中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

悪夢再び・・・。泣いた・・・。

今年2014年に入って、めっきり少なくなった大連の雨ですが、今朝は雨でした。一昨日も珍しく雨でしたが、何か嫌な予感・・・。

今朝はW杯の「日本vsギリシャ」があるので、早起き、やや早めの出勤をしました。日本とは1時間時差がある中国での試合開始は朝6時です。試合終了は8時前となりますので、観戦後、直ぐに仕事に取り掛からなければなりません。

我らが日本代表は1次リーグをC組で戦っています。C組の出場国FIFAランキング(2014年6月5日発表)は、

コロンビア 8位
ギリシャ 12位
コートジボワール 28位
日本 46位

です。

初戦のコートジボワール戦を「1:2」の逆転負けで落とし、負けられない今朝はギリシャ戦でした。個人的なギリシャ代表の思い出と言えば、私がこちら中国に来た翌年である2004年、ヨーロッパ選手権(ポルトガル開催)でまさかの優勝を遂げたことで、これは全世界をも驚かせましたね。同国サッカーにとっても史上初のビッグタイトル獲得です。

またこの時、中国は世界的に注目度が高いサッカーの「大試合」を全試合、テレビの地上波で生中継、更に翌日は再放送、とやってくれる事を知ったので、これはこれで「地獄で仏に会ったよう」を感じたものです。

クリックすると元のサイズで表示します
今日は愛機、ソニーのスマホでの観戦でした。相手は早々と退場者を出し、10人となったものの攻めきれず、結局は「0:0」のドロー、残るは日本代表現監督ザッケローニの就任時、日本代表監督就任として新聞の一面で誤報まで出たペケルマン(アルゼンチン)が率いるコロンビア戦です。更に決勝トーナメントへの進出には「他力本願」も必要、ということで、非常に厳しいと言わざるを得ません。

こちら大連における地元紙『半島晨報』の日本代表に対する報道ですが、それはそれは酷いものです。日本代表「終戦」後にまとめて御紹介したいと思います。

今朝のこちら中国CCTV5チャンネルの生中継「ぶり」ですが、実況アナウンサーは、どうやら長友佑都選手に思い入れ(ファン?)があるらしく、かなり熱く語っており、彼の名前を連呼する機会も多かったです。イタリア・セリエAのインテルでレギュラー選手、そして明治大学を経てのサッカー選手、ということも試合中に紹介していました。今の中国人サッカー選手でこういう選手は居ませんし、これからも出ません。

ドローでの試合終了と共にガクッと力が抜けてしまいました・・・。まあ大学生の時に生中継観戦で「ドーハの悲劇」を経験し、涙を流していますし、1998年のフランスW杯アジア最終予選では、国立競技場の韓国戦で逆転負けを喫し、加茂周監督から岡田武史監督への変わる節目となった試合を現地で生観戦していました。それに比べればなんですけど・・・。泣けますよ・・・。

当ブログの過去エントリーでありますように、私は北京オリンピックで反町康治監督率いる日本代表戦を全3戦、現地生観戦しました。が、全敗でした。その時の「全敗メンバー」で、今回のブラジルにおける、この2戦に出場した選手が、

吉田麻也(DF、背番号3、名古屋グランパス)
長友佑都(DF、背番号5、FC東京)
森重真人(DF、背番号6、大分トリニータ)
内田篤人(DF、背番号7、鹿島アントラーズ)
本田圭佑(MF、背番号8、VVVフェンロー)
香川真司(MF、背番号14、セレッソ大阪)
岡崎慎司(FW、背番号11、清水エスパルス)

です。彼らが成長し、今回のブラジルW杯への出場権を世界で一番最初に獲得してくれ、主力として戦っています。北京オリンピック同様、本大会で1勝も出来ずに去るのはサポーターとしても苦しいです。

今出来る事に対してベストを尽くそう!
最後の最後まで頑張れ!日本代表!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。
投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ