中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2021
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「福」が来なかった今年の大連の「春節」

旧正月(中国語:春節)の法定一週間連休も終わり、中国は今日から仕事、新たな年が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します
「希望広場」に設けられた新年を祝うモニュメントです。

クリックすると元のサイズで表示します
「羊」ですね。

ところで、一昨日の関東地方は暖かかったですねえ。各所で最高気温が20度超、上着無しで外出しても全く問題がありませんでした。

中国人富裕層は日本に来て、観光に、買い物に、食事に、と「正月」を満喫したようですね。今や北京では貴重な「青い空」を目にしての深呼吸に加え、この春の訪れを感じさせる20度超の気温、は心底「新春」の訪れを実感したんじゃないですかね。

一方で、2005年や2012年、中国全土で発生した反日暴動に参加した「愛国者人民」の野郎共は、大気汚染にまみれた大陸で、「青い空」ならぬ「蒼井そら(中国語表記:蒼井空)」の方を心底満喫したことでしょう(笑)。

ニュースやワイドショーが「爆買い中国人」を多く取り上げたおかげで、旧正月を意味する中国語「春節」は一気にメジャーになりつつありますね。この「春節」なんですけど、「お上」が法定一週間連休、そしてそれに伴い土日を潰す法定平日の公式決定を発表するのが前年の年の瀬である12月ということで、日本人的には迷惑この上ありません。私がこちら大連に来た2003年からの旧正月の元旦をまとめてみますと、

2003年2月1日
2004年1月22日
2005年2月9日
2006年1月29日
2007年2月18日
2008年2月7日
2009年1月26日
2010年2月14日
2011年2月3日
2012年1月23日
2013年2月10日
2014年1月31日
2015年2月19日

です。最も早かったのが2004年で1月22日、最も遅いのが今年2015年で2月19日です。約一か月間の違いがありますね。1月に旧正月があると、日本の正月後にすぐこの「第二の正月」が来て、1月の一か月間は休みまくり。一方で最遅の今年に至っては今日の出勤日のもう一週間後には3月3日の「ひな祭り」ですから、私のみならず、中国長期滞在者にとっては一年間が早く感じられるわけですよね(笑)。

こんなにコロコロ変わる「元旦」ですから、13億の人民が誰一人、尋ねられて「即答」はできないと思いますが、来年の旧正月は、

2016年2月8日

です。「お上」が決める一週間の法定連休ですが、確実に日本の祭日である2月11日の「建国記念日」に重なりますね。日本に帰国して、今年以上に家族(特に学校が休みになるお子さん)と長い時間を共有できる機会となりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、日本の正月が「静かで美しい」ものであるのに対して、こちらの「正月」は「うるさくて汚い」というのが特徴です。花火(爆竹)は人込みだろうが、寝静まる深夜だろうがお構いなし、そしてこの花火(爆竹)の後始末は一切しないので、道路や空き地は火薬の臭いと燃えカスだらけ、これを全国13億人がやるものだから、各都市計測メーターを振り切るほどの酷い大気汚染・・・。花火や爆竹もこんな感じで街の至る所に販売所が設けられ、簡単に買えます。

「危険、騒音、ゴミ、大気汚染」に溢れた「正月」ということで、「春節」とは本当に連中「独自の正月」だと思います。「新年」とはね、その前に「大掃除」をして迎えるものです。常日頃、身を置く周囲の環境を綺麗にすると、物理的に綺麗になるばかりか、精神的にも心が洗われたような清々しさを感じますね。騒音とゴミで迎える新年初日の朝=元旦、なんて日本人的にはまっぴらですねえ(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
職場や各家の玄関も全て「福」の張り紙で溢れます。「カネ」同様、連中のこの「福」に対する「異常な執着」も違和感を覚えます。真っ赤な「福」の飾り物を買って玄関や門、ドアに貼るわけです。こんな感じで街中、どこでも売っています。では今年の「春節」の法定一週間連休、大連に「福」は来たのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
連休初日(「大晦日」)、18日(水)の朝7時の大連市各所の大気の様子です。市中心部「青泥窪橋(大連駅)のPM2.5の数値は何とビックリの「25」です。日本の大気と変わりません。出勤による車の排気ガスが無いからです。「開発区」も「25」であることが御確認いただけます。「福」が来た!?

クリックすると元のサイズで表示します
連休五日目、22日(日)15時です。やはり春節なので交通量が少なかったためか、市中心部「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は、日本基準の約5倍、「179」で治まっていますが、PM10の数値が「484」です。このPM10の数値、棒グラフと最大値表記のところで御確認できますが、この日の午前10時になんと「880」を記録しています。

クリックすると元のサイズで表示します
で、これが市内四区を離れ、「開発区」に行くと更に(!)酷いです。同日同時刻の様子です。やはりPM10の数値が棒グラフと最大値表記のところで御確認できますが、この日の午前10時になんと「999」(!)とメーターを振り切っているのが御確認いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
「金州」です。やはりこの日の午前10時にPM10の数値が「999」とメーターを振り切っています(!)。

クリックすると元のサイズで表示します
「双D港」です。こちらもこの日の午前10時にPM10の数値が「999」とメーターを振り切っています(!)。

工場が停まっていて、しかも交通量が少ないのに、このPM10による強烈な大気汚染の原因は何?

「黄砂」です。福岡にも少量が飛来したようですね(下記「参考記事」参照)。

お天道様が「春節」期間にお与えになったのは「福」ではなく、「黄砂」という「罰」でした。今年に限って言えば、「お上」は多くの都市で花火(爆竹)規制をして大気汚染の悪化対策をしました。「新春の福」を「付け焼刃」であやかろうとしたわけです。が、こんな小手先が通用するわけがありません。お天道様はちゃんと見ていますねえ。




参考記事:
黄砂:福岡で今年初観測

 九州北部地方で22日夜、今年初めて黄砂が観測された。
 福岡管区気象台によると22日午後9時前、福岡市で気象台職員が目視で確認した。23日未明から下関(山口県)、鹿児島、長崎でも相次いで観測した。福岡では一時、見通しのきく距離が8キロになった。5キロ未満になると交通障害などが発生する恐れもあり、気象台は注意を呼びかけている。
2015年02月23日 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150223k0000e040190000c.html


中国106都市で大気汚染「最悪」 春節祝う花火・爆竹で

 中国の春節(旧正月)を祝い、18日深夜から19日朝にかけて大量に使われた花火や爆竹による大気汚染で、国内基準で6段階のうち最悪の「深刻な汚染」(指数301以上)を記録したのは北京市など106都市に上った。国営通信新華社が伝えた。
 約530都市で爆竹の使用制限などの措置が取られているというが、大幅な改善には結びついていない。
 19日付の中国紙、法制晩報などによると、北京市では、18日夜に微小粒子状物質「PM2・5」の値が急上昇し、一部では一時的に1立方メートル当たり千マイクログラムを記録したという。日本ではPM2・5の環境基準値は1日平均濃度35マイクログラムとなっている。
 北京市当局は市民に花火や爆竹の自粛を呼び掛け、19日早朝までに市内で回収された爆竹などの燃えかすは昨年より約11トン少ない30・2トンだった。(共同)
2015.2.19 産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/150219/wor1502190044-n1.html


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ