Twitter:@arisamag2

2018/3/25

魔法はどこへ消えていってしまった  アニメ
 すっかり週一ペースの更新(しかも記事内容がショボい)が定着しつつある当ブログですが、それでもネタは切れるのである。

 うーんと、今日は何を話題にしようか……そうそう、『メルヘン・メドヘン』の第九話が作画崩壊っちゅうて話題になったじゃないですか。

 あんまり話題に出さなかったけれどこの番組観てたんですよ。これと『刀使ノ巫女』は私の今期における「なんで俺このアニメ観てるんだろう」枠です(笑)。そういうのが毎期ある。大体話題に出さないまま終わる。

 さて、問題の第九話を実際に観たんですけれど、世間であまりに盛り上がっていたので嫌なベクトルでの期待満々だったのに、それほどの崩れ方じゃなかったなぁと。いや、崩れてるは崩れてるんだが(苦笑)、2000年代ぐらいまでのキッズアニメでは珍しくないケースだったかなと。むしろ動画自体は滑らかに動いているので結構頑張ってたんじゃないか。(動き自体はタイミングやらパースやらおかしかったが)

 まあ、本件の面白ポイントは第九話放送までに二週間も間が空いたことですよね。その時点でどんな事件があったのか。想像するだに面白、もとい恐ろしい。

 実のところこのアニメ、最初っから作画怪しかったので、元々が今回程度の仕上がりだったら別に休む必要なかったと思うんですわ。つまり納品すらされなかったか、これ以上の何かが納品されたのか。あったとしたら観たくないっすか? これ以上の何かを。

 さて、本作についてマジメに寸評を。原書使いだとか、ヘクセンナハトだとか、原書に基づいた各キャラクターの能力であるとか、世界観や設定は大変「面白そう」で、これが完成度の高いアニメ作品として仕上がっていればお気に入りになったと思います。だが今回の作画崩壊とやら以前から構成要素の殆どが面白くなるところに届いていない。そんな「面白未遂アニメ」というのが現状の本作に対する私の感想です。

 実は前述した『刀使ノ巫女』もそんな感じなんですね。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ