Twitter:@arisamag2

2014/5/24

ギターをつまびくロボットの 胸に正義の血がおどる  映画
 ……え? ロボなのに血が踊るの?……

 そんなわけで比較的マイナーな挿入歌(挿入したっけ?)の歌詞を引用しつつ『キカイダーREBOOT』を観てきたわけですが。

 東映や角川の偉い人は、本作で「中高生が観る為の映画」を目指したそうですよ。ふーん……
 ……無茶言うな

 だっておめえ、「機械だー」ですよ。カラーリング赤青はんぶんこですよ。人造人間(死語)ですよ。
 こんなもん子供とおっさん以外ターゲットに出来るかよ。ちゅうか中高生ターゲットにすんなら普通にアイドル主演で中高生に人気の漫画やラノベ辺りを原作にしとけば良くね? まあ最近そういう実写映画を作るとめんどくさい人達が非難するから大変かもだけどさ。

 で、地元のシネコンに行ったらやっぱりおっさんと子供しかいませんの。てゆうか、ものすげぇ空いてたんですが。それもシネコン自体は混んでたのにキカイダー観る客は少ないというちょっと切ない状況。皆何を観に来たんだろう、相変わらずアナなのか。

 まあ、そんな感じで、以下は感想をサクサクと。





 率直に言えば、当初想像していた程酷い内容でも無かった。(どんな内容を想像していたのか)

 変に辛気臭かったり、露悪的なところもなく、素直に観ていられる映画です。
 その分、尖がったところが無いとも言えますが。良くも悪くも堅実。


 特に前半、ジローではなくミツコさん視点で話を進めて恋愛物っぽくしたのは良かったと思います。寧ろ中盤のジローの内面掘り下げるのは要らなかったかと思うぐらい。

 ジローの内面を掘り下げようにも本作における「良心回路」とは何なのかがちょっと曖昧で(良心回路が不完全なのではなく、良心回路があるから機械として不完全って話らしいのだが)ジロー側の話になるとそこがちょっと気になる。でもそれはこの映画の問題というより、キカイダーというドラマの限界かも知れない。原作やテレビシリーズでもダークロボットや原作版01達とジローがどう違うかって結局「考え方や生き方の違い」でしかない様に見えるのね。どうにもジロー以外のロボットに「心が無い」とは言い難い。
 今回も最初に出てきた重機ロボはともかくマリには感情が無いのかと言われるとその様に解釈し辛いところがある。少なくともジローを見下すことが出来るのはそういう「軽蔑」という感情があるんだよな。
 そんな感じで、いっそ完全ミツコさん視点にして、ロボット達に感情があるかのような描写は避け、そしてジローなるロボットに心や感情があったのかどうかは観客の判断にゆだねた方が綺麗に収まったかなあと、個人的には思うのです。



 雑誌の写真等で見ると「なんかゴムっぽくてメカに見えないなあ」と思っていたキカイダーのスーツなのですが、実際に映画中で見るとちゃんと金属に見えました。これでもうちょっと見映えの良いギミックがあったら玩具が欲しくなってくるだろう。流石にハカイダーとの決戦シーンで派手に動いてるのを見てると特に股関節周りがゴムパンツ的に柔らかそうでしたがそこは見なかった事にしておこう(苦笑)。


 本作のハカイダーはサブローハカイダーではなくギルハカイダーでした。てゆうかギルでした

 ハカイダーとの対決とラスボス退治(まあ、本作のギルって微妙にラスボスじゃないけどな)を上映時間内で纏める為にはハカイダーとギルの同一化は良いやり方だなと感心しつつ、だがそもそも「ロボットに脳みそ(自分自身であれ他人であれ)を入れようと発想するキ○ガイ」に2時間の枠で説得力持たせるのは無理があったなあ(笑)。

 そんなわけでハカイダー登場とともにそれまで一応のスジが通ってたストーリーが後半色々グダった感じがしなくはない。
 特に、一旦光明寺姉弟を守る旅が終わって使命を失ったジローが、今度は自らの感情でハカイダーとの決戦に向かうと言う流れは、やりたい事は分かるのだが、そこに至るまでのジローに「光明寺姉弟だけではなく皆(←皆って誰だよ、お前の交友関係合計6人ぐらいだろ)を守るために、わざわざ自分の組織の敷地内で暴れているだけの(つまり現時点では「皆」に危害を加えていない)ハカイダーを倒すのに命を賭けるだけの心境の変化」があったかというと、私にはその様には受け取れられなかった。



 さて、最後のオチを見るに続編作る気満々の様ですが、果たしてどうなることやら。
1

2014/5/25  23:15

投稿者:arisama
>胡散臭さを感じる
胡散臭いと言うか、プロモーションのやり方を見てると
ティーン層を取り込むことに本気になってない印象を受けます。
例えば鎧武とのコラボ回とか要は子供層に保険かけてるってことだもの。
でも子供向けとしても本気じゃないのよ。

戦隊ライダーを卒業した子ってのは結局ヒーロー物を幼稚だと切り捨てた子なわけで。
そこを取り込もうとしたら、変身ヒーローの映画だと思わせたらダメなんじゃないかと思います。
つまりティーン層に向けたヒーロー映画に求められるのは
「東映ヒーローの持つ普遍的なエンタメ性を生かしつつ、だがいかにも東映ヒーロー的ではない映画」
ってことかな。ちょっと難しいね。

2014/5/25  21:06

投稿者:ばーばりあん
おっさんと子供しかいないってのは、前にハカイダーの映
画を見に行って来た時と同じ状況ですね。戦隊やライダー
を卒業した子供達を呼びたいっていう意気込みは分かりま
すね。でも胡散臭さを感じるのは何故でしょうね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ