Twitter:@arisamag2

2018/1/21

朝日が昇る 私は旅する  アニメ
 冬アニメも色々始まったわけですが。世間の話題はやっぱりポプテピピックですかねぇ。

 だが、今日の話題は『ゆるキャン△』で。

 いや、久しぶりにね、アニメ観て三話目にして原作単行本買ってきちゃってね。

 きらら系と言ってもストーリー漫画原作なのに、4コマ原作作品の場合と似たテイストを感じるのはなぜだろうと思いつつ原作を読んでみたのだが、このアニメは原作のコマ通りには話を進めておらず構成を組み立てなおしていて、それが偶然か故意か4コマを30分アニメに構成しなおすときのテイストに似通っているのだなぁと思ったり。

 私にはキャンプをする趣味はないのだが、見知らぬ土地を散策するのは好きなので、キャンプ地でのキャラ達のリアクションに大変共感しやすく「ああ、こういうのいいなあ。すごくいい」と見ていてしみじみ思うのがお気に召したところです。

 あと、ちょっと隔世の感を抱いているところがあって、かつて携帯電話が普及し始めた頃「これでお話が作りづらくなった」という言説が制作側方面から聞かれたものでした。それはすれ違いのドラマや重要人物と連絡が取れないシチュエーションが作り辛いということで、今でも携帯の存在を「なかったこと」にしておくアニメやドラマは少なからず見られるものなのですけど、この作品は作中で携帯(スマホ)を使いこなしているどころか、スマホがないと成立しない話になっていて、物語の紡ぎ方も時代に適合していくんだなと。(本作が画期的ということでもないと思う。他にも携帯を使いこなしているアニメやドラマは多数あるのだろうけど、私は本作で初めて「おおっ」と思ったという話です)

 では本日はそんなところで。

1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ