Twitter:@arisamag2

2014/7/27

世界が終わる、ゴジラが目覚める  映画
 さて、そんなわけで『ゴジラ(2014)』を観てきました。
 世間の評価も大絶賛、興行成績もよろしく、続編も早くも決定と、マグロ食ってたアレとまったく違って怖いくらい順調な新ハリウッドゴジラですが。

 正直、この状況で日本でだけコケたら目も当てられないなと心配してました(笑)。まあ、どうやらお客入ってるみたいでなんとか面目は保たれたようだ。保たれてほしいなあ。


 では、以下に感想を。


「世界が終わる、ゴジラが目覚める(ただしゴジラが終わらせるとは言ってない)」だいたいそんな感じの映画。

 ムートーが誕生して親父が死ぬあたりまでは大変面白かった。

 ……でも、もしかして、私、寝てた?

 いやね、各地でムートーやゴジラが暴れるわけなんですけど、基本的に「出てきてちょっと建物壊したと思ったら、すぐ廃墟やニュース映像に場面が切り替わる」って展開ばかりで、あんまりボリュームのある都市破壊映像を披露してもらえなかった感があるんですが。クライマックスも割とあっさり決着ついちゃったような。
 もっとビジュアル的に凄まじい物を期待していたのだが、そういうのが無かった。かといって人間側のドラマも、結局巨大な怪獣の前に右往左往するばかりであんまり盛り上がるわけでも無い感じ。

  ゴジラ映画として正しいか云々は置いといて、人間側のドラマと怪獣パニックの融合という意味ではエメゴジの方が上手かったような気がしてきた。


 ……正直な感想をぶちまけてしまって良いだろうか?……

 何故皆がこの映画をこぞって絶賛するのか分からなくなった(笑)。

 確かに前のエメゴジよりはゴジラらしい、日本人のゴジラ像を良く理解した作品であろう。そこは認める。

 ……でも、それだけじゃね?

 ハリウッド技術で特撮の出来が良いだけの「いつものゴジラ映画」じゃね?
 例えば、これと全く同じストーリーを日本の東宝のスタッフが映像化したら、皆褒めないんじゃね? ゴジラが地球の守護神的ポジションって設定の時点でOUTじゃね?

 だから、別に批判するような映画じゃないとは思うけど大絶賛にも違和感を抱くのだ。

 前に『パシフィック・リム』で抱いた感想に似通っているんですよね。「俺達の怪獣映画(ロボットアニメ)がハリウッドに理解された!リスペクトされた!」みたいなところで評価が先行していて「じゃあ、これって日本の怪獣映画(ロボットアニメ)と純粋に同列に並べてホントに出来が良い方と言えるの? 実はそうでもないんじゃない?」と考えると私は首捻っちゃうの。

 今回のゴジラだと、例えばこないだのゴジラ総選挙で一位とったビオランテの方が面白かったんじゃないか?と言われると否定し辛いかもな。

 それはそれとして、最近、映画感想を書くと文句ばかり言ってる気がして心苦しい。
 多分、次に観る映画はロストエイジになると思うけどこれはきっと褒めちぎるぞ。(←フラグ)
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ