中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
April
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

早朝の雪景色の大連を歩く

一時帰国しました。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の東京は19度まで上がりました。春の始まりですね。暑いです(笑)。静岡県東部の伊豆半島の最南端にある南伊豆町の河津桜は満開との事でニュースでも報道されています。行きたいですねえ!

クリックすると元のサイズで表示します
満州、そして遼東半島の最南端にある大連は、昨日の元宵節=旧正月(春節)から数えて15日目、という節目の日で、ま〜た花火爆竹三昧ですね。本日夜8時の市中心部「青泥窪橋(大連)」の大気データです。「爆発本番」だった昨日昼からのPM2.5の数値は「案の定」です。

クリックすると元のサイズで表示します
同時間を地図で見ます。汚染された空気は風で対岸の山東半島威海市、煙台市、蓬莱市に飛んでいっていますね。向こうはかなり凄いです。

私は日本人なんで、新年という「快楽」を得るために、大気(自然環境)を汚染したり、人様に迷惑を掛けたりする(安全第二)ことはしません。こうした「悪事」を行えば、「福」など絶対に来ないと考えています。愚かな文化風習に迎合するつもりはありません。

さて、先週末から大連は二度の降雪がありました。15日は3〜4センチの積雪となり、綺麗な雪景色となったので朝、少し早めに家を出て、写真を撮ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
綺麗な雪景色となった15日早朝の市中心部「労働公園緑山とテレビ塔」です。

クリックすると元のサイズで表示します
大体3〜4センチの積雪ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
歩いて「智仁街」の入り口に来ました。日本統治時代の地名は「桜花台」です。階段を上ると、

クリックすると元のサイズで表示します
小さな広場です。酷寒なんで誰も居ません。「テレビ塔」を背景に入れました。

クリックすると元のサイズで表示します
ベンチもこのとおりです。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと歩いて「一面街」の入り口です。日本統治時代の地名は「逢坂町(おうさかまち)」で、このエリアは大連最大の遊郭の一つでした。当時の建物と雪景色です。

クリックすると元のサイズで表示します
更に歩いて「緑山池」を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します
テニスコートも真っ白です。

クリックすると元のサイズで表示します
「緑山池」に着きました。日本統治時代の地名は「春日池」です。湖面は真っ白です。

クリックすると元のサイズで表示します
ガチガチに凍っています。禁止されていますが、人間が下りても普通に歩けますよ。ここは野良猫だらけの所なので、湖面には可愛い足跡がついています(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
池の横に建っている「中国大連雑技団 格莱美劇場」です。坂を上ってバス停に向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
坂の上から見下ろした大連ナンバーワン高校である「第二十四高中」の校舎と校庭の一部です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。日本統治時代は「春日小学校」です。当時のままです。

クリックすると元のサイズで表示します
陸橋から見下ろします。樹木が綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します
「テレビ塔」を見上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
日本とは違って大連(中国)のバス、路面電車、地下鉄、ライトレールに時刻表はありません。来ない時はとことん来ません。「人間の質」=民度、も桁外れに違いますから、屋外に自動販売機など「絶対に」ありません。ホットドリンクを頭の中に思い浮かべつつ、公共バス27路のバス停「老干部大学」でバスを待ちますが、この日はなかなか来ませんでした。(泣)

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ