中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2016年の「アカシアの大連」と夕暮れ

大連はただ今、その代名詞的存在である「アカシア」の開花シーズンであると共に、春から夏へと移行中です。今日のエントリーは、ここ最近に撮り溜めた街中の「アカシア」の様子です。

「大連=アカシアの町」との認識が一気に広まったのは、何と言っても第62回(昭和44年度下半期)芥川賞受賞作品である『アカシヤの大連』によるものでしょう。蛇足ながら、大連出身で作者の清岡卓行さんは、こちら「大連日本人学校」校歌の作詞も手掛けています。

まずは「おさらい」です。

1、大連の所謂「アカシア」の正体は「ニセアカシア、ハリエンジュ」という種の、似て非なるものです。大連に「本物のアカシア」は存在しないと思われます。何故なら「本物のアカシア」は熱帯から温帯地域に分布するからです。日本では関東以北での栽培が困難です。ましてや大連は最南端とはいえ酷寒の満州ですからね。

2、日本では「要注意外来生物」に指定されています。「厄介者」だという事です。

3、痩せた土地や砂地でも問題なく生き、成長は早く、繁殖率は凄まじく、抜根や薬剤を使わない限り、駆除は極めて困難です。

4、乾燥と排気ガスに強いも、浅根性なので強風に弱く、すぐに折れ、倒れます。

5、一方で、鑑賞用としての価値があり、良い匂いをさせ、良質な蜂蜜が取れ、花も食べられます。これも蛇足ながら、「東北財経大学」正門前の山の中では「アカシア蜂蜜」が販売されています。お土産にどうぞ。

6、花は天ぷらやおひたしが美味しいです。かつては大連の日本料理屋で気軽に食べられました。一方で葉、果実、樹皮には毒性があるので、フグ同様、食べる際には注意が必要です。

7、日本でも苗木は通販などで簡単に購入可能です。

そしてこの「ニセアカシア(ハリエンジュ)」を本物の「アカシア」と見立てた「もの」も多いです。ウィキにまとめられていますね。

・札幌のアカシア並木
・札幌松坂屋開店時のキャッチコピー「アカシアの花白くいま開く松坂屋」
・アカシア蜂蜜として売られているもの
・西田佐知子のヒット曲「アカシアの雨がやむとき」に歌われる「アカシア」
・石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」に歌われる「アカシアの花」
・北原白秋の「この道」に歌われる「あかしやの花」
・清岡卓行の小説『アカシヤの大連』で知られる中国の大連市を代表する樹木
・松任谷由実の「acacia(アカシア)」(2000年代)
・レミオロメンの「アカシア」

清岡さんの名誉のために付け加えておきます。清岡さんは『アカシヤの大連』の作中で、この「カラクリ」について、ちゃんと触れています。決して「誤認」ではありません。

長くなりました。では市中心部の「アカシア」の様子です。「桜前線」ならぬ「アカシア前線」は市中心部から郊外へと移動しつつあります。ただ今「黒石礁小学校」周辺などは満開ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
市中心部「労働公園」緑山とテレビ塔です。まさに「緑山」の名そのままの姿です。

クリックすると元のサイズで表示します
満州国時代は「春日小学校」、現在は大連市ナンバーワン高校である「二十四高中」の前の通りです。「アカシア通り」と化しています。

クリックすると元のサイズで表示します
アカシアの下を潜る感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは同じく「二十四高中」の近くで、「老干部大学」の辺りです。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

クリックすると元のサイズで表示します
真下に来ます。この辺は交通量がとりわけ少ないので「アカシア」の良い匂いがモロに味わえますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラガラです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「中国大連雑技団・格莱美劇場」近くにある池の辺りです。満開の「アカシア」の一本木の下で静かに遊ぶ老人と子供です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは満州国時代は大連最大の性風俗街「逢坂町」、現在は「武昌街」です。御覧のように長く連なる当時の風俗建築街は健在です。バックには素晴らしく咲き誇る「アカシア」です。手前に見える新しい建物は最近できた市場です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは満州国時代は「桜花台」、現在は「智仁街」です。「カスケードルージュ」という種の、紫色の「アカシア」が見られました。

クリックすると元のサイズで表示します
まるで葡萄です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。

クリックすると元のサイズで表示します
かなり見応えがあります。「ソフトウェアパーク」にある私立大学「東軟信息学院」のローソン前では更に大樹が見られますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
夕暮れの市中心部「労働公園」緑山とテレビ塔です。私が来た10年以上も前の大連は、「良い天気と青い空」がとりわけ印象的な港町で、毎日がこんな姿でしたね。今じゃ月に一回見れるか見れないかとなってしまいました。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「sanukin」様、御訪問ありがとうございます。

>山の頂上から見る大連の街はとても綺麗で、吹く風が心地よく、汗かきかき登った甲斐がありました。

確かにあそこからの景色は最高ですよね。自分も昨年のちょうどこの時期、この景色をネタに記事にしました。

美しき大連市中心部の全景を撮る
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/496.html

>町中を歩いていたら綿毛のようなものがたくさん飛んでいて何だろうと思ったのですが、結局わからずじまいでした。

正体は「柳絮(りゅうじょ)」ですね。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%9F%B3%E7%B5%AE

「労働公園」の近くですと「児童病院」のある「唐山街」が凄いですね。通りが真っ白になるぐらい酷い日があります。

>今回は機会がなかったのですが、またいつか大連の「アカシア」を私も自分で見たいものです。

毎年、GWが終わって二週間後ぐらいが開花シーズンです。航空券の価格が一気に落ちるし、ホテルも取りやすくなるので、お財布に優しく、ゆったりとした観光旅行が出来ますね。

>また、次の記事を楽しみにしています。

ありがとうございます。頑張ります。
投稿者:sanukin
先週はじめ、仕事で大連に行きました。
今の大連は暑くもなく寒くもなく、とてもよい季節ですね。
ちょうど天気もよかったので、空いた時間に散歩がてら労働公園を抜けて緑山に登ってみたのですが、頂上のテレビ塔がトラブルか何かで半年も休業中で少し残念でした。
それでも山の頂上から見る大連の街はとても綺麗で、吹く風が心地よく、汗かきかき登った甲斐がありました。

町中を歩いていたら綿毛のようなものがたくさん飛んでいて何だろうと思ったのですが、結局わからずじまいでした。
今回は機会がなかったのですが、またいつか大連の「アカシア」を私も自分で見たいものです。
また、次の記事を楽しみにしています。
AutoPage最新お知らせ