中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連の映画館で邦画鑑賞、『鎌倉ものがたり』を見に行く

今日は日中に雨が降った大連です。

クリックすると元のサイズで表示します
ノアサガオ?ヒルガオ?
バス停で待っていた時、自生していた小振りな花を撮りました。皆、水滴を帯びています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、先週末の14日、こちら中国に二本の「新作」邦画が来ました。『君の膵臓をたべたい』(日本公開:2017年7月28日)と『DESTINY 鎌倉ものがたり』(日本公開:2017年12月9日)です。日本公開から1年以上遅れての上映ですね。日本では既にDVDレンタルもされている「旧作」かもしれませんが、やっぱり「映画館で見る」というのは良いものです。チケットが安いですしね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』の中国版ポスターです。中国での映画名は『念念手紀』ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の映画専門サイト「猫目電影」からの引用です。今、ブログを書いている本日までの興行収入は379万元です。レビューは10点満点中9.0です。

クリックすると元のサイズで表示します
「北京大学百周年紀念講堂」でも上映されたようで、1000人が鑑賞し、大学に感動をもたらしたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中国の場合、高校生までは校則で恋愛は禁止です。晴れて解禁となる大学生で良い思い出を作って欲しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
私はもう一本の「新作」、『DESTINY 鎌倉ものがたり』を見に行きました。中国版ポスターです。中国での映画名は『鎌倉物語』です。

クリックすると元のサイズで表示します
これまた中国の映画専門サイト「猫目電影」からの引用です。今、ブログを書いている本日までの興行収入は3406万元です。レビューは10点満点中8.6です。

クリックすると元のサイズで表示します
ということで、見に行った映画館はいつもガラガラ(笑)、以前も紹介した「東融大都会影城」です。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」のショッピングモール「百年城」の、「解放路」を挟んで斜め向かいにある、旧ショッピングセンター「大都会」の4階です。

大連のガラガラ「邦画」上映映画館と偽「深夜食堂」
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/643.html

クリックすると元のサイズで表示します
日焼けしている広告をアップです。日本語訳すると「スパイシーザリガニピザ」ってところですか。タダでも結構です。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口は「解放路」沿いではなくてビルの裏側です。映画館専用の入り口です。ここから入ってエレベーターに乗り、4階です。

クリックすると元のサイズで表示します
映画館入り口に飾られている「ただ今上映中」のポスターですね。

クリックすると元のサイズで表示します
日本の映画館と同じ光景です。

クリックすると元のサイズで表示します
チケットは中国の映画専門サイト「猫目電影」からスマホで買います。こちらです。購入後、番号が送られて来るので、ここでその番号を打ち込めば無事に発券となります。スマホ決済が出来ない方は、身近に居る中国人に現金を渡せば大体助けてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
購入したチケットです。日本語音声上映版(中国語字幕)を選び、価格は全席20元(=約340円)でした。日本だと一般の通常料金は1800円ぐらいですから約5分の1以下ですか。購入時に座席指定も出来ます。今回は週末の日中ということでお客さんは15人ぐらい居ましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
いつもガラ〜ンとしている「東融大都会影城」です。結構好きな映画館です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日は「3番シアター」での上映でした。写真右が入り口です。

内容はネタバレとなってしまうので書きません。これを見ると鎌倉に行きたがる中国人客は増えるでしょうねえ。夫婦で見るのも良い映画です。なかなか楽しめた映画だったので夜、女房殿に連絡したら既に見たとの事。スターウォーズっぽかったと言っていました。

最後に、9月14日よりこの『君の膵臓(すいぞう)をたべたい』と『DESTINY 鎌倉ものがたり』が新たに公開され始めたのですが、ちょうど入れ替わりとなる前日の9月13日に公開終了となったのが『万引き家族』(日本公開は2018年6月8日で現在も公開中)でした。中国では8月3日から公開されていた「夏休み映画」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
中国版のポスターです。中国での映画名は『小偸家族』です。第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得したことも記載されています。

カンヌにおける是枝裕和監督がバラエティー番組『イッテQ』で見せた、人気企画「パパラッチ出川」の、出川哲朗さんへの「神対応」も話題になりましたね。外国での会話は度胸です。ですから「可愛い子には旅をさせよ」というのです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国の映画専門サイト「猫目電影」からの引用です。最終的な興行収入は9661万元(=約16億円)のようです。レビューは10点満点中8.0です。

そして中国公開を終えて2日後の15日、出演されていた樹木希林さんがお亡くなりになりました。私にとっては富士フイルムのCM「お正月を写そう、フジカラーで写そう」の印象が強く残っている大女優でしたね。謹んでご冥福をお祈り致します。

中国は日本に遅れること一週間、今週末に三連休(22、23、24日。中秋節)です。とにかく映画館が多い中国です。時間のある方、異国で邦画観賞体験は如何でしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
ブログのランキングに参加中です。クリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「大連に住んでみたいおっさん」様、こんにちは。

レスが遅れました。大変失礼致しました。

>中国で日本映画を見るの感慨深いものですね。

エンタメが極端に少ない国なんで、「旧作」ですが格安ですし、ガラガラの映画館で、持ち込んだ飲食物を手に見るのは悪くないですね。

>中国で公開されることを嬉しく思います。

上映作品ですが、結局は国体、政治、に無関係の「感動物」限定といったところですね。
19日からは土屋太鳳さんの『8年越しの花嫁』の上映が始まります。
http://maoyan.com/films/1199020
個人的には話題となった『カメラを止めるな!』が早く見たいです。

>最後の中国海軍が東シナ海の領海を守っているとの説明部分は笑えましたね。

「終わりよければすべてよし」とは良く言ったものですね(笑)。「支那人」たる限界ですね。
投稿者:大連に住んでみたいおっさん
お久しぶりです。中国で日本映画を見るの感慨深いものですね。この3本とも日本映画にしては味が濃く、そのような作品が中国で公開されることを嬉しく思います。一方日本でも「紅海行動」が始まりました。アメリカンスナイパーとブラックホークダウンからのパクリは有るものの、日本映画には無い“エグイ”シーンが有ったりし、迫力満点。しかし、最後の中国海軍が東シナ海の領海を守っているとの説明部分は笑えましたね。
AutoPage最新お知らせ