中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2016年1月 JAL「大連→成田」ビジネスクラス搭乗記 (1)

今日は旧正月(春節)ですね。まずは台湾の地震で犠牲になった方々のご冥福をお祈り致します。中国は「一つの中国」を事あるごとに全世界に向けて語っていますが、「一つ」というなら、無関係と無関心を装わず、この春節における「バカ騒ぎ」は少し自粛して欲しいものです。昨年は「両トップ」が歴史的に握手までしたのにねえ。

10年以上も大連で生活して、春節で実感するのは「寒い、うるさい、汚い、治安悪い、休業不便」がピークに達する「最悪の日」です。今年も領事館から在中邦人宛には注意喚起のメールが送られてきました。上記の「5つの迷惑」を被ることなく「中国のお正月」を感じたければ「横浜中華街」が最高だと思います。日本ではただの平日に過ぎませんが、一度見て、食べて、と経験しておく価値はあると思いますよ。

春節は「旧暦の正月」ゆえに、毎年毎年まあコロコロと「動き」ますねえ。私が中国に来た2003年以降を羅列しても春節はこんな感じで「動いて」います。

2003年 2月1日
2004年 1月22日
2005年 2月9日
2006年 1月29日
2007年 2月18日
2008年 2月7日
2009年 1月26日
2010年 2月14日
2011年 2月3日
2012年 1月23日
2013年 2月10日
2014年 1月31日
2015年 2月19日
2016年 2月8日

2004年は1月22日、一方で去年2015年は2月19日、とその「幅」は約一か月もあります。日本は1月=正月、2月=節分、バレンタインデー、3月=ひなまつり、と移行していきますから、一か月も「誤差」が生まれると、これもまた迷惑この上ないです。節分と「正月」(2011年)、バレンタインデーと「正月」(2010年)、が一緒に来られてもねえ(笑)。

蛇足ながら、来年2017年の春節は1月28日です。前述しましたように、春節はコロコロ「移動」するので、「中華圏における一年間で最大の祝日」と位置付ける中国人ですらも把握している人間は「まれ」です。自分で自分達のことが分かっていないんです。身近に中国人がいたら「来年の春節っていつ?」と聞いてみると良いでしょう。即答できる人間はまずいませんね。殆どの人がスマホを取り出して調べ始めるか、「知らない」と即答されるのが普通です。では来年の春節をきっちり把握しているのは誰か?「爆買い」大歓迎をしている一部の「日本人(!)」商人でしょうね(笑)。

雑談が長くなりました。

今日のエントリーは、先月の帰国の際にJAL(日本航空)のビジネスクラスを利用したので、その搭乗記を書きたいと思います。大連(13:00)→成田(16:55)です。一時間時差があるので所要時間は2時間55分です。現在、就航している機材は日本製部品が35%を占め、「準国産機」と称される、「ボーイング787ドリームライナー」です。エンジン音がとにかく静かな飛行機ですね。今日はまず搭乗前、大連周水子国際空港のラウンジの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
行列を横目にビジネスクラスのカウンターで、待つことなくスムーズに搭乗手続きを済ませます。JAL、ANAのカウンターの前にはそれぞれ日本人職員の方がいますので、声をかければ案内してもらえます。搭乗券と共にラウンジの利用券が貰えます。

クリックすると元のサイズで表示します
イミグレを抜けます。小さな空港であることに加え、ビジネスクラスの利用者にはこれまた専用ゲートがあるので、すぐに通過できます。案内所の前の「緑」です。

クリックすると元のサイズで表示します
日系エアラインの場合、ファーストクラスラウンジに通されます。入口です。入室手続きをすると、室内に飛んでいる「WiFi」のパスワードが書かれた紙が貰えます。

クリックすると元のサイズで表示します
室内の様子です。静かです。胡蝶蘭が飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します
かなり広い空間です。奥には利用客専用の綺麗なトイレがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
「飲食コーナー」です。一通り全て揃っています。当たり前ですが、好きなものを好きなだけ、そして全て無料です。

クリックすると元のサイズで表示します
ホットミール(中華料理)です。

クリックすると元のサイズで表示します
お菓子やおつまみ類です。

クリックすると元のサイズで表示します
カップラーメンやホットドリンク類です。

クリックすると元のサイズで表示します
アルコール類です。

クリックすると元のサイズで表示します
冷たい飲み物も各種揃っています。ビールもこちらですね。ここでは中国名物「常温ビール」が存在しないということです。

クリックすると元のサイズで表示します
朝御飯はここで頂きます。暖かいし、普通に美味しいですよ。ドリンクはサントリーのウーロン茶です。中国と言えば「お茶」で、日本への御土産に選ぶ方も多いですが、「お茶の本場」で、しかも現地のファーストクラスラウンジで選ばれ、置かれているのは「サントリーのウーロン茶」です。これが「現実」というものです。その理由を書く必要はないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
一時間ちょっとのんびりして、帰国便に搭乗します。本日の搭乗機とご対面です。

機内の様子と成田到着までの過程は次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ