Twitter:@arisamag2

2013/9/25

かっとばして  アニメ
 昨日、ジャイロゼッターが終わったわけですが。

 最終回まで観ての私の感想はとりあえず語らないとして、終了にあたって、高松信司総監督がつぶやいたツイートがちょっと衝撃的だった。

 我々視聴者が容易に指摘する様な本作の問題点……販促になってなさや穴だらけの設定等々は、どうやらアニメ作ってる人達にとっても重々承知の上のことだったらしい。

 要は、ゲーム屋さんが用意した「細かな設定の集まりだけでドラマが無い原作」をなんとかドラマ(アニメ)として映像化してみたら、色々な問題が生じた……と言うことの様だ。

 特に「番組スタート時に(アニメスタッフとスポンサー間で)「販促」についての話が全く出来なかった」という話は驚きだ。

 玩具の販促を考えてないのは丸わかりだったが、肝心のゲームの販促もマトモに計算出来てない様な状況での制作だったとは。そりゃ出来あがったモノがああなるわ。


 ……んー、でもまあ、ゲーム会社が突然ロボット物やヒーロー物に参入すると、大手玩具メーカーがスポンサードするそれとはどこかズレた物が出来あがってくる……ってのはありがちかも知れぬ。

 古くはセガ(セガトイズにあらず)のジリオン、ボーグマン、シャンゼリオン。或いはコナミの超星神やアムドライバー。
 あれらも「普通の玩具販促子供番組ならそうはしないだろ」の連続だった気がする。

 ジャイロゼッターはそういう系統の「決定版」とも言うべき作品だったのかも知れん。そんなもんの「決定版」が必要かはともかく(笑)。
1

2013/9/27  22:58

投稿者:arisama
>大人気爆売れヒット作みたいに語る人
「自分の中で大ヒット」が「世間でも大ヒット」みたいな気になるなんて良くある話っすよ。

特にジャイロの場合、経営的な話にしろ、玩具の発売中止にしろ、
経済ニュースや見本市情報等から見つけてくる類の、ある意味「マニアックな情報」だったので、
そういうのを一切見ないでアニメ見てゲームやってカード集めて最強ジャンプ読んでるだけなら
ヒットしているような気になってくるかも知れん(笑)。

2013/9/27  21:27

投稿者:gosaber
実際、私にも「世間受けはしなかったけど思い入れのある作品」はありますからね。

しかしジャイロの場合、それこそアニメ開始前から評価・商業ともに全然いい話聞かないのに
まるで大人気爆売れヒット作みたいに語る人がいて、やっぱり彼らとは違う物をみていたのかと(笑)


http://blog.livedoor.jp/gosaber/

2013/9/26  23:57

投稿者:arisama
補足。

どんなアニメでも「誰かにとっての宝物」かもしれないが、
だからと言って「作品批判はいけない」って話じゃないので。

まあ、このブログでも色々批判してるしな(笑)。

2013/9/26  23:45

投稿者:arisama
件のツイート、消しちゃったみたいですね。

>高松さんの言ってる事がどこまで正しいのか分からない
確かにその通りですが、まあ腑に落ちるところが多い話だったんで、
7割ぐらいは信じていいんじゃないですかね。

個人的に「設定は全部スクエニ側で作ってあった」という話はちょっと意外でしたが。
ジャイロゼッターの「車社会」のありようが、
マイトガインの「鉄道社会」のありようと重なるところがあって、
(ロゼッタグラフィーやゼタレイトの出現で現実の車社会と微妙に違っているところとか)
あの辺は高松監督の嗜好なのかなと思ってたので。

>絶賛する人達
それがどんな作品であれ、一定数の「支持者」は付くのです。

本放映当時、「こんなの子供も観てないだろ」と思った様な作品について、
10年くらい経ってからYouTube投稿動画のコメント欄あたりで
「子供の頃、テレビにかじりついて観てました!懐かしいです!」
なんて書き込みを発見したりすると、
やはり「子供は子供騙しを嫌う」なんて迂闊に言っちゃだめだよな、と思うのです。

誰かにとってのゴミクズが、誰かにとっての宝物だったりするのですよ。

2013/9/26  22:11

投稿者:gosaber
まだ最後まで見てないんですけど、正直「こう言うのがホントの子供だましだよな…」と…
いくら無理難題を要求されたと言ってもこりゃねえんじゃないの、ってぐらいに、物語的にも
構成的にもブレっぱなしで芯も軸もなかったと思います。

しかしなぜか「破綻なく非常によくできた最高の子供向けアニメ」なんて絶賛する人達も
いまして、もしかしてその人達とは違う物を見てたんだろうか、なんて思ったり(苦笑)
とにかくテレビでああいうロボットものをやってくれた事自体が嬉しいって感じですけどね、
そう言う人達は。


http://blog.livedoor.jp/gosaber/

2013/9/26  22:04

投稿者:gosaber
まあ…一方的過ぎて高松さんの言ってる事がどこまで正しいのか分からないですけどね。
どっちにしろそう言う色々な要求を何とかするのがプロじゃないのかとか、
全部終わった後で言いたい事言いまくるって大人げないでしょとか、
脚本家に言及しない辺りこりゃそっちで何かあったなとか、
やっぱりこの人販促番組に向いてないんじゃないのとか、
色々感じました。

http://blog.livedoor.jp/gosaber/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ