中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

上海万博が始まるようですが(1)

先週の中日(なかび)辺りだったと思いますが、残業を強いられてラジオを聞きながら一人寂しく会社で夕食のテイクアウトの丼(中国語:「桶飯」)を食べていた時、「上海万博の開幕式のチケットがまだ残っているので、まだまだ十分に買えます!お早めにどうぞ!」なんて放送がありました。「お上」の「計算通り」には売れていないんでしょうね。

「お上」はあらゆる手段を使って、必死のPR、集客活動を図っているようで、一例を挙げると、中国のナショナルフラッグエアライン=中国国際航空(エアチャイナ)では国内外線を問わず、同社HPを通じて航空券を買った客に「漏れなく」上海万博の入場券を「おまけ」に付けています(下記「参考記事」参照)。

これ、どういうことか分かります?
既に万博の入場券の金銭的価値は殆どゼロ。「実券」に頼れず、「タダ券」をバラ撒いているということです。入り口周辺はダフ屋のオンパレードでしょうね。すでに国として、市としての収入の「頼り」が「観光収入」の一点にシフトしているんじゃないでしょうか。とにかくチケット購入に苦労した北京オリンピックの時とは大違いです。

オリンピックやサッカーワールドカップに比べれば大きく劣りますが、万博は一応、世界的規模のイベントです。開催国として名誉なことで、失敗はまあ許されません。ましてや今回の上海万博は中国共産党全面プロデュースですから、そこにはそもそも「失敗」という文字すら存在しないのであり、結果は「大成功」以外にはありえないのです。

上海市は党中央の「上海閥」、すなわち前国家主席・江沢民、また同派閥所属(?!)かつ次期国家主席・習近平の「お膝元」です。単純に大成功(?!)に終わった北京オリンピック=北京市への対抗心もあるでしょう(下記「参考記事」参照)。中国人は何よりもまず見栄(中国語:面子)が大切です。更に政治家なら将来まで左右しますからね。これなどは実に中国らしい「お家事情」ですが、日本人的に見れば実に「くだらない事情」でもあります。

報道によれば「来客が多い時は入場不可、また今度来てね!」なんていう中国らしい方針(下記「参考記事」参照)のようですが、これも

1、実情はガラガラ閑古鳥(=来客数が予想以下、タダ券入場者ばかり)が濃厚のくせに、単なる強がり&見栄(中国語:面子)。

2、「希少価値=プレミア度」を煽り、「実券」の販売増に繋げたいのだろうが、百歩譲って本当の「超満員札止め」は労働節の時ぐらいか。

3、中国独自の「常識」、即ち「3つのほしょう(保障、保証、補償)はいつ何時、如何なる理由でも行わない」、が遠方の来客(人民)、そして外国人客にとっての大きな不安となっており、来客の大きな「足かせ」になってしまっている。

と三通りの解釈ができます。

ともあれ非日常的に行われる「世界的イベント」ですから、「大成功」に導くには、何はともあれ普段では中々味わえない、ここでしか味わえない、良い意味で期待を裏切るほどの凄さが待っている、などイベントに「希少価値=プレミア度」があることを煽らなければなりません。が、私から見ると既にこの点に失敗しているがために集客が苦戦しているように思われます。

苦戦理由は3つ、

1、万博開幕式の二週間前である先週末、「F1中国グランプリ」が上海で行われた。

2、6月から7月にかけてサッカーワールドカップ南アフリカ大会が行われる。

3、青海地震の発生。

ということです。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
エアチャイナ 2010上海万博入場券プレゼントキャンペーン

エアチャイナをご利用のお客様に、2010年上海国際博覧会の入場券獲得のチャンスです!
エアチャイナ公式サイト(www.airchina.jp)から、対象料金(F, A, C, D, Z, Y, B, M, H, K, Lの各予約クラス)で航空券をご購入いただいたお客様にもれなく、2010年上海国際博覧会の無料入場券をプレゼントいたします。このチャンスを是非、お見逃しなく!
1. キャンペーン期間:2010年5月31日 航空券ご購入分まで
2. キャンペーン内容:
1) エアチャイナ公式サイト(www.airchina.jp)からエアチャイナの航空券を対象料金(F, A, C, D, Z, Y, B, M, H, K, Lの各予約クラス)でご購入になり、Eチケットナンバーを受け取られたお客様が対象です。
2) お申し込みは、Eチケットナンバー1つにつき上海万博入場券1枚とさせていただきます。
3) 数に限りがありますので、ご用意した上海万博入場券がなくなり次第、終了とさせていただきます。
4) 現金との引き換えやキャンペーンの目的以外でのご利用はできません。
http://www.airchina.jp/ja/SHA2010/index.html



上海万博会場で査証発給 外国人向け手続き簡素化

 中国国営通信、新華社は27日までに公安当局者の話として、5月から半年間開催される上海万博会場に、外国人の観光客や出展関係者らに査証(ビザ)や臨時居留証を発給する窓口が開設されると報じた。
 申請から発給まで一体的に行い、手続きも簡素化されるという。
 また、上海や北京、広州などの空港に、観光客や出展関係者専用の通路を設け、出入国手続きの時間短縮を図る。
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100327/chn1003272248008-n1.htm



上海万博、入場者が60万人を超えた場合は入場停止に

 上海万博事務局の周淮交通管理部部長は、上海万博の入場者数の調整について語った。チャイナネットが報じた。
 周部長によると、見学者が40万人に達した場合には会場に入らないよう観光客に伝え、50万人になった時には入場制限の措置を講じ、60万人になった際には公共バスの運行中止や地下鉄の会場駅の通過などの措置を実施して強制的に人数を減らすという。
 入場者数の判断は、会場に入る時の人の流れや、バス、地下鉄の利用人数などによって判断し、リアルタイムに監視することもできる。
 強制的な入場禁止措置は、万博会場に入りたいと思っている観光客から不満の声が出るのではないかという質問に対して周部長は、「入場者の安全を考えた措置のために理解を求めたい。40万人を超えた場合には、さまざまな方法で事前に観光客に知らせ、上海のほかの観光スポットに先に行ってもらい、日を改めて上海万博に来てもらえることを願っている」と語った。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0413&f=national_0413_009.shtml



上海万博大丈夫? 市民無関心、間に合わぬ建設…

 来月1日開幕の上海万博がテンヤワンヤだ。国の威信をかけた一大イベントに向け、上海市民は日常生活の一挙手一投足にまでさまざまな規制がかけられ、市内では警官が24時間、目を光らせる。「外国人の深夜の外出禁止令が出た」などのデマも飛び交うほどだ。市当局は“ガス抜き”として市民への入場券無料配布を決めたが、効果は薄いようだ。
 上海市当局は「世界最高の万博」を旗印に、市民にパジャマ姿での外出や、会場1キロ圏内の屋外での物干しを禁ずるなど、さまざまな規制を強いている。大量に動員された警察官が街中で違反を摘発しているが、その警察官たちも会期中は口臭対策として会場内でニンニクやニラを食べることを禁止されるなど、多くの我慢を強いられている。
 上海在住の日本人男性(35)は、「ここまで市当局が神経質になる理由はただひとつ」と話す。
 「なんと言っても、北京への対抗心ですよ。北京は一昨年夏に五輪を開催し、参加国からは一定の評価も得ました。中国第2の都市である上海が、五輪よりは格が下の万博で高評価を得られないようでは、市幹部の立場も危うくなる。何が何でも、成功させる必要があるのです」
 これに対して、市民の反応は冷ややか。そもそも、万博というイベント自体に理解が浸透していないうえ、会期も半年と長い。一方で、「パビリオンの1割近くは、開幕に建設が間に合わない」(楊雄・上海常務副市長)との懸念も現実味を帯びてきている。
 市民の無関心を問題視した市当局は、転売や賄賂などに使われることを警戒して禁止していた無料入場券の配布を決めた。上海市に籍がある世帯に対し、大人の普通入場券(約2400円)と市内交通カード(同3000円)各1枚を手渡すことにしたのだが、反応はイマイチだという。
 「万博に1人で行く人などいない。その他の家族にチケットを買わせたい思惑が見え見えです。上海市内の約500万世帯が家族同伴で出かければ、1500万人以上が万博を訪れることになります。そうなれば、駅や道路の混雑は確実。市民は、いまから辟易しているのです」(現地の旅行会社社員)
 上海万博は、5月1日から10月31日まで184日間にわたって開催。史上最大192カ国と50の国際機関が参加する。北京五輪のときのような混乱と非難が再び起きなければいいが…。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20100419/frn1004191629001-n2.htm
投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ