中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
July
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国サッカーの決勝戦で日本人監督対決!を見に行く(2)

今日の大連は天気は良いもののガスっていて、「PM2.5」は午前10時の段階で「100」越えです。

さて、今日のエントリーは昨日の続きで、倉田安治監督率いる「遼寧省チーム」と石崎信弘監督率いる「浙江省チーム」の日本人監督対決となった「中華人民共和国第12回運動会 U-18男子サッカー決勝戦」、試合の様子を記したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
17:00、キックオフです。石崎「浙江省チーム」は「杭州緑城」のアウェーユニホームそのままで「白」、一方の倉田「遼寧省チーム」は「大連阿爾濱」のホームユニフォームそのままで「青」です。

クリックすると元のサイズで表示します
試合開始直後のバックスタンド(向こう正面スタンド)の様子ですが、ガラガラ〜。メインスタンドはソコソコの「入り」ですが、「遠足」で来た高校生が中心です。

クリックすると元のサイズで表示します
「遼寧省チーム」をアウェー側ベンチで指揮を取る倉田安治監督です。試合開始から終了まで、常に前線に出てアグレッシブに指揮を取っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
通訳を付けずに指示を送っていましたね。「大連阿爾濱(だいれんアルビン)」のU-17で中国国内大会を制し、すでにその育成手腕は揺ぎ無いものとなっています。日本ではアビスパ福岡でユース、サテライトの監督を、ヴィッセル神戸コーチ、そしてFC岐阜では監督を務めています。

クリックすると元のサイズで表示します
一方で、こちらは「浙江省チーム」をホーム側ベンチ前で指揮を取る石崎信弘監督です。倉田監督とは対照的に「動かざること山の如し」、ベンチにじっくりと腰を落ち着けての采配でした。要所要所で前線に出て檄を送っていましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
現在「杭州緑城」で指揮を取る前日本代表監督・岡田武史監督に乞われ、同チームのU-18チームの監督に就任しています。日本での実績は言うまでも無いですね。モンテディオ山形、大分トリニータ、川崎フロンターレ、清水エスパルス、東京ヴェルディ、柏レイソル、コンサドーレ札幌、で監督をしています。この実績は凄いですね。

クリックすると元のサイズで表示します
個人的にですが、石崎監督には育成という下部組織の監督よりも、やはりトップチームの監督をやって欲しいし、その姿が似合うと思います。ぜひジェフ千葉の監督をやって下さい!複数年でやって下さい!ぜひJ1復帰に力を貸して下さい!フィジカルの強い、運動量の豊富な選手を育てて下さい!岡田監督も石崎監督を「杭州緑城」ではなく、古巣のジェフの監督に御推薦のお力添えを!

クリックすると元のサイズで表示します
前半は「遼寧省チーム」がやや優勢で終えました。内容的には特にありません。後半のキックオフです。

クリックすると元のサイズで表示します
「遼寧省チーム」のコーナーキックです。

クリックすると元のサイズで表示します
「浙江省チーム」のフリーキックです。

クリックすると元のサイズで表示します
「無観客試合」ではありませんよ(笑)。試合ですが、レベル的には日本で行われている全国高校サッカー決勝戦の方が高いと感じました。両チーム共にシュートが絶望的に下手で、とにかく枠内に飛んでいきません。フリーキックも危険性ゼロ、サイドからのセンターリングやクロスも殆ど、まともに上がりません。パスミス、トラップミスも少なくありません。ただ両チームとも日本人監督ということで、中国サッカーのお家芸である「カンフーサッカー」の姿は皆無でした。この両チーム、下手ですが「王道」を進んでいます。素晴らしい指導者に恵まれ、実際、その結果での決勝戦進出なのですから、この両チームに属する選手はこの機会をぜひ成長に繋げて欲しい、と感じましたね。こんな良い「先生」、めったに会えないし、居ないんだぞ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
両チーム譲らず90分を戦い抜き、スコアは「0:0」。勝負は延長戦に突入です。両チームとも、勝ち上がってきた準決勝の試合は二日前に行われており、中一日での試合です。体力的にはキツいですよね。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ