中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連「開発区」の石油パイプライン爆発事故について

今日も昨日同様、無風の大連です。汚染された大気が流動しないので、空気は「半透明」の街中、そして気温も30度超え、と不快、不健康指数はMAXです。

決勝トーナメントが始まったW杯ですが、延長で120分の死闘も決着せず、本当に世界最高峰の大会が実感できます。結局、最後PK戦にもつれ込み、「運要素」で勝利チームが決まりますが、やはり勝つのは出場常連チームで、番狂わせが起こらないというのは、やはり「一時的な勢い」よりも「歴史」と「経験」が成せる業なんでしょうかねえ。これまた勉強になる点です。

さて、今日はこのW杯が行われている片隅で、何故かひっそりと中国代表戦が3試合行われ、これがまた期待を裏切らない「お笑いサッカー」だったので、これを記す予定でしたが、昨夜大連郊外の「開発区」で、今や恒例となった石油関係施設の爆発=「チャイナ・ボカン」、が起きたので、これを取り上げたいと思います。

大連の石油関係施設の火災、爆発といった不祥事は、

2010年7月10日
2010年7月16日
2011年7月16日
2011年8月8日
2011年8月29日
2011年11月22日
2013年6月2日

そして今回、
2014年6月30日

と、今回の事故を含めて、ここ四年間で八度目(!!!)です。月日を見てお分かりいただけますように、大連「開発区」における「夏の風物詩」ですね。中でも最も酷かったのは2010年7月16日の事故で、この時は1500トンの原油が大連の海に流出し、大連の町は「大連の海産物の一切を食べるな」という「空気」が「充満」しました。この時、港町・大連がどれだけの被害を被ったか、想像に難くはないと思います。

2010年7月16日、この時の汚染された海の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回、事件が起きたのは昨夜6時半頃、場所は金州新区(開発区)鉄山中路附近で、原因はパイプラインの破損だそうです。今朝の大連地元各紙はこの事件を報道していません。ということで、ネットで出回る中国版ツイッター『新浪微博(Weibo)』の画像を収集してみました。これだけ酷い事故、そして石油関連施設の火災、となると大気汚染、更には「臭い」も凄いでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大連は今、日本統治下ではありません。注意点として、

1、思いっきり街中にある石油関連施設での火災

2、頻繁に起こる同種の事故

3、周辺住民を対象に迅速な避難、封鎖、立ち入り禁止が行われない「安全第二」

4、翌日の新聞に報じられないという情報公開の遅さ(隠蔽?!)

という点は「知らなくても良いが、知っておいた方が良い」点だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
大連市の郊外は「工場銀座」です。2011年8月14日、「人民広場」にある「大連市人民政府」庁舎前に市民およそ1万2,000人が集結し、やはり「開発区」の大孤山石化産業園区の沿岸部にある大連福佳・大化石油化工有限公司の工場の撤去を求め、抗議を行ったのは記憶に新しいところです。「反日デモ」は無かった稀有な町・大連ですが、どれだけ市民が怒っているかも想像に難く有りません。なお蛇足ながら、郊外の瓦房店市には原発「紅沿河原子力発電所」があります。

「開発区」という名前が表すように、この地はまず工場第一、工場ありきで都市開発が進められた地域です。日本人として大連の何処に住むか、この点を頭の片隅に置いて大連における居住地を選ぶのは大切な事です。私も職場からはソコソコ離れた市中心部をあえて選び、住んでいます。

1、買い物、散歩、そして海。何時、何処に行くにも絶好のアクセス。

2、多くの日本料理屋、「久光百貨店」内のスーパー「新鮮マート」に代表される多くの「日式スーパーマーケット」、市内四区(中山区、西崗区、沙河口区、甘井子区)にのみ出店(19店舗)の日系コンビニ「ローソン」、更には「無印良品」に「ユニクロ」、と「日本人としての」生活の利便性。

3、停電と断水の少なさ、あっても復旧が早い

考え方は人それぞれですが、私にとって、この三点は譲れないからです。

情報を各自しっかりと収集し、各自しっかりと分析する。「自分に頼れず、他人に頼る」、こういった人は残念ながらこの地で成功する、いや無難に過ごす事すら難しいと思います。

自分に頼れるように、『論語』に学び「克己(こっき)」していきましょう。




参考記事:
中国・大連でパイプライン爆発…日本人多い地区

 【瀋陽=蒔田一彦】中国中央テレビによると、6月30日午後7時頃(日本時間同8時頃)、遼寧省大連市金州新区で、石油パイプラインが爆発した。
 負傷者の有無は不明。金州新区は日系工場が集まり、日本人の住民も多いという。中国では山東省青島市で昨年11月、石油パイプラインの爆発で62人が死亡し、安全対策が強化されたばかりだった。
2014年07月01日 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/world/20140701-OYT1T50012.html?from=ytop_main5


ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ