Twitter:@arisamag2

2017/5/26

同年代だから見てると思ってた番組知らなかったり  雑記作文
 そういえば数日前に新番組ドラマ『怪獣倶楽部 空想特撮青春記』の記事がネットニュースになっていて、その記事中に書いているウルトラマンやゴジラの知識が間違いだらけということで盛り上がっていたそうですが。(本文読んでないのだがゴジラがウルトラマンと戦ってたことになってたとかなんとか)

 まあ、この手のジャンルって「知ってる人」にとっては一般常識かと思っているようなことまで「知らない人」は知らないってありがちではありますよね。

 下記は、私が生涯で一番びっくりした怪獣映画を「知らない人」との会話。

知人:「ゴジラとガメラって戦ったことあるん?」

私:「や、会社違うから戦わへんねん」

知人:「会社が違うて?」

私:「(ゴジラとガメラで作ってる会社違うの知らんか)ほら、ゴジラは東宝とかあるんよ」

知人:「とうほう……?」

私:「……まさかこいつ」


 ええ、そのまさかです。その知人は怪獣映画の制作会社の違いどころか「映画というモノには作ったり配給したりする会社が存在する」という概念すら知らなかったのです。

 これ怪獣ファンどころか映画ファンもびっくり案件だと思うが(笑)。まあ「知らない人」というのはそういうもんです。

1

2017/5/28  18:56

投稿者:arisama
>日本の映画産業が廃れていった理由の一端

まあ、そういうことでしょうね。
当時の情勢を考えると、多分彼らの中では
出版社やテレビ局等の他業種が
片手間に作るのが映画ってイメージだったんじゃないかと。

2017/5/28  16:45

投稿者:美浜Jazz
……日本の映画産業が廃れていった理由の一端を
垣間見たような気がするエピソードですね(嘆息)。

2017/5/28  12:27

投稿者:arisama
>その知人さん

実はこの時「映画作ってる会社が存在する」というのを
知らなかったのは一人じゃなかったんだ。
その知人の周りの取り巻きも
「何それ?これだからオタクは」
って顔してたんだ。

2017/5/27  21:18

投稿者:美浜Jazz
>これ怪獣ファンどころか映画ファンもびっくり案件だと思うが(笑)。

arisamaさん、正直に言います。
僕も長いこと、こちらのブログを読ませてもらっていますが……

これまでで一番、驚愕しました!

その知人さんは、目下のところ、
こちらのブログに登場した人々の中でMVP級の方ですな(苦笑)。

その知人さんの行く末に幸多からんことを祈るばかりです。
(さすがに今はもうそんなことは知っていると信じたい)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ