中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

本日開港!大連から「首都圏の第三空港」=茨城空港の利用を考える

報道によれば本日「首都圏の第三空港」=茨城空港が華々しく(笑)開港したようです。関東人の私としても興味ゼロという訳ではなく、また公式サイトも新たに始まったようなので訪れてみましたが、かな〜り悲惨な状況ですね・・・。

現状をまとめると
国内線定期便は「神戸」線のたった1本のみ、それも来月4月16日から運行開始(悲)
就航エアラインは最近何かと不祥事連発で話題を提供している「スカイマーク」
神戸(8:20)→茨城(9:35)
茨城(10:35)→神戸(11:55)

国際線定期便も「ソウル」線のたった一本のみ(悲)
就航エアラインは韓国の「アシアナ航空」
ソウル仁川(10:00)→茨城(12:00)
茨城(13:00)→ソウル仁川(15:20)

チャーター便が数本利用予定有り

公共アクセスはバス。最寄のJRの駅までは航空便の離発着の時間に合わせての運行で
「茨城空港→JR石岡駅」約40分、600円
「茨城空港→JR水戸駅」約70分、1100円

この最寄の駅からJR東京駅に向かいます。(「Yahoo!路線」で検索)
「JR石岡駅→JR東京駅」(特急を使わない場合) JR上野駅で乗り換え1回、1時間54分(乗車1時間34分、ほか20分)、1450円
「JR水戸駅→JR東京駅」(特急を使わない場合) JR上野駅で乗り換え1回、2時間26分(乗車2時間6分、ほか20分)、2210円

「百聞は一見に如かず」。何でも「生体験派」の私としては、せっかくなので一度「大連→ソウル→茨城」の路線で東京に帰ろうかと考えましたが、時間的にも、コストパフォーマンス的にもダメなようです。というのもこの唯一の国際線、アシアナ航空の運行時間が「ソウル(10:00)→茨城(12:00)」となっています。「大連〜ソウル」線は毎日計5往復(中国南方航空2往復、中国国際航空1往復、大韓航空1往復、アシアナ航空1往復)も飛んでいるという「ドル箱路線」ですが、最も早い便、つまり朝の中国南方航空でも大連を8:30発です。ソウルまではたった1時間の空路ですが、中国と韓国には1時間の時差があるので到着はソウル時間では10:30になってしまい、茨城行きのフライトには間に合わない、つまりソウルで一泊しなければならないんですね。

大連→ソウル(空路1時間)、ソウル一泊、ソウル→茨城(空路2時間)
というわけです。
更に東京駅までのアクセス、
「茨城空港〜JR石岡駅」(バス約40分)、「JR石岡駅〜JR東京駅」(電車1時間54分)
ということを考えると大連→茨城の飛行時間総計、そして茨城空港→JR東京駅の移動時間の総計が殆ど同じ(!)なんですね(笑)。このアクセスの悪さ、本当に「首都圏の」第三空港などと称してもいいのでしょうか?!

現状打開策をLCC(=低コスト航空会社)に期待する面もあるようですが、これも難しいですね。というのもこれらのエアラインを「積極的に」使う利用客と言うのは失礼ながら基本的に富裕層ではありません。出費を出来るだけ、少しでも抑えたいと考えている人達です。当然、首都圏=東京までの移動に特別運賃の発生するJRの「特急」は使わないのです。「ただでさえ日本は何でも高いのだから、移動は最小限の出費で!」がまず第一条件です。この条件は絶対に譲れないとして東京までの移動を考えた場合、前述した通り、最小費用は2050円、最短時間は約2時間40分です。まあ茨城空港からJR東京駅までは途中JR石岡駅、JR上野駅で計2回の乗り換えが必須ですから、言葉の分からない外国人にとっては乗り換え時の混乱も想定して、まあトータルで3時間近くかかると見ておくのが妥当でしょう。

LCC(=低コスト航空会社)で日本に来た非富裕層の外国人がJR東京駅までの移動だけで約23米ドル、しかも3時間以上・・・。「木」を見ただけならば安いかもしれませんが、冷静に「森」を見ればそれほどのメリットは感じられないということです。

私的にはソウルに一泊する用事があって、しかも時間的、金銭的、そして何よりも気分的に余裕があった時に「話のタネ」に利用してみるぐらいですかね。

ところで反対路線、つまり「茨城→大連」は検討に値するかって?
検討に値しませんね。何故なら日本には大連と違い極端に安く買える「格安航空券」という「武器」があるからです。一日1便、それも他社との競合が無いこの茨城発の路線のチケットが成田発同様の「格安」の値段で出回ることは考えられないからです。成田発の方が茨城発に比べて何倍も安いという現実を見る事になるでしょう。ですから極端に安く買える「格安航空券」が出回らない「大連」発でしか購入かつ利用検討には値しないということです。

更にはJR東京駅から茨城空港まで片道約3時間、空港はガラガラですからチェックインの手続きもすぐ終わることが予想され、離陸1時間前にでも着けば十分でしょうけど、それでもJR東京駅を離陸4時間前に出発しなければいけない。自分にとっては空港到着までが既にちょっとした「旅行」であり、駅弁まで楽しめちゃいますよ・・・。

結果的に大連のみならず中国で働いている関東人、いやそれどころか茨城県民の方でも利用はメリットよりデメリットのほうが大きいと言わざるをえなく、現状では名前だけの、とんだ「首都圏の」空港に過ぎず、全く「使えない」ようですね。まずは空港から最寄のJRの駅までのバスの無料化(→石岡駅600円、水戸駅1100円)から始めましょうか(笑)。

とことんコストを切り詰めたデフレ空港!
これをキャッチフレーズにやっていくしか今の御時勢、生き残り策は無いように思われますがどうなんでしょうかね。

「U字工事」が茨城を笑いのネタにする理由が「激しく」分かるような・・・。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。




参考記事:
スカイマークに立ち入り=相次ぐ不祥事受け−国交省

 スカイマークの副操縦士が社内規定に違反し、操縦室内でデジカメで客室乗務員らと記念撮影していた問題で、国土交通省は11日、東京都大田区の同社本社を抜き打ちで立ち入り検査した。ほかにも法令違反がないかなどを調べる。
 同社は副操縦士によるデジカメ撮影のほか、西久保慎一社長と井手隆司会長が体調不良の客室乗務員の交代を求める機長の安全判断に介入。機長を交代させ、客室乗務員はそのまま運航させるなどの不適切な行為を行い、国交省から文書で厳重注意を受けている。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100311-00000078-jij-soci
投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ