Twitter:@arisamag2

2015/3/28

この手法が飽きられつつある空気をちょっと感じる  映画
 さて、世間ではファンに媚びた「お前達どうせこういうのが好きなんだろ?」と言いたげなあざとい内容のアニメ特撮が氾濫する中、今年も「どうせお前等こういうのが嫌なんだろ?」とファンに殴りかかってくる貴重な映画『スーパーヒーロー大戦』の季節がやってまいりました。

 今年は『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』。仮面ライダーの歴史がまた狂う。

 世間では「アベンジャーズに比べてこの体たらくはなんだ」との批判や、それに対しての「予算や規模が違うんだから比較しちゃダメだろう」との反論が渦巻いておりますが。

 まあ、予算や規模を考えると比較しちゃダメってのは確かですよねー。店員と客がこぞって「予算ないから仕方ないよねー」「そうだよねー」と傷舐めあって繁盛してる店ってのも大概気持ち悪いけど。

 そもそもアベンジャーズと比較しなくても、同じ日本国内のドラえもんやポケモンの映画あたりと比較して明らかにレベル低い件。そこを踏まえると「もう少しなんとかならんのか」ってなっちゃうのは正直な本音。

 とはいえ、今年のヒーロー大戦映画はそんなにひどくなかったと思いますよ。

 少なくとも「仮面ライダーの殺し合いを見物する環境映像」としては凄く洗練されて来たと思います。

 もう主要人物が「ヒーロー同士が潰し合うなんて間違ってる」みたいな事をあんまりグダグダ言わないのが気持ちいいよね。「どうせショッカーライダーだから倒してOK!」シンプルイズベスト! 変身前の役者が出てくるキャラだからってそこにドラマのウェイト置かずにコマ扱いしちゃってるところも潔い!


 以上、ネタバレにならない程度の感想終わり。 以降はネタバレだが感想では無くネタ。






 恵まれし子らの学園……。

 そこに転入してきた青年は目から歴史改変ビームを発射するミュータントであった。
 だが、彼は自らの力を制御出来ない。

 彼の光線を浴びた犠牲者は「母星との重力の違いで強かった筈なのに太陽の違いになった者」「犯罪者を倒す為には殺害も厭わなかったのに不殺主義者になった者」「ヒーロー家業の切っ掛けになった戦争が変わった者」「放射能を浴びた蜘蛛に噛まれた筈なのに遺伝子組み換えの蜘蛛に噛まれたことになったり蜘蛛っぽい名前の宇宙人から能力を与えられた日本人になったりした者」等多数存在した。そのことで非難を浴び、迫害される彼を学園長が引き取ったのだ。

 学園に転入した彼には力を制御するルビークォーツバイザーを与えられ、それを装着している時の彼は、まるで一つ目の怪人の様に見えたと言う。

 学園で彼は様々な友人が出来た、特にローガンと呼ばれる青年とはお互いに対立しながらも、奇妙な友情で結ばれていた。

 しかし、ある日悲劇が起こる。

 いつもの様にローガンと些細な諍いに興じていた彼は、ふとした衝撃でルビークォーツバイザーを外してしまい、ローガンに歴史改変ビームを浴びせてしまう。
 大量の歴史改変ビームを浴びたローガンの過去は、日によって年齢すら変わってしまう滅茶苦茶な物になってしまった。
 青年は責任を強く感じ、学園を去ることになる。

 後年、彼は日本へ渡り、世を憂いて革命の為の秘密結社を結成した。名をショッカーという。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ