中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2013年サッカーACL決勝戦を見にソウルへ行く(2)

今日の大連は久しぶりの雨です。大気も落ち着いており、少しは町もきれいになりそうです。

さて今日は2013年サッカーアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝戦の第二試合目が「広州恒大(こうしゅうこうだい)」のホーム、広東省の省都・広州で行われます。勝てば中国サッカークラブ至上初のアジア制覇ということで、新聞も随分ページが割かれています。

クリックすると元のサイズで表示します
今日のエントリーは昨日の続きで、先々週の10月26日(土)に「FCソウル」のホーム、韓国ソウルの「ソウルワールドカップスタジアム」で行われた、2013年サッカーアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝戦(一試合目)、「FCソウル」vs「広州恒大」の生観戦記、後半戦です。

クリックすると元のサイズで表示します
エンドが変わって円陣を組みます。

クリックすると元のサイズで表示します
後半のキックオフです。

クリックすると元のサイズで表示します
ホーム「FCソウル」のサポーターの大声援を受け、キッカーはマウリシオ・モリーナ(コロンビア、MF、33歳、背番号11、元コロンビア代表)です。

クリックすると元のサイズで表示します
後半58分、エウケソンの右からの低いクロスを敵DFが弾き、ボールは左サイドへ。孫祥が更に折り返してまた低いクロス、郜林(ガオ・リン、MF、27歳、背番号29)がちょこんと合わせてゴール。「1:2」になり、「広州恒大」が試合を逆転しました。郜林はゴール裏サポーター前まで行きガッツポーズ、サポーターは狂喜乱舞です。

クリックすると元のサイズで表示します
逆転ゴール後からの時間帯は「広州恒大」ペースとなりました。15000人の「広州恒大」サポーターは「3対1にしろ!」の大・大・大合唱です。写真はCKを蹴りに来たダリオ・コンカ(アルゼンチン、MF、30歳、背番号15)です。

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了も近くなった後半82分、日本人選手、エスクデロ・セルヒオ(FW、25歳、前浦和レッズ、元U-23日本代表)が左サイドのかなり深い位置からPA中央に低いクロス、デヤン・ダミヤノヴィッチ(モンテネグロ、FW、32歳、モンテネグロ代表)がゴール左隅に決めました。「FCソウル」は「2:2」に試合を戻しました。私はアシストした日本人選手・エスクデロに方にピントを合わせました。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴールした選手、ダミヤノヴィッチは電光掲示板で紹介されました。

クリックすると元のサイズで表示します
残り時間もかなり少なくなり、両チームがエキサイト!韓国チームvs中国チームと言えばこれでしょう(笑)。「広州恒大」のキャプテン、鄭智(MF、32歳、背番号10、中国代表)が相手選手を小突いたのが発端です。

クリックすると元のサイズで表示します
試合はそのまま「2:2」のドローで終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します
試合後、ゴール裏サポーターに挨拶に行く「広州恒大」イレブンです。

クリックすると元のサイズで表示します
選手は記念グッズをスタンドに投げ入れます。手前からムリキ、エウケソン、コンカの3人です。「広州恒大」は基本的にこの3人でサッカーをします。3人共、ボールを持った時、パスの相手は必ずこの3人の中の2人を探すのです。残りの中国人選手もボールを持ったら、まずこの3人にパスを出します。シュート、トラップ、パス、スピード、フィジカル、視野・・・といった実力が「桁外れ」に違うからです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはホーム「FCソウル」のイレブンです。

クリックすると元のサイズで表示します
メインスタンドのサポーターにも挨拶します。

クリックすると元のサイズで表示します
実に面白い試合で、わざわざ見に来た甲斐がありましたね。これは今回の遠征で泊まったホテルのある最寄り駅、地下鉄2号線「新村」駅の様子です。この試合の「告知(垂れ幕)」が貼られていました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは同駅そばのバス停で、この試合の告示ポスターですね。

以下の写真は中国のサイトからの転載です。
クリックすると元のサイズで表示します
「FCソウル」、この日のスタメンイレブンですね。選手前列左から2番目が日本人選手・エスクデロです。

クリックすると元のサイズで表示します
「FCソウル」の監督、崔龍洙(チェ・ヨンス、40歳、元ジェフユナイテッド千葉、京都サンガ、ジュビロ磐田)です。「口撃」に加え、闘志むき出しの采配でした。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前、記者会見での監督・崔龍洙(チェ・ヨンス)とキャプテン・河大成(ハ・デソン)です。

クリックすると元のサイズで表示します
一方、こちらは「広州恒大」、この日のスタメンイレブンです。

クリックすると元のサイズで表示します
「広州恒大」の監督、マルチェロ・リッピ(イタリア)です。ワールドカップ優勝1回、トヨタカップ優勝1回、チャンピオンズリーグ優勝1回、スクデット5回 、と本当に凄い(!)経歴です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、ゴールを決めたエウケソンです。

クリックすると元のサイズで表示します
「広州恒大」サポーターに向かってガッツポーズです。

クリックすると元のサイズで表示します
この写真はいただけませんね。いつか後悔する時が来ますよ。中国とはそういう国です。

クリックすると元のサイズで表示します
コンカです。「広州恒大」の司令塔です。今シーズンで中国を去ります。

クリックすると元のサイズで表示します
ムリキです。この日はかなり苛立っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴールを決めた郜林(ガオ・リン)です。

クリックすると元のサイズで表示します
両チームの10番です。イザコザを起こしたキャプテンの鄭智と、同点ゴールを決めたダミヤノヴィッチです。この日は明暗分かれましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
キレた「広州恒大」キャプテンの鄭智です。主審に止められます。キャプテンでも、32歳でも、メンタルコントロール出来ない中国代表選手です。リッピはもっと「調教」を!

クリックすると元のサイズで表示します
同点ゴールを決めたダミヤノヴィッチです。

クリックすると元のサイズで表示します
この日ゴールを決めた郜林(ガオ・リン)と競り合うアジウソン(ブラジル、DF、37歳、背番号8)です。この人も2001年から2005年の5シーズン、中国スーパーリーグ「大連実徳」に所属していました。

クリックすると元のサイズで表示します
守るアジウソンと金珍圭(キム・ジンギュ、DF、28歳、背番号6、元「大連実徳」、元ジュビロ磐田、前ヴァンフォーレ甲府)の元「大連実徳」コンビです。共に後ろ向きのショットで残念。

クリックすると元のサイズで表示します
この日、1ゴール1アシストという素晴らしい活躍をした日本人選手、エスクデロ・セルヒオ(FW、25歳、前浦和レッズ、元U-23日本代表)です。ぜひ日本代表に呼んで一度チャンスを与えてみて下さい。

今晩、中国時間の夜8時に二戦目がキックオフです。どっちが勝とうが興味はありません。日本人選手・エスクデロのみ注目したいと思います。大和魂で頑張れ!!!

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ