中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2010年 大韓航空(大連⇔ソウル⇔成田)ビジネスクラス搭乗記(1)

前回のエントリーでは中国のエアラインらしい(?!)「汚い」話題を取り上げてしまいましたが、今回からのエントリーは一転、「上質な空間と時間」を取り上げていきたいと思います。

以前、大韓航空(コリアンエアー)のマイレージプログラム(スカイパス)ではヒラ会員にもかかわらずエコノミークラスからビジネスクラスに「インボランタリー・アップグレード」してくれた時の体験談を書きましたが、「大連⇔ソウル(仁川)経由⇔成田」と往復ビジネスクラス(大韓航空では「プレステージクラス」と称しています)に乗りましたので、その搭乗記を書きたいと思います。年末年始、春節で日本に一時帰国する方も多いと思いますが、帰省時の参考にでもしていただけたら幸いです。

まずは「大連⇔ソウル」線の搭乗記です。

チケットですが、大連森ビル17階にある大韓航空大連支店で購入しました。総額は7337元(約92500円、ビジネスクラス、ブッキングクラスは全路線「C」)でした。この時、対応してくれた方は男性社員でしたが、その場でパソコンのモニターを一緒に見ながらシートを選択させてくれたりで、なかなか良い接客応対でした。なお同ビル内に「同居」しているANA、JALですが、「大連⇔成田」の往復ビジネスクラスのチケット総額は約11500元(約145000円)になりますから、大韓航空では「経由」という手段を使うものの、かなりの割安感があります。

クリックすると元のサイズで表示します
さて大連空港です。現在、向かって左側を拡張工事中です。

クリックすると元のサイズで表示します
大連空港内のラウンジです。基本的に大連に就航しているエアラインが全て共同で使っています。お昼の日系エアラインが出発し尽くすと、ラウンジ内は片手で数えられるほどの利用客数となります。中国らしく、置かれているのは「駄菓子」と「常温の飲み物」が大部分を占めますから無料とはいえあまり手は伸びません。ただ日系エアラインが就航している空港ですので日本の新聞が置かれています。まあここは広さだけはありますし、ガラガラなので一人静かに、思いっきりのんびりは出来ます。ここで40分ほど時間を潰しました。

クリックすると元のサイズで表示します
大韓航空が「大連⇔ソウル」線に使っている標準使用機材は「ボーイング737−900」です。「737系」の最新型機材ですね。小型機材ですからビジネスクラスエリアは前方に2列8席あるのみです。飛行時間はたったの約50分で、あっという間に到着します。ソウル仁川空港で撮影しました。

ラウンジの受付カウンター嬢が搭乗時間を告げに来てくれましたので出発です。搭乗口に行ってみるとこれまたガラガラで乗客は既に搭乗を終えていました。最後の搭乗客となったようです。私が機内に入るとすぐに飛行機のドアが閉められました。機内最前列の席に座ります。シートベルトを閉めるとすぐにウェルカムドリンクが運ばれてきました。グアバジュースとピーナッツを頂きました。

機内食のメニューに目を通します。この路線のメニューは韓国語、中国語、英語表記のみで日本語表記はありません。しかしこの路線には日本人CAさんが一名、いつも搭乗していますので、言葉がダメな方も心配無用です。それだけ日本人利用客が多いということです。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは「行き」の便=「大連→ソウル」線のこの日のメニューです。まずはドリンク(アルコール)です。シャンパンが無い・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
選択不可の「軽食」です。

クリックすると元のサイズで表示します
食事が運ばれてきました。ローストビーフのサンドイッチです。なかなかボリュームがあって美味しかったです。赤ワインを頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「帰り」の便=「ソウル→大連」線のメニューです。

クリックすると元のサイズで表示します
運ばれてきた食事です。ローストチキン&スパイシーソースのサンドイッチです。私は「辛さ」に弱いので、個人的にはまずまずでした。こちらの路線はサラダではなく、スープ(ヒラ豆のクリームスープ)でした。

飛行時間が短いので、到着が近づき、飛行機の下降が始まっているのにもかかわらず、ビジネスクラスエリアでは皆まだゆっくりと食事中です(笑)。これも初めての経験でした。ちなみに免税品はいつでもCAさんを呼び止めて買うことが出来ます。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ