中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2021
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連市内に鳴り響いた「防空警報」、あと「Jアラート」と「堀江モン」

北朝鮮、韓国、中国の三国が日本に対してやりたい放題ですねえ。中でも北朝鮮は水爆実験、頻繁なミサイル発射などキチガイ度が半端ではありません。また朝鮮学校無償化訴訟でも原告敗訴が敗訴し、東京地裁前では集まった卒業生や保護者らから「朝鮮人をなめるな」などの怒号が上がり、中には声を上げて泣き出す女性もいたそうです。

「金日成と金正日」の肖像画を掲げる学校ですから、まずは「祖国が御迷惑をおかけしてお詫びの言葉もございません」が先かと思います。また泣くのも、祖国が日本で生活している自分達の事を全く気にも留めず、「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と発言している事に対してであるのが「普通」だと思います。

「バカチョン」という放送禁止用語がありますが、今、リアルタイムでこの官民揃ったキチガイ度を見ていると、本当に「理に適(かな)った」言葉だなあ、と納得していますよ。多くの日本人が口には出さないものの、そう感じている方は少なくないと思います。

日本は自然災害、また北朝鮮の弾道ミサイルに対して国民向けに「Jアラート(全国瞬時警報システム)」を運用しました。が、これに対して「うるさい」という声もあるようです。大きく取り上げられたのが「ホリエモン」こと堀江貴文氏(44)です。

自宅を持たず、ホテル暮らしの毎日で、早朝、ホテル館内に響いたJアラートを安眠妨害と理解しての発言のようですが、先月29日のミサイル発射の際に発令されたJアラートに対して「マジこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府」、「本格的な実験しようと思ったら東に撃つしかないんだから、そんなのこっちでどうにもならんやろ。いちいちそんなんでアラート出すべきじゃねーんだよボケ」、「だから全く意味ないんだってば。気がついたらもうすでに太平洋だよ」、「北朝鮮に言ったところでミサイル実験はなくならんだろ現実的に」、などと投稿しています。

「クソ政府」?おいおい、何か「敵」を間違えていないかい?そもそも早朝の「目覚まし時計」Jアラートの原因はキチガイ国家である北朝鮮です。連中が加盟している「国連」、また「宗主国」でもある中国の忠告を聞いて、この悪事の一切を止めれば「目覚まし時計」も止まるのです。諸悪の根源、そして「敵」は北朝鮮でしょうよ(笑)。私は北朝鮮に対してキレるのが「筋」と考えますねえ。

何故、彼はこう考えないか?やはり一度牢屋に入っている、つまり「ゼンカモン」になっているのも理由があると思います。この「ゼンカモン」という愛称は自身のSNSでホリエモンに変わる愛称を募集したところ、最も多かった愛称です。もちろん彼は採用しませんでしたがね。「自分は無罪で、事件は検察側のでっち上げだ」というのが彼の言葉で、彼の最終結論なのだと思います。こうなると自分を貶めた国、つまり日本に対しては「弓を引きたくなる」のです。敵は北朝鮮なのに、真の敵は安眠妨害をした政府=国、という結論になるのでしょう。

私自身もホリエモンと同世代ですから、政府や政治に対して疑問を持つ事や許せない事はあります。また彼の主張にも「なるほどなあ」と感じさせられる事もあります。が、彼は極端なんですよね。著書のタイトルを見ても『稼ぐが勝ち』、『徹底抗戦』、『拝金』、『成金』、『お金はいつも正しい』、『我が闘争』、『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』、『もう国家はいらない』、『好きなことだけで生きていく。』、など凄いものがあります。中国だったら皆、即収監、死刑クラスですよ。また彼の極端と言えば、男色持ちというのも凄いと思います。『文春』によればボーイフレンドは大島薫だそうで、ネットでは「ホラレモン」とか揶揄されていましたね。

著書のタイトル『すべての教育は「洗脳」である』も凄いね。中国の教育で大切なのはまずは「政治」です。全てにおいて優先されます。「政治」の成績が悪ければ他の科目がどんなに良くても「不合格」です。

クリックすると元のサイズで表示します
これは中国なら大都市からド田舎までどこでも見られる看板です。この看板を見て「即座に違うだろ」、「全て中国に無いものだろ」、「洗脳だろ」、と即座に理解できる「外国人」は世界広しと言えども日本人だけです。
何故?
漢字を当たり前に読んで理解出来る「外国人」は世界広しといえども日本人だけだからです。この写真は地下鉄「会展中心(エキシビションセンター)」駅の地上出入り口横に設置されたものですが、凄まじいデカさですよ。これが「本物」の教育の洗脳です。まあ中国の大学生、中でも国家重点大学(985工程大学、211工程大学)の大学生で暗唱出来ない学生はいないでしょう。

今日はこちら大連で「防空警報」のサイレンが午前9時18分から15分間(!)も大音量(!)で「けたたましく」市内に鳴り響きました。戦争中の空襲警報ってこういう感じだったんでしょうね。今日9月18日は「満州事変」の発端となった事件である「柳条湖事件」があった日です。舞台はこちら遼寧省の省都・瀋陽で、当時の都市名は「奉天」です。こちら中国ではこの事件を「九一八事変」と称していて、この日は「国恥記念日」と認識されています。大連に長く住んでいる方にとっては毎年行われている事なので、何ともありませんが、初めての方は凄いボリュームですし、時代錯誤感も加わって、かなりビックリされる事でしょう。

先日のエントリーでも書きましたが、今の中国と言えばスマホです。こちらはキャッシュレス時代の到来で財布も過去の遺物となり、朝起きてから夜寝るまで「スマホ、スマホ、スマホ」です。「昔はアヘン中毒、今はスマホ中毒」がこの国の現状なんですが、だ〜れもこの現状に警鐘を鳴らす人は居ません。

この国でスマホを持っていない人など居ないのですから、もしこの国にホリエモンが居たら、メールにしろ、仕事の邪魔、今の時代に防空警報?、そしてクソだのボケだのアホだの、と呟くんですかねえ。実際、大連の高新園区には、かつてライブドア支店がありましたからね。

今回のJアラートに関してもシンガポールに居ながら「今回はたまたまシンガポールにいたからあのクソJアラート鳴らなくてよかった」、「あの安眠妨害装置なんとかならんのかな呆」、「クソはクソだろ」、「なんの役にたつ?叩き起こされてなんかいいことあんのか?ボケ」、と呟いています。撃った北朝鮮にキレろよ、北朝鮮を憎め、と思いますが、やっぱり出来ないんでしょうね。だからこその日々のホテル暮らしなんだと思います。

シンガポールと言えばHey!Say!JUMP・伊野尾慧とAV女優・明日花キララの密会でしたっけ。この辺は「男色」を報じた『文春』さんの領域ですね。

子供に昔話や童話を読み聞かせしてあげていると、ふと我に返る時もあります。イソップ物語の「アリとキリギリス」なんて、大人が忘れている多くの教訓が詰まっているんじゃないですかね。

「デキないヤツを助けていると共倒れする」
歳を取って爺さんになると、この言葉は彼自身に振り返ってくるだろうな・・・。



参考記事:
「朝鮮人をなめるな!」東京地裁前に怒号渦巻く

 「ふざけるな!」「朝鮮人をなめるな!」
 原告敗訴となった朝鮮学校無償化訴訟。代理人弁護士が「不当判決」と書いた幕を東京地裁前で掲げると、集まった卒業生や保護者らから怒号が上がり、中には声を上げて泣き出す女性もいた。
 《どれだけ叫べばいいのだろう−》《怒りが今また声になる−》しばらくすると合唱が繰り返され、抗議の声はしばらく止まなかった。
 地裁によると一般傍聴席82席に対して希望者は1499人と、倍率は18倍を超えた。開廷前から地裁前は横断幕やのぼりを持った関係者らで埋め尽くされた。
 原告は判決後会見を開き、大学4年の男子学生(21)は「民族教育が否定され日本で朝鮮人として堂々と生きる権利も奪われた。これから朝鮮人として育つ子供の未来や笑顔を全て奪った判決に憤りを隠せない」と述べた。
 女子学生(22)は「当然勝てると思って楽しみにしていた。悔しい思いでいっぱい。絶対にここで終わらない」と語り、目に涙を浮かべた。
2017.9.13
http://www.sankei.com/affairs/news/170913/afr1709130041-n1.html




毎年大連市で行われている「防空警報音響テスト」について、大連市政府から、当地各紙を通じ市民に対し以下のとおり通告がありましたので、お知らせ致します。
なお、この音響テストは大きな音が鳴りますので、在留邦人の皆様は、落ち着いて行動してください。

※このメッセージに対しての返信は不要です。

****在大連領事事務所からのお知らせ****

『9月18日の防空警報音響テストに伴う注意事項について』

1.毎年大連市で行われている「防空警報音響テスト」について、大連市政府から、当地各紙を通じ市民に対し以下のとおり通告がありましたので、お知らせ致します。

〈通告〉
 2017年9月18日午前9時18分から33分までの間、防空警報音響テストを実施する。大連人民ラジオ局、大連テレビ局、中国連合ネットワーク通信有限会社大連市支社、チャイナモバイルグループ遼寧有限会社大連支社、中国電信株式有限会社大連支社からも同時に防空警報情報が発信される。

2.なお、この音響テストは大きな音が鳴りますので、在留邦人の皆様は、落ち着いて行動してください。
  また、現在のところ、抗議行動やデモ行進等反日的活動が行われるとの具体的情報には接していませんが、在留邦人の皆様、旅行、出張等で当地を訪れる皆様におかれましては、以下の諸点にご留意の上、ご自身の安全確保には十分ご注意ください。
 ○昼夜関係なく、外出する際には周囲の状況に格別の注意を払い、広場など大勢の人が集まるような場所は特に注意する。
 ○不審な人物や状況を察知した場合には速やかにその場を離れる。
 ○抗議行動やデモ行進等には近づかない。
 ○中国人と接する際には言動や態度に注意する。
 ○日本人同士で集団で騒ぐ等の目立った刺激的な行為は避ける。

在瀋陽日本国総領事館
在大連領事事務所
遼寧省大連市西崗区中山路147号 森茂大厦3階
TEL:0411-8370-4077 FAX:0411-8370-4066
HP:http://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「つとむ」様、御訪問ありがとうございます。

>いつも楽しみにしております。

嬉しいお言葉ありがとうございます。

>ボロクソに好き勝手言えるのも日本だからこそ
>中国や北朝鮮なら強制収容所に行ってる

蛭子能収さんも「束縛、自由が脅かされることがなによりも大嫌い。誰もが自由に意見できる世の中こそが一番いい。人は自由でいることが一番いい。自由であるべきだ」と言っていますね。中国人や「支那人」から見た日本の最大の魅力というのはこの点に尽きるのではないですかね。

グーグル、ヤフー、ユーチューブ、ツイッター、ライン・・・。これらが見れずに「世界」を語ったり、幸せを感じているのが中国人や「支那人」なんでしょう(笑)
投稿者:つとむ
初めて投稿します。
いつも楽しみにしております。

ホリエモンは確かに極端ですけど、理解出来るところもありますよね。
ただ彼がこれだけ国の事をボロクソに好き勝手言えるのも日本だからこそだと思います。
皮肉ですよね笑

中国や北朝鮮なら強制収容所に行ってるでしょうし。
AutoPage最新お知らせ