中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

東京新宿「ルミネtheよしもと」お笑い観劇記 (4)

今回のエントリーも東京新宿「ルミネtheよしもと」観劇記です。5度目の生観劇となります。

 

連日の観劇となる今回は

120日(水)「?回目」公演 12001400

です。

 

前日の公演構成とは異なり、この日の公演は前半が「コント、漫才」のネタ披露、後半が「新喜劇」の芝居披露、という通常の公演構成でした。

 

ネタ組の出演者は「村上ショージSP(村上ショージ&ぜんじろう)」、「FUJIWARA」、「バッファロー吾郎」、「品川庄司」、「トータルテンボス」、「キングコング」、「ハリセンボン」、「テンダラー」

でした。

 

芝居組は「吉本新喜劇 ほんこん班」で「ほんこん/大山英雄/シベリア文太/本田みずほ/芦澤和哉/内海仁志/原万紀子/チャド・マレーン/浜田翔子」他

でした。

 

2立ち見席まで満席(入場規制発動?)となった前日の公演とは一転、この日はガラガラ。7階にある「ルミネtheよしもと」劇場に通じるエレベーター(10時に運転開始)前に9時半に着くも待っている客は1人だけ。ということで、わざわざ待っている必要もないかと判断して、新宿駅南口周辺にある適当な食事処で朝食を済まし、10時になる5分前ぐらい前に再びエレベーター前に戻ってきました。それでも待っている客は4,5人しかいませんでした。10時になって7階に通じるエレベーターの運転が開始し、7階劇場窓口前に再び並ぶのですが、余裕で、それも列の一番前となりました。


 

110時半になって窓口で発券&引き換えが始まりましたが、この日は「大不入り」のようで、私は前から3列目、中央ブロック右側通路すぐ横をもらいました。この規制だらけの1000円チケットで、しかも当日、開場30分前の発券ということを考えると、かなりの良席です。実際公演が始まっても劇場の後方4分の1は全て空席。この日出演の多くの芸人さんがこの寂しい現象をネタにしていました。

 

3さて「前説」は若手芸人の「バウンサー」。通常「前説」担当の若手芸人は「前説」終了と共に以後終演まで再び出てくることは無いのですが、この日は「品川庄司」がスケジュールの都合で本来の出演時間に間に合わず、急遽その場を埋める為に「事情説明」に、更には「ネタ披露」にまで「再」「再々」出演しました。彼等によればルミネでのネタ披露は初めて(通常公演初舞台)ということでしたが、ネタの内容自体は悪くなく、面白かったです。個人的にこの日の「MVP」は彼等だと思いました。突然のネタ披露でしたが、舞台袖で「キングコング」の西野がサポート(緊張ほぐし?アドバイス?)していたのも先輩らしい、微笑ましい光景でした。前方列のサイドブロックに座っていましたから、その一部始終がよ〜く見えてしまいました。

 

ただやはり、この日の出演は彼等にとって特別な日となったようで、共に自分のブログでこの日の珍事(?!)を綴っています。せっかくなので「バウンサー・斉藤」のブログ「バウンサー・レオ」のブログ、共にこの日のエントリーを紹介しておきます。

 

この日のネタ組は「トータルテンボス」、「ハリセンボン」が特に面白かったです。特に生の「ハリセンボン」は登場と同時にその外見だけで既に客は爆笑。近藤の26歳という外見とのアンバランスさ、よく言われる似ている芸能人の話で爆笑。また箕輪の体の薄さもネタで取り上げられていましたが、実際に見てみると驚きの薄さでした。

 

「FUJIWARA」は面白かったですが、他の芸人さんに比べ、演じる時間が短すぎて残念。面白いコントだっただけにもう少し見たかった。「バッファロー吾郎」は竹若が元気一杯、そして大声でコントを演じるも、会場は空回りで全然ウケずに気の毒。「キングコング」は前日見た漫才と一部しか内容が変わらない森の熊さん輪唱ネタ、「品川庄司」は遅刻の為、「新喜劇」が終わった後に一組だけ改めてネタ披露、といういつもとは違う流れでした。庄司が「ミキティ〜!」という絶叫ネタでも一発やれば客席は一気に盛り上がり、また贖罪の念も感じられますがそれも無し。肝心のネタは終始グダグダでそれほど爆笑も起こらず。結果的にこの日の公演の「トリ」を立派に務めたとは言い難く、「終わり良ければ全て良し」の逆をやってしまいました。

 

芝居組ですが、以前「人志松本のすべらない話」で「ほっしゃん。」が先輩「シベリア文太」という芸人の活舌(かつぜつ)の悪さについての話を披露しており、その話がなかなか面白かったので、この芸人さんに少しながら興味を持っていましたが、今回の「新喜劇」で実際に彼を生で見る機会に恵まれ、楽しませてもらいました。この「活舌(かつぜつ)の悪さ」はあくまでネタとしてやっているのかは不明ですが、この日は「ほんこん」との面白い絡みを見せてもらいました。

 

このところ「板尾創路」、「アンタッチャブル柴田」、と個人的に好きな芸人さんが「体調不良→休養」となり非常に心配ですが、健康第一で早く回復、復帰し、再び我々を笑わせてくれることを切に願いたいと思います。

 

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ