Twitter:@arisamag2

2007/5/28

選びづらい、きみのヒーロー  おもちゃ
 各ホビー誌で、いよいよ映画版トランスフォーマーの玩具第1弾ラインナップが明らかになりましたな。

 事前情報をあまり仕入れてない俺にも、双眼鏡や携帯電話は映画に出てこないだろう事は想像がつくぜ(笑)。

 それはともかく、先日のトランスファンケットで参加者の皆さんが持ちこんだ映画TF玩具(6月世界発売のブツが何故その場にあったのかは大宇宙の謎)を見たときには、ちょっと絶望的な気持ちになったのですよ。すげぇショッパイ出来で(笑)。
 そん時見たのは、BASICオプティマス、BASICスタスク、あとブロウルだったかな。特にオプティマスがアジアのパチモンかハッピーセットかって代物でなぁ。思わず「プロトフォームと一番でかい奴以外は駄目な気がする」とつぶやいたものさね。

 だが、こうして第1弾商品をずらりながめると、カッコイイかも知れないアイテムもそれなりにあって、ちょっぴりだけ安心しました。
 とは言え、日本のロボットアニメに慣れた目には怪物にしか見えないようなのばっかりですが。比較的正統派なラチェットやジャズも良く見ると、どうやら指が妖怪人間らしい。ちゅうか、こいつらが正統派に見える時点で私はおかしいのかも知れない。

 主人公はバンブルビーだそうですが、日本じゃ主役ロボをストームトルーパーみたいな顔にデザインしないよな(笑)。

 フィギュア王の記事には「これまでアニメやコミックなどで描かれてきたTFのイメージを一新」とあるのだが、正直、玩具見た感じだとそんなにイメージ変わってない。クリーチャー系のデザインって、ビーストウォーズで散々やったしなぁ。ビークルモードがマトモになったビーストマシーンズって感じにも見える。
 良くも悪くも、ビーストウォーズはその後のTFデザインの方向性を決めてしまったような。(マイクロン三部作で若干原点回帰はあったが)
 つまりは、モノアイがあったらジオン軍、ずんぐりむっくりで目がカメラだったらAT、昆虫風味がオーラバトラー、そして車や動物の皮を被ったグロい手足と顔のロボがトランスフォーマーと言う事だ(笑)。

 まあ、そんな訳で当ブログでは映画「トランスフォーマー」を応援しております。…素直な気持ちで応援できる映画だと良いですね。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ