Twitter:@arisamag2

2017/3/26

怖くなんかないんだよ(だが出会い最悪)  映画
 昨日は『キングコング: 髑髏島の巨神』を観てきました。興が乗ったので難波のMX4Dで。

 初MX4Dでしたが、なんとなく「IMAXの凄い版みたいな感じ?」と想像していたので「スクリーンのサイズは普通」というところに一番驚く(笑)。

 寝不足気味の状態で映画を観て眠くなることが多い私としては、椅子が動いたり水しぶき浴びせたりのギミックは良いアクセントになっていいんですが、正直別にこういうので臨場感は感じないな(笑)。IMAXの「とにかくスクリーンでけぇ! 音すげぇ!」の方が映画という見世物の在り方としては好み。


 それはさておき、私はキングコングというキャラクターに大変思い入れが……いや、ないんだけどね(笑)。

 1933年版のコングはLDとか持ってるんですが、多分私この映画そのものが好きなわけじゃなくて30年代のクラシックな映像とか、経営が傾いていたRKOがこの一作で息を吹き返したという逸話とか、続編が超短期間かつ低予算で作られ微妙な出来とか、創造者オブライエンの不遇な人生とか、作品が背負っている物語の方が好きなんだろうなと思っています。

 まあそんなこんなで、下記に感想を。




 ……『キング・コング』と言えばエンパイアーステートビルでの戦いが有名ですが、実のところみんなが面白いと思ってるのは前半の髑髏島で恐竜と闘ったりするところだよね……という思いで出来上がっている気がするこの映画。

 つまりキングコング映画の「髑髏島パートだけ」で構成された映画。街には運ばない。美女と乳繰り合わない。肉と炭水化物だけで野菜食べない映画です。

 現代的だなと思ったのはコングと原住民のキャラクター付け。

 コングにはオリジナルの粗暴な部分がほとんど感じられない。
 昔のコングって原住民からは神と崇められているけど本人はただ暴れて食ってるだけの存在に思えたんですが、今回は本人もかなり自分が守り神であることに自覚的。
 島の平和を脅かす敵に対しては(人間含めて)容赦はしないが、必要以上の争いは好まず、失った仲間に思いを馳せてたそがれたりもする。美女を前にしてもウホウホ発情することもなく、慈悲深く見つめる。顔の造形がオプティマスプライム(マスクオフ)っぽいことも含めて、なんか玄田哲章の声で演説しそうなコングでした。

 このコングが今後ゴジラと対決することになる筈なんですが……えーと、地球の守護神と島の賢者が出会っても共通の敵を前に共闘する未来しか見えないんですが。本当に対決するんですかね(苦笑)。

 原住民も昔みたいな蛮人じゃないのね。神秘的で抑制的で欲を知らない。ここは正直言うとちょっと気持ち悪い。ステレオタイプな蛮人として描かれても困るがステレオタイプの聖人として描かれても困る。なにしろ他人事じゃない。我々日本人をはじめとアジア民族も欧米フィルターで謎能力持ちの神秘民族にされがち。そういうの本気にして観光に来るなよ。

 もしこれが邦画だったらこういうのは宮崎アニメ的な「風の谷の人たち」みたいな感じで処理したのかなぁ……なんてちょっと思った。

 敵怪獣は手を変え品変えで大変面白い。しいて言えば生理的な嫌悪感狙ってる系ばかりだったのでカッコいい系も欲しかったところ。

 あと、ベトナム戦争って本当にアメリカ人のトラウマなんだなぁと思いました。

 そんな感じで、上映が終わったら観客が皆で本作の感想を言い合うのかなあと思ったら、エンドテロップ後の「三大怪獣地球最大の決戦予告」にすべてさらわれ、客も「やっぱりゴジラとつながってるんだ!」「あれ絶対ギドラ!」「あとラドン! それなとなんだっけ蛾の奴!」「モスラだよ!」とそっちの話題ばっかりで盛り上がってしまい、やはり日本人とって怪獣とはコングじゃなくて東宝だなと思い知りましたとさ。
1

2017/3/27  22:13

投稿者:arisama
>ゲストに「大きなタコ」を出しても
>もう欧米の人には受けないんだろうしなあ……。

それがな、今回のコング、大ダコと闘うんやで。


>この件について何か詳しい情報はお持ちでしょうか?
すみません。知りません。

ですが、確か立ち読みした
『特撮秘宝』のバックナンバーに
フラバララストシーンの考察が載っていたと思います。
もしかするとそこで触れてんじゃないかなーと。

2017/3/27  3:52

投稿者:美浜Jazz
予定通りに『新キンゴジ』が公開されたとしても
少々B級な方が好みの僕としては
その後に「巨大なフランケンシュタインの怪物」と
「初出の謎の怪獣」の取っ組み合い作品が
制作されないであろうことは
ちょっとだけ寂しいところ。
ゲストに「大きなタコ」を出しても
もう欧米の人には受けないんだろうしなあ……。

話は変わりますが
ちなみにあの大ダコの唐突なシーンって
必ずしも海外向けに追加されたものではないという
今までの常識を覆すような噂を耳にしました。

博識なarisamaさんは
この件について何か詳しい情報はお持ちでしょうか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ