Twitter:@arisamag2

2017/9/23

ヒーローは今ここに  空想特撮
クリックすると元のサイズで表示します
 今日は冒険ガボテン島へ行ってきました。嘘です。
クリックすると元のサイズで表示します
 ここは全国的に有名な関西のローカルテーマパーク……ていうか遊園地「ひらかたパーク」。
 ハロウィンを前にして木々もちょっと浮かれているこの土地を訪れた理由は……。

クリックすると元のサイズで表示します
 この野外ステージ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ここで『ウルトラヒーローズ スペシャルソング&ヒーローショー』なるイベントがありまして、水木一郎、ボイジャー、そしてあの石原慎一がやってくるということで、ぜひ見ようとやってきたわけです。

 石原慎一の生歌が聴けるぜと喜び勇んでやってきたものの、頭の中には「でもなぜ今、石原慎一なの?」という疑問がよぎる。この人、ウルトラ関連の楽曲そんなに歌ってない。ステージでジードの新主題歌発表とか、ウルトラマンUSAのブルーレイが出るとか言った宣伝が入るのかと思ったのだが、そういうこともありませんでした。謎のまま。ついでに言うと親子連れの皆さん大概慎一知らない。

 さて、気になるステージの内容はと言いますと。

 まず、水木一郎&ボイジャーがウルトラマンゼロの歌を歌って、ゼロもステージに登場というところからスタート。つかみOK。後ろの席のウルトラ女子大喜び(ゼロに)。

 私は今回初めて見に来たんですが、このイベントは割と定番化しているらしく、水木ボイジャー組と常連客の間になんらかのお約束があるようで観客がめっちゃ訓練された動きを見せるのが印象的でした。

 そして本日目玉、枚方初登場の石原慎一がUSAの主題歌と共にご登場。勿論USA三人組も登場。トークでは水木達にセクシーぶりを弄られまくる。

 その後、色々あって石原慎一ワンマンステージになるんですが、ウルトラ楽曲そんなにないよなあ……と、思ったら……。

「ではちょっとウルトラを離れてメドレーを……レッドバローン、ファイヤー!

 まさかの東京ムービー作品主題歌。そのままガイバー、仮面ライダーアギトと代表曲を歌い上げ、最後はウルトラに戻ってダイナ挿入歌を歌ってました。

 そこからも石原ボイジャー組でメビウス歌いーの、ボイジャーがジード歌いーの、水木一郎が劇場版ウルトラ各種(ウルトラ・愛の鐘〜ウルトラマン物語〜星の伝説の方)を歌いーの、更にはゾフィーのバラードまで(ボイジャー瀬下千晶によるギター生演奏で)歌いーのと。

 最後は全員でオーブを歌って締めと。これでひらパーの入場料だけしかとらないとはゴージャスすぎるコンサートでした。
(若干曲の順番間違ってるかも知れません)

 もうちょっとサラっとしたのを想像していたのに大いに堪能したぜ。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後、午後からヒーローショーになるわけですが、ちょっとしたことがあったのでそれについて。

 上の画像、今回のイベントは基本的に一貫して撮影禁止で、ヒーローショー終了前の数分しか撮影許可が出ず、その時になんとかマトモに撮れた数少ない画像です。つまり最後のお別れの時の画像なのですが……。

 お分かりいただけただろうか。ウルトラマンUSAことウルトラフォースの年長者、ウルトラマンチャックの不在を。

 ステージ中でも小粋なアメリカンツッコミで活躍していた彼なのですが、握手会中、ちょっと様子がおかしかったのです。彼だけが動きが鈍く、係のお姉さんにやたら体や足元を拭かれる。

 疲れてるのかな、汗かきなのかな……と思いながら見ていると、あるお父さんが「怪獣にやられよったんや」と子供に説明していて、気づいた。

 ……お姉さんのタオルが、段々赤く染まっている。

 恐らくチャックはステージ中のどこかで負傷し、出血していたのだろうと思われる。スーツの色が移っていただけかも知れないが、少なくとも何らかの体調不良であることは間違いなかった。

 その体をおして、彼は握手会に立ち、子供たちの期待に応えていたのだ。

 恐らく彼の不調に気づいていないであろう子供たちの満悦の笑顔。

 結局握手会も最終盤になってドクターストップがかかったのか退場してしまい、お別れの場にはいなかったのだが、本日のMVPは、間違いなく彼……遠いアメリカからはるばる枚方までやって来た僕らのヒーロー、ウルトラマンチャックだ。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ