中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連気象山(南山)に登り、絶景を見る(1)

3月も下旬に入り、寒さが収まってきたせいか、石炭の消費量も落ち着いてきて、「酷い」大気汚染日が少なくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
先週末の22日金曜日に「和平広場」に行く用事があったので、その時に撮った「大連富士(日本統治時代名:台子山、現在名:台山)」です。春の訪れと共に、徐々に緑色を増やしています。

クリックすると元のサイズで表示します
同日夕方に撮った市中心部「労働公園緑山とテレビ塔」です。綺麗な夕焼けでした。

クリックすると元のサイズで表示します
一夜明けたら強風で、大気はとても良かったです。昨日お昼12時の市中心部「青泥窪橋(大連駅)」の大気データです。

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい青空(!)です。

クリックすると元のサイズで表示します
風が強いしお昼とはいえ気温は6度なので、ダウンジャケットは必須ですが、少し近所を散歩しました。かつては日本人留学生が非常に多かった旧「大連外国語学院 漢学院」のあった坂の上です。当時と同じで「大連気象局」ですね。日本統治時代の名は「観測所」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
この辺りの様子は当時と殆ど変わっていません。写真右にローカルコンビニと焼き肉屋です。訪れた日本人留学生、大学職員は多いのでは?

「気象塔」の立つ「気象山(南山)」を目指します。「気象塔」は一般公開されていないので敷地内には入れませんが、周囲は山道が整備されていますので良い散歩になりますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
道端に干される洗濯物です。「昭和」ですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
10分も歩けば「気象塔」の下です。空路大連入りすると、すぐに目に入る労働公園緑山のテレビ塔と同様、目立つ市中心部のランドマークですね。毎日ではありませんが、夜はライトアップされ七色に「七変化」します。「南山健身公園」という名で山道が整備されました。公園名が大きく記されています。

クリックすると元のサイズで表示します
公園名が大きく記されている上はベンチもある展望スペースです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここからは大連市中央部が良く見えますよ。カメラを左側に向けると「労働公園緑山とテレビ塔」です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。写真中心下に先程の「大連気象局」、右側に「労働公園」の観覧車とサッカーボールモニュメントですね。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラを真ん中に向けるとこの景色、

クリックすると元のサイズで表示します
右側に向けるとこの景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。写真中央の茶色い建物が旧・満鉄大連病院(現・大連大学附属中山病院)ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
では、「気象塔」のある頂上へ向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
ひたすら階段です。

クリックすると元のサイズで表示します
マイペースで上りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
来た道を振り返るとこんな景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
もうすぐです。

クリックすると元のサイズで表示します
到着です。「気象塔」のある所は一般公開されていないので、ここが限界です。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ真下になります。ベンチで一休みです。

クリックすると元のサイズで表示します
更に歩いて写真奥に見える山の頂上を目指します。ここから見下ろす大連中心部が、港も海も、更には対岸の「開発区」まで見えて、最高の景色なんですよ。

次回に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mica
大変心強いお返事ありがとうございます。このブログを拝読してからは、せっかく、大連に住む機会に恵まれたのですから、積極的に街に出よう!そして、楽しもう!と、思うようになりました。今週末は、謎のヨーロッパへ行く予定です。dalian4649さんのアドバイス健康第一、安全第一を忘れずに。
投稿者:dalian4649
「mica」様、御訪問ありがとうございます。

>ブログを興味深く拝読いたしました。今、我が家では、このブログの話題で盛り上がっております。

嬉しいお言葉ありがとうございます。

>大連生活に慣れず、毎日オドオド、ドキドキして生活しております
>もっと気楽に過ごしてもよいのだ

「住めば都」という言葉もありますし、「不幸中の幸い」で、この町には「領事館」、「日本人学校」、「日本語フリーペーパー」、「都道府県人会」、「大学、スポーツ、趣味文化サークル」など全てが揃っています。おまけに中国で一番の知日都市です。健康第一、安全第一を守っていれば心配は不要ですよ。

>次のブログも楽しみにしております。

御期待に沿えるよう精進致します。
投稿者:mica
初めまして。今年から大連に越してきました新参者です。大連で生きるおっさんブログを興味深く拝読いたしました。今、我が家では、このブログの話題で盛り上がっております。私はまだ、大連生活に慣れず、毎日オドオド、ドキドキして生活しておりますが、このブログを読み、もっと気楽に過ごしてもよいのだと、少し気が楽になりました。次のブログも楽しみにしております。
投稿者:dalian4649
「kazu」様、こんばんは。

>いつも大連の情報ありがとうございます。

こちらこそご訪問ありがとうございます。

>大連富士というんですね

実際に見るととっても小さな山ですよ。でも今とは違って簡単にヒョイとは日本本土に帰れない当時の人々の心を相当癒した「偉大な」存在だったのでしょうね。そう考えると感慨深いものを感じましたね。
投稿者:kazu
いつも大連の情報ありがとうございます。
民主広場から星海広場に抜けるところの山は大連富士というんですね。知らなかった。

また、大連情報を教えてください。
AutoPage最新お知らせ