中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

プロ野球「名球会在大連」トークショーを聞きに行く

中秋節の三連休(19日〜21日)が終わりました。今日22日は日曜日ですが、こちら中国は「お上」主導で「法定平日」とされています。ということで、皆、出勤です。日本は昨日から三連休に入りましたね。この三連休中、大連は日中でも霞がかかった「白い空気の日々」で、湿度も高かったです。連休初日なんかは市内甘井子区でPM2.5の値が「220」超え、最悪の大気汚染状態でした。最近はまた街中でマスク姿の人民をちらほらと見かけるようになりましたね。新聞報道によれば、ここ数年来で最高気温の中秋節だそうです。今日も「白く」て連休明け、心も足取りも重いですよ。

さて、この中秋節三連休の最終日、一つのイベントがありました。「名球会在大連」と称したイベントで、元日本プロ野球の名手が一気に5名(!)も大連に来たのです。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は今回、このイベントの協力団体である地元日本人向けフリーペーパー「コンシェルジュ大連」の記事です。

柴田勲(69歳、元巨人、2018本安打)
松原誠(69歳、元大洋・巨人、2095本安打)
東尾修(63歳、元西武、251勝、野球殿堂入り)
北別府学(56歳、元広島、213勝、野球殿堂入り)
駒田徳広(51歳、元巨人・横浜、2006本安打)

と凄いメンバー(!)です。

クリックすると元のサイズで表示します
知人に買ってきてもらったトークショーのチケットは100元(=約1620円)、全席自由席でした。

アラフォー世代の私は長嶋茂雄氏の現役時代を知らず、かろうじて王貞治氏の現役最晩年を見た世代なので、柴田、松原氏は巨人のコーチとしての印象が強く、東尾、北別府、駒田氏は現役バリバリを見た世代となります。東尾、北別府の両氏はファミスタの(ひかしお、きたへふ)でも随分お世話になりましたね(笑)。

元プロ野球選手の講演会となると、個人的には野村克也、落合博満、桑田真澄の3氏がその著書の影響もあって、「聞きたいなあ」と感じていたのですが、やはり「百聞は一見に如かず」、素晴らしい実績を残した方の話というのは本当に勉強になる話が多いです。

撮影、録音禁止という前提があって、各氏とも話されたということもあるでしょう。詳しい記述は控えますが、駒田氏の、バレンティンが何故HR55本を越えられたのかという分析話、同氏の巨人から横浜への移籍の経緯話、東尾・北別府の殿堂入り両氏の、自分達に出来て何故、桑田氏が200勝投手になれなかったのかという分析話、東尾氏の、非力な人間が勝負で勝つために持つ信念と実践の話、などは非常に興味深く聞かせてもらいました。

大連に居る日本人は様々な目的で来ているでしょう。自分はビジネスという勝負のために来ています。日本人なのに日本で勝負が出来ず、流転漂流先は性悪説が中心という、この日本人にとっては最悪の国の、しかも地方中都市です。東尾氏の非力な人間が勝負で勝つための話、そして駒田氏の「都落ち」からの名球会入りへの軌跡話、は参考に、そして心に感じるところがありましたね。

大連は観光地が少ないビジネス都市で、男天国の町と揶揄される都市です。会場はおっさんというよりも加齢臭ムンムンのオヤジ中心といった感じでした(笑)。でも皆、食い入るように聞いていましたね。やっぱり誰でも束の間の少年時代に戻りますよ。娯楽の少ない中国、またこのような企画をお願いしたいですね。ただグダグダの司会者はダメ。また、5氏もお呼びしていて、更に聴衆は大人中心なのですから、もうちょっと講演時間(最低2時間)をとっても良かったのでは?

ともあれ、笑顔とユーモアを欠かすことなく、凄いメンバーで来てくださった5氏の皆様、ありがとうございました。サインボール、欲しかったなあ〜。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。


投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ