Twitter:@arisamag2

2009/6/29

児童文学ってちょっと憧れの世界  アニメ
 突然ですが、児童文庫って面白そうですよね。
 ポプラ社やらが出している新書サイズのアレです。

 一度何か読んでみようかと思うのですが、さすがにこれをおっさんが読むのは無理があるかなぁと思うと手を出し辛いのですよ。

 その児童文庫の中でも飛ばしてるのが“角川つばさ文庫”
 ライトノベルで培ったノウハウをフル活用……てか流用しまくってます。
『スレイヤーズ』が出てきたときにはまだ「…まあ児童文学ってファンタジー流行ってるし、他社からフォーチュン・クエストも出てるし」と驚かなかったが『涼宮ハルヒの憂鬱』まで出してるのには驚かされた。
 しかも『スレイヤーズ』は児童向けに絵も文章も直しているのに『ハルヒ』はざっと読んだ限り挿絵も文章も殆どそのまんまでした。児童が読める文体ではない気がするんだが。てか、“憂鬱”がいきなり読めない(笑)。


『ハルヒ』と言えば、アニメの方の話ですけど、まさかエンドレスエイトを三話(もしかするとそれ以上?)も引っ張るとは思ってなかったぜ。
 原作既読組の予想とその裏をかこうとする制作現場側との闘いが想像されますが、冷静に振り返ってみて、こんな、やろうと思えば一話で解決するような話を引っ張られてもなぁ(苦笑)。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ