Twitter:@arisamag2

2017/11/24

怪獣惑星は地球だったのか(最初から分かってます)  映画
 昨日観た映画『GODZILLA 怪獣惑星』について。

 三部作の一本目。

 うちが観に行った映画館では客があまり入っていなくて、昨年のシンゴジとの落差に暗澹とする。そして数少ない客が上映中に平気で怪獣蘊蓄トークを始めるなど(苦笑)。


 そんな感じで下記に感想。


 その日に観た映画二本目ということで疲れていたというのもあるのですが、正直特に前半退屈でした。会議の話が延々続いてね。地球に着いて怪獣出てくるまでが長く感じるの。これがラドンだったら途中でメガヌロンの一匹でも暴れさせとくところだね。

 いや、本当に会議ながぇ(苦笑)。会議っつうか前半ほぼ会話劇だから。

 殺風景な、ビジネス街のビルか刑務所みたいな場所で辛気臭い話が延々続くのが辛くて。この殺風景さは『さよならジュピター』あたりのオマージュなのか。てか、なぜ最初から「地球人が閉鎖的な宇宙船での長旅に耐えられない」と推測していたくせになんの対策も打ってないのか。ほらほらSFだとよくホログラフで外の風景映すとかあるじゃん?スペースコロニーみたく街並み風に居住区を作る余裕もなかったの?

 状況が深刻だから仕方がないという考え方もあるのだけど、会話劇の中に客を楽しませる仕掛けが感じられない。作画が3DCGであることも手伝ってキャプテンスカーレット以降のシリアス過剰気味になってきたスーパーマリオネーションとか、Xボンバーの地球防衛軍の会議シーンとかそういう絵面になっていく。

 地球に着いてからの展開も、小型怪獣出てきてヤバさの演出→ゴジラ出現どうやっても勝てません→起死回生でやっと倒した→実はホンモノはこっちでした……という感じでな。なんつうか「ああ、怪獣映画だなあ」と。アニメだし未来の話なんだけどこの一作だけ切り取ったら「いつものゴジラ」なんですよね。ゴジラという存在に神性的な解釈を付け加えちゃうのも平成以降のゴジラ的。

 多分、私はもうちょっとアニメならではの破天荒なモノが見たかったんだろうな。全体的に少々シリアス路線過ぎる印象。1984年版当時のゴジラに抱いた「リアル狙いすぎて地味。そのくせスーパーXとか繰り出してくる」に対して受けた印象と重なった。

 もう一つ気になったことを挙げておこうか。恐らく三部作全部見たら解消することなんだろうけど、登場人物が「何のためにいるのこの人?」ってのが目に付いて気になった。沢山出てくるけど名前付き役割付きで話回せてるの3人ぐらいだよねこれ。他は(今の時点では)モブで良い。この辺は……なんていうのか、リアルロボアニメ的というか定型的に「美形悪役的な奴」とか「ヒロイン的な奴」「主人公に対立する味方側的な奴」を出している感じがしてしまった。それも「今のところは」という話ですが……

 ……そうはいってもこれ、ラストで大体死んでない?という懸念があるわけですが。


 まあさすがに生きてるんだろうな。いや、しかし……。
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ