Twitter:@arisamag2

2015/7/25

もちろんTFなど置いちゃいねェ  おもちゃ
 もしかすると大阪府全域……いや全国的な傾向なのかも知れないが、最近、地元にオタク系……というか玩具やフィギュアを扱う系のリサイクルショップが急に増えた。

 元々古本屋や中古ゲーム屋だったのがリニューアルしてコーナーを設けたところや新規に開店したところや様々。立地も駅前だったり国道沿いだったり。多分存在を把握出来てない店もまだまだあるんじゃなかろうか。

 で、どうも品揃えや値札に記載された情報が似通っていて、同じ仕入れ業者を使っている模様。てかこの業者が仕掛け人じゃなかろうか。そいやどこかから買い取り募集的な葉書来てたな。大阪府界隈に住んでるオタクは親とかにコレクションを勝手に売られない様に気を付けようね。

 そんな感じで、そういう店が沢山出来たのは良いが、似たような品揃え(だいたいガンダムとナントカ魂とナントカアーツと肌色)なので、概ね掘り出し物は無い。そして高い。なんか1990年代のフィギュアブーム時にアメ村や天王寺界隈で大量に開店した(そして潰れた)フィギュアショップを思い出す(笑)。

 本当の意味でのリサイクル品が少なく、どこぞの店から在庫を引き取ったっぽい商品が値札に中古って書いてある癖にヨドバシでまだ残ってる新品買った方が安かったりすんだよ。見かけなくなった物はだいたいプレ値ついてるしさ。
 5〜15年ぐらい前の、当時買おうか悩んだが結局買わなかったさほど珍しいわけでもない品が中古美品でお安く売っている様な店なら理想的なんだが……実はそんな感じの結構でかい店が一昨年ぐらいに開店してなかなか客を集め、私もうっかりポピニカデカマシンセットとか衝動買いしちゃう勢いなので、その影響もあっての開店ラッシュなのかしらね。(全国規模の現象でなければ)

 あと、この手の店に安定して置いてある1990年代の残骸、スポーン等のアメトイ投げ売りがやはり並ぶ。当然ながら「これがあったら欲しいな」と思う物は置いて無く「どうせこれらが置いてあるんだろうな」と思う物ばかりある。とはいえ、そろそろ良い感じに懐かしくなってきた頃合いなので二束三文で買えるのも今のうちかもなと思ったり。まあ金のアンジェラとかは永遠に二束三文な予感がしますが(苦笑)。







 最後に余談、先ほど書いたデカマシンセットは当時想像していたほど面白い品ではありませんでした(笑)。まさか全機ギミックがほぼコロ走行だけだったとは。まあそういうガッカリ感も含めてちょっと懐かしいオモチャを摘むのって楽しいよね。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ