中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連で「なつやすみのおもいで」を書いてみる(1)

今朝のロシアW杯アジア最終予選の最終節、日本代表は惜敗してしまいました。F1同様、「本田」(選手)はもう限界かもしれませんね。この日はキャプテンとしての出場でしたが、「核」としてはもう正直厳しいのではないかと。「一歩引いて」どれだけチームに貢献できるか、また「スーパーサブ」としてのここぞという時の貢献を期待したいと思いますね。頑張れ、日本!!!

さて、9月1日からガキ共は新学期も始まり、そろそろ一週間。疲れが出てくる頃でしょう。社会人にも入社一ヶ月後の「五月病」ってやつがありますね。自分がガキだった頃からの定番の宿題で、「絵日記」や「夏休みの思い出」を書くというのがありました。私のように普段、中国という「悪い国」で生活していると、「良い国」日本への一時帰国、特に盆と正月の帰国は本当に楽しみでね、やっぱり振り返りたくなりますよ。こういう在中日本人の方は少なくないんじゃないですかね。

ということで、今日はこの夏、日本へ一時帰国した時の様子を書きたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
夏休みと言えばとにかく「海」。今年の夏休み、東京は連日雨で20日間超も続きました。まるで梅雨のようでしたよ。が、お盆休みの日曜日は絶好の海水浴日和でした。千葉県の九十九里浜(くじゅうくりはま)です。

クリックすると元のサイズで表示します
「海の家」も盛況です。

クリックすると元のサイズで表示します
目を光らすライフセーバーの方々です。感謝の気持ちから「お疲れ様です」と声を掛けると、「ありがとうございます」と返してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
監視所です。「安全第一」、「人命第一」、これが日本です。救護所も兼ねています。警察官も常在しています。

クリックすると元のサイズで表示します
監視所前に置かれている海水浴場の現在のデータです。こういうきめ細かい情報提供を、それも毎時間こまめに行っているのは、世界広しとは言えども日本だけじゃないですかね。更新時には場内アナウンスも同時に行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します
サーファーやボディーボーダーの方々は安全の為、海水浴場から少し離れて楽しむことが義務付けられます。それにしても本当に美しい「青」です。普段中国に居るから「空気の美味さ」も加わって感動そのものですよ。

変わります。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは果てし無く広がる某巨大公園の草原です。子供とスポーツをするにはもってこいです。誰も居ませんので、私はラジコンヘリ(総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」で購入、1980円)を飛ばして遊びました。草がクッションになるので、墜落しても壊れませんよ(笑)。

変わります。
これまた夏休みの宿題の定番と言えば「自由研究」。そして夏休みといえばカブトムシ&クワガタ。子供には「自由研究」の題材に昆虫の研究を提案するもあえなく却下されました。女房殿も虫が大嫌いで、ゴキブリやクモ如きでいつもギャーギャー言ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
私がガキの頃は友達と、朝のラジオ体操ついでや夕方に、採りに行ったりしたものですが、最近はめっきり採る場所も無くなってしまいました。よく行くホームセンターではカブトムシのペアが980円、ガキの頃は「超」憧れの存在であったオオクワガタがペアで2480円でした。図鑑の中でしか見られなかった海外のカブトムシ=アトラスオオカブトやヘラクレスオオカブト、も今や簡単に入手、そして手頃な値段で買えるんですねえ(驚)。私は日本に本帰国したら、オオクワガタの飼育を始めるつもりです。熱帯魚も良いねえ。

変わります。
クリックすると元のサイズで表示します
JR東京駅内の「東京キャラクターストリート」(こちら)にあるアニメ「プリパラ」の公式ショップ「プリズムストーン」(こちら)です。アニメに出てくるショップ「プリズムストーン」をイメージしたショップで、夏休み開始直後の7月25日に開店しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ショップの「目玉」、主人公の「らぁら」の等身大フィギュアです。小学6年生設定だそうです。

「東京キャラクターストリート」は凄いねえ。老若男女どころか外国人も楽しめるんですから。子供も女房殿もテンションMAXです。修学旅行生や外国人旅行客も多いですねえ。提携して成田空港に作っても良いと思います。

東京駅ですが、個人的には「東京ラーメンストリート」(こちら)によく行きます。またカレー屋である「アルプス(ALPS)」(こちら)にはもう20年以上も通い続けていますね。私の青春が詰まった大好きな店です。

変わります。
クリックすると元のサイズで表示します
子供が好きなのがマクドナルド。大人から見れば「高い、少ない、不健康」なんですがねえ。昔は店舗やCMなどでよく見たんですけど、今や見る機会もめっきり少なくなった公式キャラクターです。これも懐かしさにパチリ。

変わります。
クリックすると元のサイズで表示します
大連では絶対に見られない田園風景です。癒されます。日本のお米は世界で一番安心安全で美味しい米です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
早稲田大学の卒業生なら校旗を見て全員が学んだ言葉でしょう(笑)。人格者ほど謙虚であるというたとえです。これもまた大連(中国)では絶対に巡り会えない人間ですね。

これまで何度も書いていますが「金持ちを見たら詐欺師、貧乏人を見たら泥棒と思え」というのは、私の今でも尊敬している最初の中国人上司から送られた言葉です。「中国好きの日本人は無知、そして偽善者」これは私が自身の実体験から悟った言葉です。

クリックすると元のサイズで表示します
お米が立派に実るようになると、夏も終わりに近付きます。海水浴場も人は少なくなり、

クリックすると元のサイズで表示します
「青」も徐々に消えます。

クリックすると元のサイズで表示します
海水浴場にあった鳥居です。これもまた日本でしか見られない一風景でしょう。

以上、ぼくの「なつやすみのおもいで」でした。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「仙草蜜」様、おはようございます。

>お盆休みを九十九里浜などで過ごされたそう
で、実はわたくしも個人的に九十九里浜が気に
入っていまして、例えば湘南海岸と比べても
華やかさはないかもしれませんが、潮の香りが
海らしく感じられますよね。

日帰りですが(泣)。あと神奈川だったら逗子も良いですよね。有名人にもチョコチョコ会えるし、刺青禁止なので嫌な気分にならないし、若い女の子も多いし(笑)。ただ私のようなおっさんがスマホで写真を撮っていると、すぐに場内警備員から盗撮、そして盗撮容疑の注意喚起のお話を聞かされます(笑)。九十九里は「何も無いがある」海水浴場ですねえ。若いビキニの子なんて皆無です(笑)。

>私は今年のお盆休みを横浜のみなとみらい地区のホテルで数日間過ごしました。

羨ましいですね。ミレニアムの年、ここの大観覧車を当時、意中の女性と楽しみました。私が中国で働くことになって全てを失いましたよ(泣)。

>さて「中国好きの日本人は無知、そして偽善
者」ですが。

早速、「御指導、御鞭撻」の「暖かい」コメを多く頂きましたよ(笑)。まだ記憶に新しい、「日中青年交流協会の理事長」の中国における拘束なんてその最も顕著な例ではないですかね。

>それ故に大気汚染が深刻な日が
多くなってしまったにしても
大連の日本統治時代を彷彿とさせる
風景を目にすると、何かタイムスリップしたよ
うに懐かしさを感じるでしょうか、、、

おっしゃるとおりですね。大連最大の魅力の一つだと思います。

>ありがとうございました。

どういたしまして。
投稿者:仙草蜜
dalian4649様

お世話様です。

お盆休みを九十九里浜などで過ごされたそう

で、実はわたくしも個人的に九十九里浜が気に

入っていまして、例えば湘南海岸と比べても

華やかさはないかもしれませんが、潮の香りが

海らしく感じられますよね。


私は今年のお盆休みを横浜のみなとみらい地区

のホテルで数日間過ごしました。

さて「中国好きの日本人は無知、そして偽善

者」ですが。


以前にもお伝えした私が大外の宿舎で過ごして

いた当時にいろいろとお話ししていただいた

明治生まれの方が、主に戦後の「日中友好人

士」らをたとえてそのようにおっしゃっており

ましたし、私自身も4年ほどの中国での滞在

期間中の仕事や日常生活などを通じて

普通の日本国民よりは思い知っている

つもりです(笑)。

その点では、かつての満鉄職員や満州国の

官僚諸氏らは気高い方が多かったのでしょう

ね。

それ故に大気汚染が深刻な日が

多くなってしまったにしても

大連の日本統治時代を彷彿とさせる

風景を目にすると、何かタイムスリップしたよ

うに懐かしさを感じるでしょうか、、、


これからも現地からのご報告を大変楽しみに

しておりますので、どうかよろしく

お願いします。


ありがとうございました。




AutoPage最新お知らせ