Twitter:@arisamag2

2009/6/21

むしろリベンジされてる  映画
 遂に『トランスフォーマー/リベンジ』が上映中なわけですが。
 私も観ましたよ、字幕で。

 ところで、これから映画館に向かう人へ、鑑賞の前に、言っておきたいことがある。
 パンフレットは映画史上に残るぐらい中身が無いので買うな(笑)。
 そしてアルティメットガイドも2ページしか読むとこないから買わない方が無難だぞ。おまけのポスターがカッコイイけどな。
 ぶっちゃけ、売店ではディフォルメシールでも買った方が有意義かと。

 ……ああ、あの金で飯でも食えば良かった。(←そこまで言うのか)


 では、気を取り直して感想文いってみよー。



 前にもどこかで書いたかも知れませんけど、私「マトリクスを継承した者がオートボットのリーダーになる」って設定、あんまり好きじゃないんですよ。なんか民主的じゃないじゃないですか(笑)。ロディマスコンボイが出てきてマトリクス云々言い始めたときには大変ガッカリしましたよ。
 まあ、民主的云々はともかく、なんとなくコンボイには「現場叩き上げタイプ」のリーダーであって欲しかったんですよね。
 ですから前作でオプティマスが胸を開いたときにマトリクスが無かった事にある種の安心を得たんですよ。

 そしたら今作でマトリクス出てきやがんの(笑)。しかも「プライムの子孫」だとかより高貴で民主的でない方向に進化しちゃってるよ。小説だと「プライム王朝」だとか「プライムは生まれついてなるものだ」とか徹底的に民主的じゃないよ!(笑)すっかり王子様か何かだよ!

 まあ、それはともかくとして、デバステーターが合体用と変形用が別個体なのはなんとなく予想してました。変形用ランページが玩具と色違うのは予想外だったけど。

 映画全体の印象として『ガメラ2』を思い出す。
 ミリタリー描写もそうだが、オプティマスが中盤で一旦死ぬ→復活後は反則攻撃ってあたりも。でもオプティマスのフォールン退治はハヌマーン風味だったような気もします(笑)。皮剥ぐなよ。

 不満は、物語がサムとオプティマスに焦点が絞られすぎていて、他のTFキャラクターが薄味な点ですかしらね。
 戦闘シーンが盛り沢山な割に、ドラマパートでは人間のキャラしか印象が残ってないのよね。前作での庭コントは大切だったんだよ!前半の会議のシーンではオプティマスだけでなく他のオートボットにも発言の機会を与えるべきだったかと。

 前作では映画上映後、登場キャラの玩具がバカ売れしたわけですが、流石に今回はそうはいかないんじゃないかなー。ジェットファイアに一瞬で潰されたミックスマスターとかが売れるとは思えんですよ……と、思ったが映画館に近い量販店では軒並み品切れでした。ロボットモードがマトモに映らないまま一瞬でスワイプに真っ二つにされた奴すら(笑)。

 前作と今作をトータルして強く思ったのは、「私が観たいトランスフォーマーの映像」ってのはあくまでも30分フォーマットの1エピソードであって、(アニメ映画の『ザ・ムービー』も含めて)長編映画というのは「ちょっと違うのかもな」ということ。
 沢山のロボットが入り乱れる…その時点で2時間の映画1本ってのは尺が足りないじゃなかろうかと。
 そんなわけで、実写TFも映画ではなくテレビシリーズだったらもっと気に入るのかもなあ、なんてことを思ったり。
 いや流石の米国もテレビドラマにあんな予算かけてられないと思うけどな(笑)。

 ところで、今回は字幕版を観たのですけど、両方観た人の意見によると字幕だと翻訳がかなり端折られてるそうで。前売りもう一枚あるので確実に吹き替え版観に行きますが、印象がまた違ったりしますかしら。



 ちなみに今のところ私が買ったリベンジ玩具はオプティマスだけだ。前作では細かいのをチマチマ買っていたのだが、今回は大型商品一発勝負で行こうと。今までのオプティマス商品で本編に似ていてほしかったポイントが殆どクリア出来ているのが素敵過ぎ。あとは横から見たときに平べったかったら完璧だったのだが。
 合体するジェットファイアは我慢……出来たら良いですよね。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ