中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連「人民路」と夜の女

昨日、今日と霧&スモッグで酷い大気汚染の大連です。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝8時における大連各地の大気の様子です。市中心部「青泥窪橋(大連駅)」のPM2.5の数値は「171」です。「星海広場」は「200」ですか。

クリックすると元のサイズで表示します
今日もこちらのローソンで購入したPM2.5対応マスクをしての出勤です。大連に工場を持ち、Jリーグ「ベガルタ仙台」をサポートする「アイリスオーヤマ」のマスクです。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日も酷いものでして、こちらは昨日の朝8時における大気状況です。「さあ、今日も頑張るぞ!」という気持ちは全く生まれません。

そんな昨日ですが、日本からの訪問客があったので、空港までお出迎え。宿泊先は「人民路」にある五つ星ホテル「シャングリラホテル」ということで、同行しました。

この「人民路」ですが、日本統治時代は「山縣通り」という名前でした。由来は総理大臣を二回務め、元老、それも「元老中の元老」であり、陸軍、そして長州閥の首領(ドン)であった「山縣有朋」の名字を冠した通りです。これだけの「大きな名前」ですから、どれだけ「重要な通り」であったかは想像に難くないと思います。実際、この通りの突き当りは世界に通じる交通の要所であった大連港=「満州国の玄関」、です。

蛇足ながら、現在の大連で「通り」の名前に人名が使われているのは市中心部なら魯迅、そしてマクシム・ゴーリキー(ロシアの作家)が有名です。「魯迅路」、「高爾基路」ですね。郊外である開発区の「通り」では、世界的には「ヒトラー、毛沢東」と並列される、悪名高い三大指導者「スターリン」が有名です。この「外国人スターリン」の名を冠した「スターリン通り」については、過去のエントリーで取り扱いました。

大連における「柳条湖事件(9・18事変)」と限界
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/464.html

この「スターリン通り」という存在の「異常性」に気付くと、この国、この町に住むことに対して、何とも言えない嫌悪感というのが感じられてきます。これが普通です。結局、「ビジネス」としての長期滞在と割り切るしかないんですよ。「日中友好」なんて陳腐な考え方は跡形も無く吹き飛びます。

1、歴史に無知で、この「大通り」の存在に何も感じない
2、歴史を知っていても、この「大通り」の存在に気付かない
3、何年居ても中国語がダメで、「斯大林」が「スターリン」ということを知らない

もしあなたがこんな日本人なら、この地で成功を収めるということは万が一にもありません。「基本的知識、違和感、注意力、語学力」の四大欠如は「致命的」と考えるからです。

話を戻します。今回の「訪問客さん」は中国(大連)の、この「超」大気汚染状況は「初体験」だそうで、ビックリしていました。早速、喉の異常を訴えていましたね。まあ「童貞」を捨てたのですから、忘れられない思い出になったでしょう(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
ホテル周辺を簡単に案内します。ということで再び「人民路」です。左に写っているベージュの建物が海鮮レストラン「天天漁港」です。港町・大連を訪れる観光団体ツアーさん御用達の店の一つですね。そのすぐ右隣がチェーン店の食事処を寄せ集めた建物です。地元の人間より、むしろ旅行者にとって重宝しますね。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。左から「バーガーキング」、水餃子チェーン店の「喜家徳」、中国で一番有名な日本のラーメンチェーン店「味千ラーメン」、「サブウェイ」、「マクドナルド」、「吉野家」、日本からは2004年に完全撤退したソフトクリームチェーン店「デイリークイーン」、などです。一つの建物の中に「ワンパッケージ」となっています。まあ、バーキン、マック、サブウェイを、お隣同士にまとめてしまうアホな発想は日本にはありませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
「人民路」最初の角を右折し、「白玉街」に入れば日系コンビニ「ローソン」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
「人民路」二つ目の角を右折し、「安楽街」に入っても「ローソン」があります。

クリックすると元のサイズで表示します
「安楽街」の突き当りは「魯迅路」です。すぐに「満鉄本社」が見えます。歩いて5分もかかりません。

クリックすると元のサイズで表示します
この「満鉄本社」前は、満州時代と変わらぬ姿を保つ路面電車が通り過ぎます。この光景は戦前から変わらぬものでしょう。

ちょっと行き過ぎました。先程の「人民路」に戻ります。シャングリラホテル隣のフラマホテルもまた老舗の五つ星ホテルでして、最晩年の金正日が泊まっていきました。

大連で金正日総書記の「車列」に遭遇する(2)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/6.html

まあ、それなりの所得がある人が泊まるエリアなので、昼は乞食、一方で夜になれば「その手」のお姉さんが自然に集まり、「営業」も始まります。連中の、日本人だと「見分ける目」もなかなかのものです。

クリックすると元のサイズで表示します
大連の日本人、来る日本人、共に減っていますから、連中の営業も必死です。あっという間に「カードコレクター」になれます。

クリックすると元のサイズで表示します
裏面です。両面を御覧いただきましたが、まあこの名刺を見て、普通のマッサージと考える人はまずいませんね。必ず「裏メニュー」があるということです。嘘だと思うなら、連中と同性である、あなたの奥さんや恋人、娘さんに、これらを「大連土産」として渡してみて下さい。修羅場となるでしょう。それが「現実」というものです。

ちなみにこの日、中国銀行にも同行したのですが、為替レートは1万円=550元でした。日本人にとって、今の中国はあらゆる方面で「高くて質が悪い」です。要は「使えなくなってきている」のです。

ご利用は計画的に(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「小蓮」様、おはようございます。

>一見華やかな様に見えますが、ひとつ裏通りの「万民街」「白玉街」に入れば、まだ都市インフラが整備されていなかった、昭和40年代前半を感じさせる街並みが残っていますね。

周辺の飲食店が閉店する深い時間ともなると、結構、治安も怪しくなってきます。外国人や酔客、女性、一人歩き、など連中の「弱者」を狙う「目」と「汚さ」は筋金入りなので、注意が必要です。

>「ローソン」前の写真が物語る様に、「中国車社会」は、

洗車をしても三日も持たない薄汚れた町の中を、中韓メーカーを中心とした、多くの汚れた車が走っている姿は印象的な光景だと思います。

「安全第二」、そして歩行者を無視した「車優先」の現実もこの国独自の特徴的なルールだと思います。クラクションもうるさくて堪りませんね。「支那人」と一緒です。

>世界 G D P二位の国の姿ですね。

塵を集めて山としただけの数字です。恐れる必要は全くありません。取捨選択を誤らず、「利用する」だけでいいのです(笑)。

>写真「平安ビル」東側に建設中の二つのビルは ?? 

場所柄、オフィスビルですかね。この辺はホテルも過剰供給地域ですし。分譲住宅?、ちょっとよく分かりませんね。すみません。
投稿者:小連
一週間振りのご無沙汰です。10/19午前中は曇り空でしたので、「友好広場」近くの宿泊ホテルから「新世界酒店」界隈迄、散歩して参りました。この写真の「人民路」沿いは高層ビルが建ち並び、一見華やかな様に見えますが、ひとつ裏通りの「万民街」「白玉街」に入れば、まだ都市インフラが整備されていなかった、昭和40年代前半を感じさせる街並みが残っていますね。そして、「ローソン」前の写真が物語る様に、「中国車社会」は、「歩道駐車」が当り前、人間は「車道」を歩く・・・「本末転倒」です。・・・まして右側通行の中国では、歩行者はとても道路右側は歩けません。「生産工場」に例えるならば、生産性のみを重視して、品質管理は全くゼロと云う事と多少似てますよね。これが形だけの世界 G D P二位の国の姿ですね。最後に教えて下さい。写真「平安ビル」東側に建設中の二つのビルは ?? 長文になりました。次のブログをお待ちしております。
投稿者:dalian4649
>貴殿は近現代史にも詳しいようで、大変頼もしく感じます。

所詮、後進国、それも地方中都市に飛ばされた「おっさん」に過ぎません。「日本史」は大学受験の際に選択して好きな科目でした。ただの「下手の横好き」ですが(笑)。

>「日本統治」は文明史の観点からみても、大変意義深いことであったことは間違いないかと思います。

学べば学ぶほど、当時の日本人は凄い人、尊敬に値する人ばかりですね。こういった人たちがトップに立っていたんですから、そりゃ凄い町、凄い建築物が出来上がりますよね。

>ブログの更新を楽しみにしております
>どうか宜しくお願いします。

頑張って、更新頻度を上げるようにします(焦)。こちらこそ宜しくお願い申し上げます。
投稿者:仙草蜜
お返事頂きありがとうございます。

貴殿は近現代史にも詳しいようで、大変頼もしく感じます。

やはり、台湾や関東州、満州、朝鮮などでの「日本統治」は文明史の観点からみても、大変意義深いことであったことは間違いないかと思います。

それでは今後ともブログの更新を楽しみにしておりますので、どうか宜しくお願いします。
投稿者:dalian4649
>この度は早速お返事頂き、誠にありがとうございました。

こちらこそ御丁寧なコメントをありがとうございます。

>よくメディアは彼のことを「殺人鬼」などと呼んでいたようですが、

チベットを「粛清」して「出世」したコキントー、ウイグルを「粛清」中のシューキンペー、こそがそのネーミングに相応しい事は世界中の人々が知っています。この二人に立ち向かっているからこそ、「あの二人」にノーベル平和賞の受賞があったのでしょう。

>大連は「独立国」のようになってしまうのではないかと、

歴史や「現実」を見ても、港湾都市や半島の先っぽというのは独立に相応しい「危険地帯」ですね。シンガポール、香港、マカオ・・・皆、独特の「独立」をしていますね。大連も満州国時代は満州国に含まれず、「独立」していましたね。

>実は私も「日本統治時代」の大連には今でも魅了されています。(笑)

「日本統治都市の最高傑作」と言われた都市ですから、さぞかし素晴らしい街だったのでしょう。日本本土(内地)に修学旅行に行って、その酷さに愕然としたと言いますからね。

>私が滞在していた91年当時は、高層ビルはフラマホテル、国際酒店、博覧中心、現在のラマダホテル、森ビル横のロイヤルホテルなどしかありませんでしたから、まだ市内の至るところに日本統治時代の建物が原形を留めていました。
>街全体に活気はありませんでした。

その頃は青い空が印象的だったとも聞きます。良い意味での「田舎の環境」が残っていたんでしょうね。

>日本統治時代はさぞかし街も綺麗なうえに、活気もあったのだろうなと、

確かに、その頃発行されていた絵葉書の写真を見ると、時代の最先端を走っていた町、というのがひしひしと感じられますね。

>せめて私が最後に訪問した2000年の頃に戻ってもらいたいですが、それすら難しそうですね。

地元紙は毎日、新ネタ(!)で「お上」の汚職、腐敗の逮捕を報じています。多過ぎます。「支那人」に政事(まつりごと)は無理です。せめて中国人に代わるべきかと。全てを台湾に学べと言いたいですね。
投稿者:仙草蜜
この度は早速お返事頂き、誠にありがとうございました。

やはり薄煕来氏が市長の時代は、活気に満ちていたのでしょうね。
よくメディアは彼のことを「殺人鬼」などと呼んでいたようですが、おそらくは大連市長時代の彼の活躍をみて、中央政府はこのままでは大連は「独立国」のようになってしまうのではないかと、危機感を抱いて、事実上の「左遷」をしたのかもしれませんね。

実は私も「日本統治時代」の大連には今でも魅了されています。(笑)

大連・旅順などの「関東州」は下関条約により、台湾とともに日本に割譲され、台湾において民政長官として大活躍した後藤新平氏が、その後は大連に渡り、今度は初代満鉄総裁として大なたをふるい、礎を築いた都市ですから。

私が滞在していた91年当時は、高層ビルはフラマホテル、国際酒店、博覧中心、現在のラマダホテル、森ビル横のロイヤルホテルなどしかありませんでしたから、まだ市内の至るところに日本統治時代の建物が原形を留めていました。

その一方で、かっての「浪速通」で現在の天津街にある商店なども夕方6時頃になるとシャッターを閉めてしまうように、街全体に活気はありませんでした。
ですから、日本統治時代はさぞかし街も綺麗なうえに、活気もあったのだろうなと、度々勝手に物思いに耽っていたものです。(笑)

せめて私が最後に訪問した2000年の頃に戻ってもらいたいですが、それすら難しそうですね。

投稿者:dalian4649
「仙草蜜」様、御訪問ありがとうございます。

>私は91年の9月から1年近く大連に滞在しておりましたが、

凄い先輩に御訪問いただき恐縮です。

>その当時、現在の人民路はスターリン路、人民広場はスターリン広場でしたね。

そうだったようですね。何故、改称したんですかね 。

>現在の上海路は「大山巌元帥」にちなんで「大山通り」だったようです。

ウィキに「大連新古地名対照」が表になってまとめられていますね。この時代に駐在したかったです(笑)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%80%A3%E5%B8%82

>大連の大気汚染はいつ頃から深刻になったのでしょうか。

ここ1、2年で急速に悪化しました。理由は自家用車の急速な普及です。中国仕様の、質の悪いガソリンで走っていますから、排気ガスが一気に大増量となりました。これがPM2.5の主要原因の一つです。

先日、中国政府がこの大気環境改善について20〜30年かかると言いましたが、その理由はGDP至上主義(=自家用車の所有奨励と自転車時代の回帰拒否)が原因です。

>まだ物価も安く、例えば日本料理店では、食べ放題コースが100元でしたから、、、

今は「高くて不味い」時代です。定食の価格は日本を超えています。価格が安い場合は賞味期限や偽物、「羊頭狗肉」を積極的に疑っていかないとすぐに大病を発症します。「安物買いの銭失い」ならまだ幸運で、「安物買いの命失い」が現実化しています。

>今となっては悪名たかい、あの薄煕来氏が市長であった当時がまだよかったのかもしれませんね。

当時を知る大連市民によれば、悪い評判どころか、むしろ「名君」と評価している人さえ少なくありません。タクシーの運ちゃんに多いですね。景気は良かったし、庶民の娯楽であったサッカーも強かった。新興都市「大連」の名を中国に響かせましたから。日本や日本企業に対する理解もありましたね。

私はこんな反日国情の中、親日家、親日姿勢も持つ中国人に関しては、一定の、冷静な評価を持つようにしています。そして人脈を築き、広げるようにもしています。
投稿者:仙草蜜
はじめまして。

私は91年の9月から1年近く大連に滞在しておりましたが、その当時、現在の人民路はスターリン路、人民広場はスターリン広場でしたね。

因みに、日本統治時代、現在の上海路は「大山巌元帥」にちなんで「大山通り」だったようです。

ところで、大連の大気汚染はいつ頃から深刻になったのでしょうか。

私が最後に大連を訪問したのは、2000年の6月でしたが、その頃はそれほどではありませんでした。

まだ物価も安く、例えば日本料理店では、食べ放題コースが100元でしたから、、、

いずれにしても、

今となっては悪名たかい、あの薄煕来氏が市長であった当時がまだよかったのかもしれませんね。
AutoPage最新お知らせ