔がすっぽりと消えてしまっていましたね。で、夜中は本当に久しぶりの雨が少し降り、のちに強風となったので、

クリックすると元のサイズで表示します
朝は素晴らしい天気となりました。同所です。「PM2.5地獄」と「快晴」の対比写真が撮れました。24時間でこんなに変化が起きたという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
今日10時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。本当に久しぶりの、外での深呼吸を堪能しました。これが「中国での日々」なんですよ。が、気温は低くて8度、更にはかなりの風です。

クリックすると元のサイズで表示します
前回のエントリーでも触れましたが、先日、PM2.5が「200」=「非常に健康に悪い」表示の中、ライトレールに乗って「開発区」、「保税区」に行きました。「保税区」駅前のバス停で一人のお年寄りが字を書いていました。中国ではよく公園などで見られる光景です。大きな筆で水を墨汁代わりにして地面に書きます。水で書きますので、時間が経つと綺麗に消えるだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
「お上手ですね」と声をかけると、にっこりとしていました。私にとっては「中国人」で、「敬老」対象です。芸術性が感じられ優雅な趣味を持つ人間から学ぶことって本当に多いですよ。

「あいちトリエンナーレ」でしたっけ、あんなの幼稚な人間を多く集めた「芸術」という名の「ゴミの展示」と「自由」という名の「反社会の主張」でしょ。

中国は歴史と漢字の国です。こちらに来ていながら歴史を学ばず、知らず、字も汚い日本人って多いんですよ。以前、こちら中国でも大使館、領事館に天皇陛下の御即位を祝賀するための記帳台が置かれ、私も参加したんですが、見るに堪えない字が少なくなく、「同じ日本人」として恥ずかしさを覚えましたね。

建国の父・毛沢東を筆頭に、中国のトップはとにかく毛筆で自分の字を残します。これを揮毫(きごう)と言います。が、今現在のトップである北京の「核心」はあまり揮毫をしません。何故か?言わずもがなですね。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部に戻り、公共バスに乗ると、こちらもまたお年寄りで、女性(!)です。ナメた態度で座っていますねえ。私にとっては「支那人」で、「老害」対象です。

クリックすると元のサイズで表示します
同じバスの車内で、こちらはシルバーシートに座る中年女性(!)です。何とかなりませんかねえ、連中の足・・・。日本には絶対に来て欲しくないですね。が、この手の輩ばっかし来るんですよねえ・・・。

「PM2.5地獄」の日々のため、こちら大連では女性を中心にマスク姿が増えてきている様子もお分かりいただけたかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昼食は「オリンピック広場」の地下にある、日本の牛丼チェーン店「すき家」で食べました。日本とは違って、ラーメン、カレー、おでん、焼き魚(サンマ)、デザート、と何でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに隣の隣は「商売敵」の「吉野家」です。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに「すき家」の牛丼を食べます。メニューを見ましょう。ミニ盛(13元=約200円)、並盛(中国語表記:小碗、16元=約250円)、大盛(21元=約320円)、特盛(中国語表記:超級碗、28元=約430円)ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
並=小、など日本語との「表記」にズレを感じるでしょう?注意しましょう。で、「超級碗」で行きます。

蛇足ながら、本家日本の「すき家」には、更に「メガ盛」というメニューがあります。そして更に「裏メニュー」で「キング盛(キング牛丼)」というのがあります。この「キング盛(キング牛丼)」は知らない方が多いですね。こちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、注文後、30秒ほどで来た「特盛」(中国語表記:超級碗)です。紅ショウガをたっぷり乗せて美味しくいただきました。お肉は多すぎて満足、そしてこちらでは何も言わなくても「つゆだく」になるので美味しかったですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りのバス停では「野良ちゃん」に「お見送り」を受けました。風邪ひくなよ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ