Twitter:@arisamag2

2006/8/31

秋のメビウスフェア  空想特撮
 ……あー、はいはい、バッタだから2人組ね。わーすごいすごい、すんばらしいオマージュですね。
 あーいえいえ「クウガのバッタ怪人からその手のネタ何回目だ」とか「正直、第1話の怪人がクモだったときには鼻で笑った」なんて事は思ってませんよ思ってませんってば。
 すたっふのかめんらいだーにたいするあいじょうがわたしにもつたわってきましたよ。(棒読み)

 このバッタライダーの件でなくとも、例えばメビウスの昭和ネタは楽しめるのにネクストアンファンスの顔に皺があるのが許せない。オマージュの良し悪しについての微妙な境界線に揺れる私の乙女心を誰か解ってくださるかしら。

 解ってくださった貴方、私には解らないので代わりに言語化して下さい(笑)。



 そんな感じで、9月号はリュウケンドーの豪華付録が付いてきた「テレビマガジン」と「てれびくん」は、10月号にはウルトラマンメビウスの豪華付録を付けてきたのですよ。そして、仕方が無いので両方買う私。踊らされてるねぇ。
 (上の愚痴みたいなのは、その児童誌に載っていた、仮面ライダーカブトに新登場のバッタライダーについてでした)

 テレマガの付録は「マケット怪獣ベムスター」
 バンダイの玩具「GUYSメモリーディスプレイ」連動するカプセルです。
 
 てれびくんはリュウケンドーに続いて特製DVD。
 懐かしの赤青立体メガネで飛びだす映像が楽しめるぞ。

 「そんな豪華な付録が付くなんてウルトラマンメビウスって人気があるんですね」と思った貴方、豪華な付録が付く上にまもなく映画が公開というのにテレマガは前述のバッタライダー、てれびくんはボウケンジャーに新登場の剣星人がメイン表紙と言うところに何かを察してくださいズバズバ。
 まぁ、流石に映画公開ともなると、記事には力が入っていますが。

 で、テレマガ付録のマケットカプセルですが、これ、先月の魔弾キーと違って単体ではこれと言ったギミックが無いのですよね。未組み立ての状態で入ってるから組み立てる楽しみはありますか。
 ああ、差し込んで召還したい。ベムスたんを良い声で鳴かせたい(笑)。
 メモリーディスプレイは高いけど小さいから部屋の邪魔にならないので買ってみても良いのですけど。

 マケット怪獣でタイニーバルタン出ないですかね。召還すると可愛く「ばるるん」って鳴くの。
 いや、初代バルタン星人に見せかけて実はダークバルタンで青年の声で「ばるるん」でも別に良いですけど(笑)。

 てれびくん付録DVDの方はまだ観てないので特に感想は無い(苦笑)。

 そして11月号は豪華付録は付かないらしい。戦いは終わった。
 いや、豪華な付録だったら何でも買うってわけじゃありませんが(笑)。



 ところで、今更先日放送のメビウス「虚空の呼び声」の話をしますが。

 あの話、事前情報として「今週と来週でミライの過去話をやります」と言うことを知っていないと、唐突過ぎて訳が分からなかったんではないかと心配するのだがどうだろう。
 あと、ドシリアスな話の筈なのに怪獣墓場で大はしゃぎとか、ラストに「心配させた罰だ」「そんなぁ(一同笑い)」なんて変身ヒーロー物の定番オチを持ってきたりして雰囲気を和らげている辺りに「ああ、シリアス一直線だったネクサスがコケた傷跡はまだまだ大きいのだな」と思ったりしました(笑)。

 この話に限らず、「メビウス」って、あまりシリアスになり過ぎない様に毎回気を使っている感じがしますね。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ