中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

サッカー「中国代表」選手になるにはカネである

連休(労働節)前夜ということで、とりあえず仕事を切りの良い所で終わらせるため、何かと慌ただしい一日でした。

さて、こちらの新聞のスポーツ欄では連日、サッカーの八百長裁判の模様が報じられています。中国サッカーといえば低い技術、八百長、暴力(カンフー)サッカー、買収、スポーツマンシップの否定、勝利至上主義・・・と今の日本が学ぶ事は何一つ無いどころか、「悪例の展示会」、「反面教師」と言っても差し支えはありません。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日(4月25日)付け地元紙『半島晨報』(A28ページ)の記事です。見出しは「代表選手の座が売買された、蔚少輝はカネで鄭智と李霄鵬を選出した」とあります。蔚少輝とは当時の中国サッカー協会の上層部の一人、鄭智と李霄鵬はサッカー選手で、鄭智は代表のキャプテンでもありました。記事に拠れば、5人の代表選手が賄賂でその座を得たようです。

クリックすると元のサイズで表示します
記事のアップです。八百長メンバー(代表チームスタッフ)の中に日本人サッカーファンにもなじみのある名前があります。賈秀全(か・しゅうぜん)です。J開幕時(1993年)にガンバ大阪に所属していたDFで、ラモスとの小競り合い→退場が有名です。Jリーグ約20年の歴史の中でJ1に所属した唯一の中国人選手でもあります。大連人で指導者になってもキレやすく、鉄拳制裁と八百長で有名でした。中国代表ではU−17のコーチ、U−22、23の監督&コーチ、オリンピック代表の監督&コーチなどを務めましたが、やはりその座はカネで買ったようです。記事に拠れば8万元(今現在では約102万円)とあります。日本に比べれば物価の低い中国、更にその当時ですから凄い価値ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは昨日(4月26日)付け地元紙『半島晨報』(A29ページ)の記事です。「お縄」になった、かつての代表選手です。見出しは「4人の、かつては偉大な中国代表選手が天津泰達の1部リーグ残留のために八百長に加担し800万元のカネを山分けした」とあります。「天津泰達」というのは今現在も1部リーグに参加している天津を本拠地とするサッカーチームで、800万元というのは(今現在では約1億200万円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらも昨日(4月26日)付け地元紙『半島晨報』(A28ページ)の記事です。見出しは「南勇が山東魯能の優勝と瀋陽海獅の1部リーグ残留を八百長で手助けした」とあります。南勇とは当時の中国サッカー協会の上層部の一人、「山東魯能」というのは今現在も1部リーグに参加している、山東省の省都・済南を本拠地とするサッカーチームで、「瀋陽海獅」というのは、かつて遼寧省の省都・瀋陽を本拠地としたサッカーチームです。被告人・南勇に反省の色は見られず笑っています。

このような事件が現在、今シーズン真っ只中の中国サッカー・スーパーリーグ(「中超」)と並行して報じられているため、誰一人真剣な眼差し(まなざし)で中国のサッカー、協会、審判を見る中国人は存在せず、メチャクチャな状態が続いているのが現状です。

先日のエントリーで「北京国安」vs「山東魯能」の「買収」騒動を記しましたが、この「山東魯能」の行動に対し、中国サッカー協会は処分を下しました。すると今度は「山東魯能」サポーターが中国サッカー協会相手に「支那人」ならではと言いますか、かなり下品な抗議行動を起こしました。

クリックすると元のサイズで表示します
人民元の最高額紙幣である100元札を手に、中指を立てて中国サッカー協会を「攻撃」する「山東魯能」サポーターです。「この腐敗野郎どもが!八百長野郎どもが!死ね!」ということです。女性サポーターも遠慮はしません。なお写真は中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目

クリックすると元のサイズで表示します
5枚目

クリックすると元のサイズで表示します
6枚目

クリックすると元のサイズで表示します
7枚目

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは人民元ではなく金券ですね。「贈り物」も八百長、賄賂には欠かせません。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは死者を弔う時に燃やして使われる「お金」です。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目

クリックすると元のサイズで表示します
掲げているメッセージは「中国サッカー協会はアホである」、「こんな抗議行動はやりたくないが、やらざるをえない」、「毎試合、不可解なジャッジが横行しすぎている」とあります。

クリックすると元のサイズで表示します
これは「生きた中国語」の勉強になりますね。
マヌケである「北京国安」とキチガイである「中国サッカー協会」は一つの家族である。家族の中で「子供」に当たる「北京国安」と「義父」に当たる「中国サッカー協会」は共に母ちゃんのオマ○コを喰らってろや!とあります。

翻訳のポイント(笑)ですが、
亀=王八=妻を寝取られた奴=マヌケ
邪=正常ではない=キチガイ
「北京国安」を意味する「国安」と「亀安」を、「中国サッカー協会」を意味する「足協」と「足邪」を掛けています。

漢字の発音が同じか、或いは近い場合、よくこういう「言葉遊び」が行われます。これを中国語では諧音(xie yin)と言うのですが、毎日、新聞やネット記事を読んでいると身に付きます。教科書や参考書などを読んでいるだけの「死んだ語学学習」では絶対に身に付きません。「生きた中国語」の学習であり、下品な言い回し、性的な言い回しも少なくないだけに中国語勉強の最も面白い分野でもあります(笑)。「実践中国語」と言えますね。

一番最後の「qu ni ma」は口喧嘩でよく耳にする言葉で「母ちゃんのオマ○コを喰らってろや」が適当かと思います。
何故「母ちゃん」なのか。中国は儒教の影響が強い国ですから父母を敬う=孝、を非常に重んじる国です。相手を全否定する、最大の侮蔑言葉の一つとなるのです。

言語だけではなく、儒教(特に朱子学)、毛沢東語録、トウ小平理論など、中国人たるコアの部分&金科玉条(きんかぎょくじょう)を知らずに、この国では「数字」や結果は出せません。小姐の股だけではなく、ちょっと視野を広げるだけで、楽しい駐在生活となるだけではなく、自分の教養、能力、そして付加価値までもがグッと向上すると思いますね。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「名無し」様、御訪問ありがとうございます。

陳賢太選手は在日中国人のようですね。御指摘ありがとうございました。
投稿者:名無し
>Jリーグ約20年の歴史の中でJ1に所属した唯一の中国人選手でもあります。

2002年に陳賢太(神戸ユース→神戸)という中国人の選手がおりましたが……
1年で戦力外になるレベルの線種ではありましたが、神戸サポとしては見過ごすのもなんなので、一応。
AutoPage最新お知らせ