Twitter:@arisamag2

2012/4/15

また来月  まんが雑文
 おそらく、当ブログが同日に3件も記事を更新したのは初めてではないかしら。


 さて、ホーム感想の中で予告した通り、今月は忙しくて4コマ誌の感想を書く余裕がない。(読み終わらないのね)

 だが、まんがタイム5月号で最終回を迎えた『サクラ町さいず』(作:松田円)には触れておこう。

 ロングラン連載の割には、随分唐突な最終回だったと思う。来月には最終巻が発売されるので予定通りとは思うのだが。

 その単行本の広告で「淡い恋もついに決着!?」とか書いてあるけど、別に何も決着してねぇ(笑)。単に卒業してバラバラになっただけじゃねぇか。

 ひろえちゃんの恋路はもっと盛り上げてほしかったかも。あと、ともみちゃんのタッツィーに対する本心も。

 まあ、それにしても、面白い漫画でした。
 作品全体をトータルで考えると「父子の話」をやりたかったのか「学園ラブコメ」をやりたかったのかハッキリしなかったりするんだが、それでも楽しい漫画でしたよ。 タイトル通り「サクラ町」って場所の物語だったのでしょうkね。

 ただ、最終回で突然の「お父さん」呼びはどーかなー。あの二人の関係って父子と呼び合う事は重要じゃなかったんじゃないかなーっと、ちょっとそこに引っかかったり。

 まあ、それにしても、面白(←繰り返しかよ。大事な事だから2回言うのかよ)




 そういえば、幽霊母さん出てこなかったね。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ