中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2021
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

岩海岸と別荘地、大連「黒石礁」を歩く(1)

今日はローカルネタです。

素晴らしい天気と大気状態だった昨日、空き時間に「黒石礁」を散歩しましたので、この様子を書きたいと思います。大連市内の日本統治時代の地名が中華人民共和国成立後に多く変更された中、ここの地名は日本統治時代から変わっていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
黒石礁の街並みです。左下の蒲鉾型の建物は地下鉄「黒石礁」駅の出入り口(「B」出入口)です。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。お馴染みのローソンがあり、左隣はピザハットですね。日本料理屋の「紅葉」は私が大連に来た時からありますから、もう20年近く営業しているのではないでしょうか。かつては書店やサブウェイ、自家製ビール&焼肉食べ放題の「金漢斯」などがありましたが今はもうありません。

クリックすると元のサイズで表示します
大通りの向かい側は「遼寧師範大学付属高校」で、路面電車が高架線を走ります。

クリックすると元のサイズで表示します
最近は日本統治時代のレプリカレトロ車両も走っていますね。背景に写る商業施設内にある映画館はチケットが安く穴場です。蛇足ながら、大連市にある映画館総数は44館です。

クリックすると元のサイズで表示します
「黒石礁バスターミナル」です。「旅順」そして「開発区」へ行くバスが中心です。左折すると突き当りに大連海洋大学、そして海岸ですね。右手前に写る「四角」は地下鉄駅へ続くエレベーターです。

クリックすると元のサイズで表示します
「黒石礁バスターミナル」ですが、かつては郊外の旅順口区へ行くとなると、ここが起点でした。しかし今は大連駅の裏口広場から直で行ける安い路線バスが整備され、更には地下鉄(12号線)も開通したので、ここのバスターミナルとしての役割は終わりを迎えつつあると言えます。今は「開発区」行きのみが中心です。15、20分に一本での発車ですね。が、

ここの「開発区」行きのバスは出発後、徐行運転で、途中あらゆるところで声を掛けながら乗客を募り、停まるので、とにかくイラつく上、「開発区」までの所要時間はかなりかかります。運ちゃん達が私腹を肥やしているということです。取り締まりや監視の強化、人「身」一新が必要と考えますね。

クリックすると元のサイズで表示します
海岸方面へ道なりに歩いていきます。古い住宅区ばかりで小さな広場もあります。「黒石礁広場」と名付けられています。

クリックすると元のサイズで表示します
一階には安い食堂や商店(売店)などが見えます。周囲には銀行やネットカフェ、コーヒーショップ、安いホテルなどが溢れています。まあ高校と大学のある街ですからね。

クリックすると元のサイズで表示します
5分ほど歩けば「大連海洋大学」の大きなビル(写真中央部右)が見えてきます。この辺から潮の匂いがしますね。

クリックすると元のサイズで表示します
大連海洋大学の正門です。2010年に「大連水産学院」から昇格して大連海洋大学と改称した地元ローカル大学です。港町・大連にあって然るべくの大学ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
キャンパス内の「実験楼」と運動場です。

クリックすると元のサイズで表示します
大学前は路線バス(16路)のバス停で、ここが始発駅(終点)です。「星海公園(日本統治時代は「星が浦」)」、「星海広場(アジア最大の広場)」、「オリンピック広場」、「人民広場(関東州庁)」、「青泥窪橋(大連駅)」を通過し、「中山広場(大連ヤマトホテル他)」、「満鉄本社」を過ぎ、「大連港」、最後はダボス会議の会場となる「国際会議センター」まで走ります。この16路、大連見物には一番良い路線バスではないですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
この路線バス(16路)は基本、二階建てバスによる運航です。運賃は距離関係無く1元(=約17円)です。割と新しい車両が使われています。乗るなら当然、二階最前列を狙いましょう(笑)。御覧のようにバスの外装は商業広告ではなく「政治スローガン」というところが中国ですねえ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
利用者が多い路線なので、大体10分に一本ぐらいの割合で発車します。バックに写っているのが先程の大連海洋大学です。

クリックすると元のサイズで表示します
バス停の前は小さな公園です。「黒石礁公園」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
ここもまた周辺住民の憩いの場ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ横は海です。2015年に開通した洋上二階建て道路で「星海湾大橋」が目立ちます。ここを走る路線バス(「大連森林動物園」⇔「大連海事大学、万達広場」間)の開通はまだですか?市民皆が待っているんですけど・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
波は殆どありません。左に「大連自然博物館」、右に星海湾大橋です。

クリックすると元のサイズで表示します
大連自然博物館まで歩いてきました。ここ「黒石礁」は岩海岸です。ここから先程の大連海洋大学と実験楼(写真中央部)を望みます。潮が引いているのでジジババは海産物捕りに必死(写真右下)です。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「大連に住んでみたいおっさん」様、ご訪問ありがとうございます。

>ホルマリン漬けの水中生物は、さすが中国、なんとも興味深かったです。

子供は結構トラウマになるみたいです。あの「自然博物館」、場所柄もあって、初めて見た日本人はまず「ラブホテル?」と言いますね(笑)。

>大連はコンパクトで住みやすい町かと感じました

領事館も日本人学校もあるし、毎月発行の日本語フリーペーパーは数誌ありますし、各種サークル(県人会、大学同窓会、文科系同好会、運動系同好会)は充実していますし、JALとANAは毎日飛んでいますし便利ですね。

街中には日本統治時代の建物のみならず「昭和」があらゆるところに残っています。ここが北京・上海・広州・深セン等との大きな違いですね。

>そちらで暮らすにどの位の費用が掛かりそうでしょうか。

これはピンキリで何とも言えませんね。ただ日本よりかかるということは無いと思います。大学初任給の額(20万円)があれば十分過ぎるかと。

>日本人の仕事はありますかね?

これも何とも言えませんね。意外に日本の職安で大連(中国)支店勤務者募集を目にすることもあります。
投稿者:dalian4649
「仙草蜜」様、こんばんは。

日本に帰国しており、ブログを放置しておりました。返信が遅れ、大変失礼致しました。

>当時を偲ばせる満鉄幹部や各国領事邸らしきロシア風のお城のような大邸宅が軒を連ねて

今現在でも、ある程度は存在するんですが「軍事管理区」の立札=撮影禁止、が多いんですよね。昨年から「日本人狩り」が盛んな御時勢なので細心の注意を払って「見る」に留めました。監視カメラも多かったですね。

続編記事を書く予定なので、その時に当時を偲ばせる建物の写真は数枚載せたいと思っています。

>その当時にタイムスリップしてアカシア祭りのころから10月にかけて滞在してみたい

星が浦ヤマトホテルに2、3泊、泊まってみたいですよね(笑)。
投稿者:大連に住んでみたいおっさん
3月16−21日大連に行っており、丁度、自然博物館を見に行きました。Webで載っていたような水中トンネルは無かったですが、ホルマリン漬けの水中生物は、さすが中国、なんとも興味深かったです。大連はコンパクトで住みやすい町かと感じましたが、そちらで暮らすにどの位の費用が掛かりそうでしょうか。また、日本人の仕事はありますかね?

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g297452-d1848115-Reviews-Dalian_Natural_History_Museum-Dalian_Liaoning.html
投稿者:仙草蜜
お世話様です。
この度は黒石礁周辺の最新の様子をアップしていただき、誠にありがとうございます。

私が滞在していた1991、92年当時は、路面電車は高架線ではなく地上を走っていて、日本統治時代からあったらしい黒石礁駅から海岸にかけてのあたりには、まだその当時を偲ばせる満鉄幹部や各国領事邸らしきロシア風のお城のような大邸宅が軒を連ねておりました。「高砂町」という町名だったみたいです。
出来ることなら、その当時にタイムスリップしてアカシア祭りのころから10月にかけて滞在してみたいですね。
AutoPage最新お知らせ