Twitter:@arisamag2

2008/9/22

ピータン料理って何だろう  まんが雑文
 先日、くらオリ11月号の感想で『うちの姉様』(作:野広実由)に遠野くんが出てこないって言ってたじゃないですか。

 でも今日、まんがタイムスペシャルの11月号を買ったら『なないろレシピ』(作者同じ)の方にチラっと出てきてました(笑)。

 それが「須田さんがメガネ学生カフェに行った」というネタの中での登場だったので「それはくらオリ10月号の話だな」と確認してみたら、ちゃんと『姉様』でも客の中に須田さんがいました。
 なんてわかりにくいリンクを(笑)。
 10月号を捨てていたら気付かないところだったよ。



 ……と、このように、同じ作者のキャラクターが別の作品に出演するのは、手塚スターシステムの頃からの、マンガ読書のお楽しみではあるのですが。

 最近の4コママンガってこの手のゲスト出演が多過ぎる気がしません?
 
 出版社が別だったり、ゲストキャラが必要以上に目立ちすぎたりと「これ、作者の作品全部知っている人以外には意味不明なのでは?」と思う例もチラホラと。

 今回の『なないろレシピ』については、遠野くんは本当にチョイ役だし、須田さんは「クッキングスクールの生徒その1」みたいな個性の弱いキャラなので、キャラクターについては知らない人でも大丈夫だと思います。

 ただ、『姉様』ではエピソードの主軸であり、存在自体がギャグだった“メガネ学生カフェ”を、『なないろ』のオチとして使うのは唐突過ぎるように思えて、これは『姉様』を知らない読者には引っかかるところではないかと、ちょっと気になりました。
 オチの為に訳の分からないカフェをでっちあげた様に受け取られそうな。

 まあ、最近の”なんちゃらカフェ”のバリエーションを考えるとメガネ学生カフェなど特殊とは言えないのかも知れませんけど。




 あ、これまで存在感の薄かった須田さんが「訳の分からないカフェに詳しい」という個性を得たと考えれば良いのかも(笑)。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ