中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「大連ヤマトホテル(現・大連賓館)」が「営業終了」、そして御挨拶

今年2017年、最後の更新です。

今年の大連の「大ニュース」の一つと言えば、「大連ヤマトホテル」の「閉店」でしょう。今日はこの大ニュースを最後のエントリーに取り上げたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
今現在の「中山広場」です。円形の広場の南(下)に「大連ヤマトホテル(現・大連賓館)」は確認できます。

「ヤマトホテル」は南満州鉄道株式会社(満鉄)が経営していた高級ホテルブランドで、「大連ヤマトホテル」 は1914年(大正3年)に当時の市中心部の「大広場(現中山広場)」に建てられた「ヤマトホテル」の旗艦店です。この「格付け」は満鉄本社がすぐ近くにあったのも大きな理由の一つでしょう。蛇足ながら、1914年(大正3年)の総理大臣は山本権兵衛、大隈重信です。このホテルの設計者は満鉄技師の太田毅と推定されています。つい先日まで「3つ星ホテル」の「大連賓館」として営業していました。築103年(!)ですね。

満鉄本社の建物はここから「魯迅路」をカルフール方面に歩いて約5分といったところです。満鉄本社も老朽化、並びに破損が激しく、見ていて痛々しくなります。早めの見学をお勧め致しますね。

「大連ヤマトホテル」ですが、今月下旬になってホテル業務は停止しています。当面は「修理」とのことで、「またホテル業は再開するの?」と尋ねると、「分からない」とのことでした。過去にあったように館内改装してホテル業の復活なのか、それとも103年の営業に終止符を打ち、ホテル業からは撤退なのか、100%明らかな回答はもらえませんでした。「お上」としてもまだ答えは流動的なのでしょうか?それともまだ公表は出来ないのでしょうかね

クリックすると元のサイズで表示します
ということで「スリープモード」に入った「大連ヤマトホテル」です。正面から全景を撮ります。歴史を感じますねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
「赤じゅうたん」を上って「入り口」です。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口にはプレートが埋め込まれています。「100年の歴史を持つホテルグループ」とあります。大連ヤマトホテル、ハルビンヤマトホテル、新京(長春)ヤマトホテル、奉天(瀋陽)ヤマトホテル、ですね。名前こそ変われど全て「現役」で今でも泊まれます。

クリックすると元のサイズで表示します
和訳は不要ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもです。

クリックすると元のサイズで表示します
中に入って営業終了したロビーカウンターです。チェックイン、チェックアウト手続きはここでした。

クリックすると元のサイズで表示します
「スリープモード」です。

クリックすると元のサイズで表示します
このロビーカウンターから撮ったロビーの全景です。

クリックすると元のサイズで表示します
噴水です。私が大連に来た頃はまだ現役で水が流れていました。金魚もいましたねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
エレベーターと上に繋がる階段です。今現在と同じ物ではありませんが、エレベーターは1914年(大正3年)の開業当時から設置されていました。凄い!。

クリックすると元のサイズで表示します
階段です。これも1914年(大正3年)の開業当時から変わりません。今の2階は「喫茶店&CLUB」の店「大和」に繋がります。

クリックすると元のサイズで表示します
階段のすぐそばに置かれていた日本語案内です。撤去されていませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
有料で一人50元でした。

クリックすると元のサイズで表示します
当時のパノラマ写真ですね。これもお土産用に売っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ホテル内の日本料理屋に通じる廊下です。

クリックすると元のサイズで表示します
廊下の壁にはかつての姿の写真が多く掲示されています。

クリックすると元のサイズで表示します
中庭の庭園喫茶店です。閉まっていました。中はソコソコ広さがあるし、スタバを誘致すれば注目度、客足、売上げ、全てが一発解決するのになあ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
再び外に出ます。正面左前から全景を撮ります。

クリックすると元のサイズで表示します
逆に正面右前から全景を撮ります。

クリックすると元のサイズで表示します
裏に回りました。煙突です。館内を暖める「蒸気暖房」もまた1914年(大正3年)の開業当時から設置されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
正面右前の角です。張り紙がしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「壁が剥がれて落ちる可能性があるので近寄るな」とあります。すぐ下には落書きも確認できますね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代は広場内であるここに関東総督であり初代関東都督でもあった大島義昌大将の銅像がありました。ここから「大連ヤマトホテル」を望みます。この方の玄孫、つまり孫の孫が現・内閣総理大臣である安倍晋三総理です。大連に来ませんかねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代の名は「大広場」、現在は「中山広場」です。ここでは鳩のエサが一袋3元で売っています。子供は楽しいですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄2号線の「中山広場」駅です。広場内に設けられているので「大連ヤマトホテル」へは「B」、「D」出入口どちらからでも徒歩30秒で到着します。

これからどうなるんでしょうか。地元紙の「確定報道」はまだですねえ。まあこの建物は「大連中山広場近代建築群」の一つを占めているので、「取り壊し」は絶対にないと思います。

仕事や留学を終え、大連を去る長期滞在日本人は大体最後の「思い出作り」の一つに
1、この「大連ヤマトホテル」に泊まる
2、日系エアライン(JAL、ANA)の「ビジネスクラス」に初めて乗って帰る
が少なくないですね。103年のホテル業、終止符を打たずにぜひリニューアルで復活して欲しいです。

最後になりましたが、簡単に御挨拶させていただきます。
今年も一年、御訪問ありがとうございました。相変わらずの気まぐれ更新で、好き勝手に書いている駄文ブログにもかかわらず、ブログランキングのクリックにまで多くの方が御協力してくださり、感謝の一言しか見つかりません。改めまして深く御礼申し上げます。来年2018年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう、大連より心からお祈り申し上げます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「仙草蜜」様、御丁寧なコメントありがとうございます。

返信が遅れ、失礼致しました。

>大連賓館は大外時代に散髪や両替などで
お世話になりましたので、個人的にも思い入れがあるだけに残念ではありますね。

私も両替でお世話になったことがあります。あとは1Fのトイレをよくお借りしました。中山広場にはありませんので(笑)。

>大連飯店、大連賓館ともに宿泊しました

これは自慢できますねえ。

>できれば近い将来に日本のホテルチェーンが
営業を再開してくれたらありがたいですね。

これが理想ですね。「大連富士」のそばにある中国共産党の歴史ある建物は中国系ホテルチェーンが入って再利用していますね。「如家酒店」や「錦江之星」あたりが入っても良いんですが、なかなか難しそうですね。
日本人的には「旅順ヤマトホテル」の二の舞だけは避けたいです。あれはもったいない事この上ないですよ(怒)。
投稿者:仙草蜜
dalian4649様

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

そうですか。
旧遼東ホテルの大連飯店も数年前に廃業しましたが、旧大和ホテルの大連賓館もですか。

大連賓館は大外時代に散髪や両替などで
お世話になりましたので、個人的にも思い入れがあるだけに残念ではありますね。

今にして思えば2000年に再訪した際に
大連飯店、大連賓館ともに宿泊しましたので
良い思い出になりました。

できれば近い将来に日本のホテルチェーンが
営業を再開してくれたらありがたいですね。

それでは今年もよろしくお願いします。

ありがとうございました。
投稿者:dalian4649
「湖北省のおっさん」様、明けましておめでとうございます。

御丁寧なコメント、ありがとうございます。

>大連観光の名物の一つですのでぜひ復活してもらいたいものです。

宿泊客は日本人が多かったと思われます。設備とサービスは正直「時代遅れ」で、「泊まるホテル」というより「見る、そして感じるホテル」でしたね。ここは有能な日本人支配人に復活を任せてみたいですね。中国人や「支那人」では復活は難しいかと・・・。

>元気がないとの話を聞くのですが実際のところどうなんでしょうか。

飲食店ですと、日本人経営者はほぼ皆無かと思われますね。

>大連の街をウロウロしてその変化を観察してみたいと思います。

朝晩はかなり冷えます。お気をつけて!
明けましておめでとうございます。大連のおっさんにとりましても2018年が素晴らしい年になりますようお祈り申し上げます。

大連賓館が昨年休業したんですね。大連観光の名物の一つですのでぜひ復活してもらいたいものです。
以前大連に住んでいた時に、1階奥にある日本料理店に何度か食事に行ったことがあるのですが、宿泊の機会はありませんでした。復活したら一度宿泊してみたいです。

春節は自宅のある大連開発区で過ごす予定です。開発区の日系企業や日本人社会も以前ほど元気がないとの話を聞くのですが実際のところどうなんでしょうか。

大連の街をウロウロしてその変化を観察してみたいと思います。





AutoPage最新お知らせ