中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「令和」最初の一般参賀、そして中国の報道

今日のエントリーも「時代の節目」ということもあって、前回のエントリーの最後に書いた予告を変更します。

今日は「こどもの日」ですね。中国は労働節4連休が終わり、今日、日曜日は「法定平日」。人民は仕事です。大連は大気汚染が続いた4日間で、旅行で来連した方は「ややハズレ」でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の朝9時の大気データです。風が強いです。昨日は大気汚染の中、大連マラソンが行われました。PM2.5の棒グラフでお分かりいただけますように、大気汚染の中、行われており、中国ならではの「不健康マラソン」です。気温も28度まで上がりました。

私はもう少し休みが続きますが、大連に居るにもかかわらず、職場に一週間もご無沙汰しているので、今日はちょっと顔を出す予定です。

さて、昨日は天皇陛下の即位を祝う「令和」最初の一般参賀ということで、参賀者は計14万1130人に達したそうです。6回もお出ましがあり、参賀者の列は東京駅まで伸びたようですね。行けなかった方のためにも昨日、そして今日5日に、宮内庁の京都事務所や那須、須崎、葉山の各御用邸などでは記帳を受け付けていて、皆、新たな時代の到来に喜びと夢、希望を共有することが出来るんですね。

海外メディアもアメリカ系ではCNNやAP通信、UPI通信社とブルームバーク、フランス系ではガンマラフォにSipa Press、ドイツ系のARD、中国系の新華社、その他、台湾やシンガポール、トルコのメディアが取材に訪れたそうです。

ということで、こちら中国メディアが伝えた昨日の一般参賀の様子です。画像は全て中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
海外に居ると日本の事をよく聞かれます。普段は入れない場所だけに一度経験しておくことをお勧めします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは今年のお正月(平成31年1月2日)、新年一般参賀の時に私が撮った写真です。
クリックすると元のサイズで表示します
この時も計15万人超の参加で、とにかく人が多く、撮影は困難を極めました。

クリックすると元のサイズで表示します
一般参賀は有名人の方々も多く目にします。今回はお笑い芸人の小籔千豊さんと「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんが午前6時から列に並び参加したそうです(下記「参考記事」参照)。私の時は報道番組撮影中の池上彰さんとテレ東の相内優香アナウンサーを目にしました。相内優香アナウンサーは今上陛下と同じ誕生日(2月23日)ということで話題になった方ですね。まさに「時の人」と言えるでしょう。お二人からカメラ目線と笑顔を頂きました(笑)。

日本という国号の由来を知らない。
日本の国章(慣例上)、国花(事実上)、国鳥を知らない。
当然、何故、日本のパスポートの「表紙」に菊が描かれているのかも知らない。

私は「反日デモ」の時、中国で、大連で過ごしました。この時「いざとなったら韓国人を装えばいい」と言っていた、また周囲に勧めていた日本人を多く見かけました。私はこの「現実」を通じて学んだんですよ。自分と「同じ日本人」も居れば「違う日本人」も居るのだということ、そして本当の「恥」とは何か、をです。

「自分を知らずして他人を知ろうとする勿(なか)れ」
「日本を知らずして海外へ行こうとする勿れ」
「日本を知らずして日本人を名乗る勿れ」
「日本を知らずして外国人の友人を作ろうとする勿れ」

何においても「基礎、基本」が欠けている人、「基礎、基本」を疎かにする人に碌(ろく)な人はいません。今は「日本」を学び直す最高のタイミングだと思います。海外在住なら尚更ですね。




参考記事:
小籔千豊 令和最初の一般参賀へ ノブコブ吉村誘い朝6時に並ぶ

 天皇陛下の即位を祝う令和最初の一般参賀が4日、皇居・宮殿であり、平成への代替わり時を約3万人上回る14万1130人が訪れた。
 一般参賀には、吉本新喜劇座長の小籔千豊(45)と、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇(38)も訪れた。小籔は、スポニチ本紙の取材に「いつか行かせてもらいたいと常々思っていました。令和になって最初の一般参賀におじゃまできて大変うれしく思います。またいつか、おじゃまできたらと思っています」とコメント。この日は夕方から仕事があり、吉村を誘って午前6時から列に並び、同10時からの初回に入ったという。
2019年5月5日 スポーツニッポン
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/05/kiji/20190504s00041000553000c.html


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「anjing」様、こんにちは。

>小籔千豊さん

一般人と共に並んで参加という所に気合を感じます。やっぱり行きたくなりますものね。「百聞は一見に如かず」ですね。

>大連の商工会の
>催し

私も個人的には楽しみにしているイベントです。今年は慶應義塾大に進学した“ビリギャル”こと小林さやかさんの公演でした。
投稿者:anjing
小籔千豊さんの記事、嬉しいですね。私の近所に住まれているので時々、お見かけします。
10年ほど前に大連の商工会の吉本の芸人によるラマダプラダでの催しを観に行ったことを思い出しました。
AutoPage最新お知らせ