中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2020
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「支那」という言葉について考える

07年最後のエントリーとなる今日は「支那」という言葉を取り上げたいと思います。この言葉、多くの方には「差別用語」として、口に出すのも「ダメ!」と認識されている事と思います。

 

現在、実際のところ、この言葉が蔑称かどうか日本国内では意見が分かれており、議論の余地有りだそうです。従って(?!)現在は「放送禁止用語」でもなく、テレビにおいても発言時に「ピー」という音声が入れられる事もありません。某知事さんがマスコミを通じて多用する事は御存知の通りです。

 

現状の一般的な解釈としては「中国に批判的な人が使用することの多い言葉」といったところでしょうか。中国人でも日本に批判的な人が何でも「日本鬼(日本野郎、クソ日本)」を枕詞に使用するのと同じ感覚ですね。

 

日本の小・中学生の義務教育の教科書、また皆様のご家庭にもある日本地図、世界地図には九州の西方及び沖縄県の琉球列島の北及び北西側を指す海域の呼称として、東「シナ」海という表記が堂々とされています。当然この単語、日頃、多くの方々が特に違和感も感じず普通に使っています。ニュースでも『現在、台風○号は東「シナ」海を時速○キロの速さで北上中・・・』など台風シーズンにはおなじみのフレーズですね。

 

「シナ」も「カタカナ使用なら良い!」とか「漢字使用はダメ!」という討論はこの際止めましょう。口に出してしまえば発音・アクセント共に一緒であり、日本語が堪能な中国人の前で『あっ、今私が使った「シナ」という言葉は「カタカナ」の「シナ」だから誤解(気を悪く)しないでね!』などとは言えないでしょう。

 

では中国側はどう捉えているのでしょうか?こちらの方も千差万別というのが現状のようです。ここ大連ではパソコンで「支那」という言葉を検索しようとすると自動的にアクセス禁止になります。一方で「カタカナ」や「ひらがな」での検索は問題無く繋がります。まあ中国ですから「カタカナ」や「ひらがな」までもの検索(日本語フォント)は未対応というのが現状でしょう。日本人の「中国に批判的な意味での使用」に対しては当然のことながら認めない!でありますが、ではこの「支那」のいう言葉を完全に抹殺しているかというとそうでもありません。

 

ここに一枚の世界地図があります。大連の新華書店で購入した普通の一般中国人向け、中国製の物で、国名、地名などはもちろん全部中国語(漢字)です。

『世界全図』、出版は「ハルビン地図出版社」、発行は「2007年1月・第11版」、値段は6元でした。もちろん誰でも簡単に買う事ができます。

 

それを見ると中国雲南省とミャンマーの国境、そのミャンマー北部に「密支那」という都市があります。中国販売の世界地図に載っているぐらいの都市ですから中国側から見てそれなりの大きい都市、または何らかの意義がある都市と思われます。日本で販売されている日本人向け地図ではこの都市は「ミッチーナ」と表記されています。

 

私なりに調べましたところ、この中国・ミャンマー国境のミャンマー北部には四川省・雲南省の中国南部から日中戦争・及び国共内戦時の戦火を逃れるため、国境を越え、この地に移り住んだ方が多いとのことです。今ではこの多くの方々が「華僑」となり、実際、この地において小学校建設など「故郷」の再興、近代化に熱心に活動されている方は多いです。私は旅行先でこの方々とたまたまお会いした時、この「密支那」という地名の由来について聞いた事があります。

 

それによると

1、単に地名の「音(発音)」を漢字に当てはめた。

2、上記の歴史的背景を考慮した上で漢字を当てはめた。

の2つの意見を頂きました。

 

「支那」という言葉の解釈は今でこそ「日本人の中国に批判的な人が使用することの多い言葉」となっていますが、以前は逆でそうでなかったのは御存知の通り。中国側が自ら使っていた事も確認できます。

 

「自分に甘く、他人に厳しい」中国人、そして他国に対し内政干渉とも受け取られかねない行動もママ見られる中国政府、「支那」という単語のアク禁、そして言論・出版の自由が無い(検閲)というこの「性格」、現状を考えると、自国出版の老若男女、いや外国人まで誰もが買えるこのありふれた一般的な地図に他国の都市名とはいえこの単語を自ら(ここが大事!)使用、当てはめる、それも07年製現在の物にまで、ということは「決してありえない」、それどころか「極めて異常」と考えるのが当たり前なんですね。自国ならまだしも、どうでもいい他国の都市名ですから単なる当て字=似たような発音の漢字を当てるだけで良い。「中華」の国がわざわざこの「いわく付き」の字を選び、当てる必然性は無いのです。

 

蛇足ながらこの地図、日本海はしっかりと「日本海」と記されています(!)。どこかの国がわがままで主張する併記や改称はありません。

 

我が国の「東シナ海」呼称、表記、教育も「日中友好阻害、差別、反中・蔑視教育」を名目・理由に中国側から問題提起されれば「親中」福田政権、それも訪中のこの時、そして最大の野党も「親中」という今の「親中」一丸の日本の国会情勢では日本側としては対応せざるを得ない。「靖国問題」以上に相手(中国)側の主張に筋が通っている(正論?!)事が多い上、今の日本では「平等公平・格差是正」の実現には無条件に対応しなければならないということが「常識」になっているからです。でも実際、中国側はしてこない。「過去(自らの使用)」と「現在(「密支那」の使用)」があるからでしょう。

 

韓国の首都・ソウルもつい2,3年前までの呼称、表記は「漢城」でしたが、「マイナスイメージ」を含むという韓国側の提起もあって、今では韓国側の提起呼称「首爾」の使用が一般的です。実際今では大連の飛行場や港、またこの07年版地図でも呼称、表記は「首爾」です。お堅いイメージの中国が相手側提起による呼称、表記の変更をあっさりと「認め」使用しています(驚!)。大連からソウルまでは飛行機で片道約50分。各エアラインが計1日5往復も飛ばしています。空港での「首爾」表示となった時の新鮮さは今でもはっきりと覚えています。

 

「支那」という言葉に敏感な方も「東シナ海」という言葉を使っていないかというとそうではない。この方たちが「東中国海(?!)」、または中国での正式呼称「東海」を使っているかと言うとそうでもない。長期滞在日本人の「自称・日中友好論者」に至っても「東シナ海」を平気で使い、口にし、「東海」に至ってはその名も知らないなんてのがザラにいます。「超」敏感な方でも日本政府に「東シナ海」呼称、表記、教育の疑問・変更を提起していない。中国政府に「密支那」呼称、表記の疑問・変更を提起していません。

 

「シナ」は良いが「支那」はダメ(?!)、「東シナ海」は良いが「シナ人」はダメ(?!)、と言われると私如きの人間にはよく分かりません。「しな」という言葉、口に出したら「発音・アクセント」共に同じで、使った事には変わらないんですから。私程度の人間でもすっきり分かる「公式見解」の日中早期発表をお願いしたいぐらいです。

 

もはや「言葉狩り」です。

 

長々と述べてしまいましたが、多くの方のおっしゃりたい事は『一般認識では「支那人」というのは中国人に対する蔑称表現であり、使うべきではない』という事でしょう。それは私も十分に承知しています。私も「日中友好、平等公平、平和共存」の理想を持つ日本人です。でもやはり現実は難しいですよ。この地に来ると、仕事が絡むと、尚更です。

 

日本における中国人のイメージは決して良いものではなく、マイナスイメージの方が強い、現実に外国人犯罪も国別に見れば中国人が際立っています。凶悪犯罪も少なくありません。これは事実です。この日本人の持つイメージ、現実を裏切らず(?!)そのまま踏襲してしまう一部の人間が私にとってのこの区別対象です。先日のこちら大連におけるスタバでの事件、タクシーにおける事件もこのような人間による一方的な犯罪です。一歩間違えれば最悪のケースを迎えていたかもしれません。こちらは何も(ほとんど)非が無いのにです。

 

日本と違い、こちらの暴力による喧嘩では必ず「とどめが刺されます」。具体的に言えば相手が自分を追いかけてこられない状況にするということです。そのためには動けなくなるように目や胸などの急所もためらわずに狙います。勝てなければ仲間を呼びます。そして疾風の如くその場から逃げます。それがこの国の「現実主義」思想に沿った「当たり前」の喧嘩の仕方ですし、前王朝を頑なに否定し、その関係者は消すという、この国の歴史に沿った「常識」でもあります。極東の一小国・日本の文化「卑怯や武士の情け」はこの国では無いし、理解にも苦しまれます。こんな「具体的な事」も日本人は知らないし、知る由もありません。

 

私は中国人を「中国人」・中国人・「支那人」の3つに区分していると前々回のエントリーで執筆しました。お叱りは最もです。ただやはりどうしてもこういった前述の人間を等しく、同じに中国人として見る事はどうしても出来ません。またこの国、それも「満州帝国の玄関」と称されたここ大連に長期滞在している自分としては、何度現状分析を繰り返しても出来ないのです。どうしても「支那人」としか「括れ」ないのです。「かぎ括弧」を付けたのはせめてもの私の抵抗です。来年からは日本の教科書表記通り「シナ」とカタカナを使うようにする。これぐらいまでしか出来ません。

 

私の意図は「支那人」という言葉の使用を勧めるものではありません。あくまで私がこの弱小ブログ内で上記のような「人間」を「括る」ために使用した言葉です。最も御理解いただき易い言葉だと思ったし、この「支那」という言葉を自分なりに分析した上で「かぎ括弧」を付け、自分なりに区別を付けたつもりです。

 

面積は日本の約26倍、人口は10倍以上、56民族。やはり中国というのは本当に特殊な国です。中国を日本の感覚で何事も「一つに括る」のは無理です。初めてこの地に渡り、ある一人の日本長期滞在経験のある中国人との出会いを経て『この国では「全て」信じるな、日本とは「全て」反対と考えろ、多角的な視点を持つ人間になれ』と言われました。極論ですよ。初めは全く意味がわかりませんでしたが、最近は徐々にわかるようになりました。本当に最近です。

 

日本も今年一年を表す言葉に「偽」という言葉が選ばれました。少なくとも明るい一年ではなかったと言えます。また『「異・違い」を考えるという事も必要なのではないか』と改めて再認識、再確認され、これは同時に「市民権」が得られたことでもあります。個人情報保護法の呪縛、マスコミ報道の真偽、オレオレ詐欺、食品の偽装・・・。悲しい、認めたくない現実ではありますが、時代は確実に動いています。

 

最後になりましたが、読者の皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。今年一年、駄文にお付き合いいただきどうもありがとうございました。

 

 

                                                「中国遼寧省大連で生きるおっさん」管理人

ブログのランキングに参加中です。クリックをしていただけますと更新の励みになります。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ