Twitter:@arisamag2

2008/3/30

高く空まで飛んで  アニメ
 今宵は終わったアニメの感想でも書きますかね。


●『機動戦士ガンダム00』
 実はVガン辺りからテレビのガンダム(本放送)は1クールぐらいで観なくなる(理由は様々)ことが多いのだが、今回はちゃんと最後まで観たよ…いや、2クールしかないから着いてこれただけな気もするが。

 まー、なんといいますかね、割と多くの人が思うところでしょうけど、リアルロボットアニメ…主人公が兵器に乗り込んで戦う一兵士という設定で、敵や上層部、民間人と絡めたドラマを描くことって難しいものだなぁと思いました。
 普通の国連大使は高笑いしながら一人乗りの兵器で主人公のところまでやって来てくれないですからねぇ(笑)。

 国連大使だけでなく、他の敵連中も主人公との因縁は結局戦場の中でのドツキあいしかないわけで、それもあって、最終決戦もどこか薄っぺらく感じてしまうところがある。
 主人公の敷地内にあるドラマを着地点に持ってきた方が良かったんじゃないかなぁ。

 前作『SEED DESTINY』で、偽ラクスが死ぬ話を偶然観たことがあったのですが、あれも普通ならホイホイと会うことが出来ないラクスやキラの目の前で偽ラクスに死んでいただく為の強引なお膳立てが目立つ話だったなぁ、なんて事を思い出したりしました。

 あと、今更な話なんですけど、イオリアさんは、やっぱり「武力による戦争根絶」を本気で考えてらしたんですか(笑)。
 番組序盤でその思想への疑問や矛盾を登場人物に語らせておいたのに、結局それを解消せぬまま、いつの間にか無条件で正しいということになってしまったように思うのですが。




●『狼と香辛料』
 最終回は、良い怪獣映画でした(笑)。
 いや、マジでマジで。
 ホロがビーストモードで暴れ回っている様を観ていて「ああ、これがダイナメーションだったらさぞかし気持ち良いシーンになるだろうな」と。
 怪獣映画と言っても洋画系ってことですね。

 密輸関係のからくりはもちろん理解することを放棄(笑)。
 「なんかロレンス達が生きてると損するから殺そうとした」程度の理解で良いんだよあんなものはっ!(←逆ギレ)

 あの樽の中に入ってるのが桃の蜂蜜漬けなんでしょうか。
 旨そうに食うシーンが見たかった。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ