Twitter:@arisamag2

2008/2/28

余計なところばかりに届く  まんが雑文
 まんがタイムオリジナル四月号の、あるセリフが心に響く。

 それは『ラディカル・ホスピタル』(作:ひらのあゆ)最終ページの、榊先生のセリフ。以下引用。

「オレはアリンコ労働者に違いないと思うけど 精神的にはキリギリスなのかもなー」

 ……ああっ、私の心のナイーブな部分を直撃しやがった!

 そうなのよ、最近、当ブログ中でも年相応がどうしたとか、生活環境の変化がどうしたとか、ついでに頭髪がどうしたとか年齢系の愚痴をこぼすことが多いですが、その悩みの根っこにあるところが正にこの「アリンコだけど精神的にはキリギリス」……「流されるままに今まで働いてきたけれども、先行きの事を何も考えていなかったツケを支払わされる時期にきているかも知れない」という漠然とした不安なわけですよ。

 ……ああ、染みるよ、今の私には重すぎる言葉っすよ榊先生。

 更ににページをめくると『明るい夫婦計画』(作:井上トモコ)の一ページめのセリフが追い打ち。

「使えなくなったらボロ雑巾のように捨てられるんだよ!!」

 ……あの職場もいつの日か私を捨てる、そんなの嫌よ、強く抱いてね。

 本当に今の仕事が一段落したら、今後の生き方についてじっくり考える時間を持とう、そんな事を考えつつ更にページをめくり『おたママ』(作:茶崎白湯)を読んでいるうちに今度は「ああ、こんなんでいいんだ。これからもママを見習って緩いオタ人生を送ろう」と考えを改めてしまうんだから、まさに四コマ誌とは人生の縮図ですよね(笑)。

 どんなふうに生きれば、幸せになれるんだろうね。



 さて、それはともかく今月の『タマさん』(作:森ゆきなつ)なんですが……
 二回ほど連続で、鼻歌混じりに歌を歌う場面があって「ジャ○ラック対策?」とか思っていたのですが、今月号ではセリフに次々と懐かしい歌詞のあからさまな引用が。
 もしかして、作者は真剣にジャ○ラックへの挑戦を胸に抱いていますか?夜の校舎窓ガラス壊してまわる年頃なんですか?
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ