中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連の地下鉄「開業初日」乗車記(1)

今日は「いつもの大連」で大気汚染の日でした。

クリックすると元のサイズで表示します
本日夕方4時の大連市各所の大気の様子です。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は「129」、と日本基準の約4倍の汚染となっています。今日は市内各所どこも良くないですね。

さて、今日は大連の地下鉄の「開業初日」です。先に完成した「地下鉄2号線」の一部区間がまず開通となったわけです。地下鉄を作ろうと着工したのが、北京オリンピックが終わった翌年2009年の6月ですから、約6年の歳月で開業ですか。6年と言えば小学校に入学した子は卒業となるわけですから長いですよねえ・・・。

ということで、「開通初日」の今日、実際に乗ってきました。日本人的に必要な情報のみと乗車記を書きたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日5月20日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。見出しは「明後日の金曜日、午前11:18開通、地下鉄2号線第1期工事完成分路線の運転営業が始まる」とあります。中国(人)は「嘘と言い訳、朝令暮改」の国です。相変わらずの突然発表です。日本じゃ考えられませんねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。見出しは「大連に地下鉄時代が到来、本紙を記念特集号とする」とあります。中に特集記事がありました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは5月1日付け大連地元紙『半島晨報』の記事(A09ページ)です。本日開通となった路線「空港(中国語:機場)」駅⇔「会議センター(中国語:会議中心)」駅、の全17駅が記載されています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。今回開業した「大連の地下鉄の路線図」です。

クリックすると元のサイズで表示します
大連の地下鉄1、2号線の「路線完成予定図」です。今日開通した「地下鉄2号線」の残りの区間は、来年2016年7月以降の開通の予定だそうです。もう一つの路線「地下鉄1号線」の開通ですが「姚家⇔会展中心」間が来月6月下旬に、「星海広場⇔河口」間が来年2016年7月以降の開通の予定だそうです。「嘘と言い訳、朝令暮改」の国です。期待せずに待ちましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄新時代を迎えてその中心地となった「西安路」駅(「B1」出入口)です。マイカルやトイザらス、ユニクロなどを収容する大型ショッピングモール「ロスフ」、周囲にはカルフールやウォールマートなどもある巨大な商業エリアです。今日開通した「地下鉄2号線」と今度開通する「地下鉄1号線」が交差する駅となり、今まで以上に発展が予想されます。

クリックすると元のサイズで表示します
中に入るとボディーチェックと荷物チェックです。中国は平和国家ではないからです。

クリックすると元のサイズで表示します
切符の販売機です。ボロボロの紙幣が多い事で故障が頻発し、また操作の仕方が分からない人民が多いと思われるので、混雑と喧嘩トラブルの元凶になると思います。中国は「手売り」が一番であり、基本です。

クリックすると元のサイズで表示します
切符です。回収再利用タイプの物ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
もちろん「明珠カード(大連版「Suica」)」も使えます。私の「明珠カード」はもう「10年超」で、妻よりも古い付き合いです。

クリックすると元のサイズで表示します
ホームです。社会主義、共産主義国家らしく「スローガン」だらけです。「道徳と礼節のある地下鉄、エコの地下鉄、満足度の高い地下鉄」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
安全のため全駅に「ホームドア」が設けられています。

クリックすると元のサイズで表示します
車内です。ガラガラでした。開業2日前に告知ですから、宣伝不足なんだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
清潔な車内です。当たり前か(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
現在地と次の駅を知らせる地図です。これは日本でもおなじみですね。

クリックすると元のサイズで表示します
先頭です。

クリックすると元のサイズで表示します
終点の「空港」駅まで来ました。「西安路」駅から「空港」駅までは約20分です。車内の先頭から最後尾に向けて撮ります。大連の地下鉄は6両編成です。

クリックすると元のサイズで表示します
降りました。「空港」駅です。

クリックすると元のサイズで表示します
「空港」駅から他の全駅への運賃です。運賃は2元(=約40円)から始まり、終点まで行っても5元(=約98円)です。素晴らしいコスパと言わざるをえません。が、安全性だけが心配です。中国新幹線は事故が起きた時、埋めましたよね・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
「空港」駅から「会議センター」駅方面へ向かう始発は朝6:25、終電は夜9:35です。大連北駅方向へはまだ開業していません。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、空港の地下鉄駅への行き方です。空港に到着したら、まず外に出て、左(国内線方面)に向かいます。写真はちょうど空港を出たところです。空港の端っこにタクシー乗り場(国際線利用客用)がありますね。写真右に写っています。

クリックすると元のサイズで表示します
左(国内線方面)に向かいます。30秒ほど歩くと、

クリックすると元のサイズで表示します
「空港」駅地下鉄の出入口(「A」出入り口)です。雨や雪の日でもここまで傘要らずで利用できるのは良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えて撮ります。御覧の通り、まだ骨組みだけの建設中です。他の出入り口はまだ使用不可でした。

クリックすると元のサイズで表示します
では、この「A」出入り口の位置を外から把握してみます。大連空港です。蛇足ながら「大連」の揮毫(きごう)は江沢民によるものです。

クリックすると元のサイズで表示します
近付きます。

クリックすると元のサイズで表示します
御覧の通り、ちょうど「大連」の「大」の字の下に地下鉄の「A」出入口があります。分かりやすいですね(笑)。外から探す上で良い目安になると思いますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
一通り見学して「空港」駅から市中心部「青泥窪橋」駅に戻ってきました。約30分で着きます。駅の改札口です。

クリックすると元のサイズで表示します
「青泥窪橋」駅から他の全駅への運賃です。「西安路」駅までは約10分です。大連の二大商業エリアがメチャクチャ近くなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
「青泥窪橋」駅から「空港(中国語:機場)」駅方面へ向かう始発は朝6:39、終電は夜9:39です。「会議センター(中国語:会議中心)」駅方面へ向かう始発は朝6:53、終電は夜10:03です。

クリックすると元のサイズで表示します
「青泥窪橋」駅の「E2」出入り口です。大連在住日本人の強い味方、地下一階に日系スーパー「しんせんマート」が入る「久光百貨店(旧イトキンビル)」の真ん前です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「青泥窪橋」駅の「A」出入り口です。「久光百貨店」の裏となり、バス停「希望広場」駅の真ん前となりますね。

最後に補足です。

1、10分に1本の割合で運行なので、次の列車はすぐに来ます。

2、鉄道の「大連駅」、「開発区」方面に向かうライトレール(中国語:軽軌)の「大連駅」、へは「青泥窪橋」駅で下車です。

3、山東省(煙台)や韓国(仁川)に向かう船乗り場「大連港」へは「港湾広場」駅で下車です。

4、各駅各所で今だ建設中の箇所が見られます。

5、駅ホームにトイレがありますのでこの点は安心です。

6、駅構内、更には車両内(!)にまで、とにかく防犯カメラの量が半端ではありません。凄い威圧感です。安全、平和とは両極端の場所に居ることを痛感させられました。

7、中国新幹線や韓国沈没フェリー、2011年以降、毎年事故を起こし続けている韓国アシアナ航空、の例でお分かりいただけますように、中韓は日本(人)から見れば「安全第二」の国です。ご利用は自己責任で。中国はあらゆる面で他人には「紹介すれども勧めない」が無難です。

8、「空港」駅の「A」出入り口は上りエスカレーターのみで下りエスカレーターはありませんでした。階段の幅も狭いです。女性で大荷物の方、小さなお子さん連れの方は要注意です。

9、「会議センター(中国語:会議中心)」駅の始発列車は6:30です。大連空港を朝7:40に離陸する富山行き(中国南方航空、CZ613便)と朝7:45に離陸する名古屋行き(中国南方航空、CZ619便)を利用される方は、時間が厳しいので地下鉄を利用しての空港行きは避けた方が無難かもしれません。他の「大連⇔日本各地」を結ぶ全エアライン、全路線の方は行きも帰りも地下鉄の利用は問題ありません。

10、大連のタクシーの初乗り料金は10元(=約195円)で、満州では最も高い都市です。空港から「青泥窪橋(大連駅)」へ向かうタクシーは大体30〜40元です。今後、空港から市中心部方面へ向かうタクシー業は大打撃をこうむると思います。地下鉄を使えば、ボッタクリの心配が無い、早く着く、お金も約10分の1で済む、からです。

11、大連の空港、駅、港、が乗り換え無しの1本で、安価に、短時間で結ばれた意義は極めて大きいと思います。

今日は久々に長いエントリーとなりました。お付き合いありがとうございました。

明日に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「みさっぺ」様、御訪問ありがとうございます。

長々とブログ放置していました。大変失礼致しました。

>河口の方に住んでるのでこちらに延伸したら使うかも

なかなか旅順方面と乗り換え無しでドッキングしませんね。それを心底望んでいるのは大連外国語大学の関係者かもしれませんね(笑)。
投稿者:dalian4649
「DLB」様、御訪問ありがとうございます。

長々とブログ放置していました。大変失礼致しました。
投稿者:みさっぺ
はじめまして。私も5月から大連です。まだ、近いしは乗ってないですね。どうしてもバスや路面が中心となります。河口の方に住んでるのでこちらに延伸したら使うかも
投稿者:dalian4649
「匿名2」様、こんにちは。

>今回も楽しく読ませてもらってます。

かなり長い記事となりましたが、ありがとうございます。

>空港の到着口でいつも待ち構えているボッタする気満々のタクシーの運ちゃんが断ってもしつこく付きまとってきて
>本当にウザかったです・・・。そして見え見えのボッタも・・・。

今もしっかり健在です。何故、この連中がいつも、そしていつまでも健在なのか、この「タネ明かし」についてもそのうち書きたいと思っています。

>今まで西安路近辺も昼夜問わず混雑してましたが、今後もっと発展するのは空恐ろしいですね。

地下鉄沿線の家の値段は上昇傾向だと聞きますね。でも発展すると大気を初め、環境が一気に悪化しますから、自分は住まずに「投資ビジネス」の一点で攻めてみるのも中国人的には良いかもしれませんね。日本人的には中国撤退です(笑)。
投稿者:匿名2
今回も楽しく読ませてもらってます。

空港⇔市内の地下鉄は時間さえ問題なければ本当に便利になりますね。

今でもいるかわかりませんけど、空港の到着口でいつも待ち構えているボッタする気満々のタクシーの運ちゃんが断ってもしつこく付きまとってきて「んー、市内までおまけして100元でいいです」と言ってたのを(悪い意味で)懐かしく思いました。
こっちは最初から国内線口の方でタクシーに乗ろうと思ってるのに本当にウザかったです・・・。そして見え見えのボッタも・・・。
もちろんそんな車に一度も乗ったことありませんけどね。

今まで西安路近辺も昼夜問わず混雑してましたが、今後もっと発展するのは空恐ろしいですね。
AutoPage最新お知らせ