Twitter:@arisamag2

2006/8/23

来月は記憶喪失  まんが雑文
 「まんがタイムスペシャル 10月号」について気になった所をちょこまかと語る。
 ところで、最近駅前のコンビニに行ったらスペシャルが大量に置いてあったりするんだが、人気あるのかこの雑誌。

 「花ざかり課長さま」(作:吉田美紀子)が終了。
 この漫画、途中から読んでいた人は、主人公が係長から課長に昇進して終わりと言う結末に、「巨人の星」が巨人軍入団までで終わったかの様な微妙感を抱いているかも知れませんが、そんな方は書店…あ、もう単行本絶版だっけ?…まぁ、古本屋でも良いですから、単行本を手にとって見て下さい。スタート当初、桜井課長はすでに課長だったんですよ。
 それが何故だか途中で時間が巻き戻って、この最終話でついに1話目とリンクしたのです。(してないかも)
 なんでこんな展開になったのかは良く知らない。多分、作者がスターウォーズの新三部作に感銘を受けたとか、このまま話が進むと部長に昇進してしまうことを危惧したとかそんな理由ではないかと思います。思ってませんが。


 「エン女医あきら先生」(作:水城まさひと)に「マスクヒーロースパーク」が登場。
 「マスクヒーロー」とは「あきら先生」の作品内で子供に人気のテレビヒーローとして登場するキャラクターです。
 これが「仮面ライダー」をモデルとしていて、ライダーと同様に毎年モデルチェンジします。
 今年は勿論「カブト」がモデルです。でも、どっちかと言うと「ストロンガー」っぽいよね。
 実はこのブログを始めた当初、「仮面ライダー○○?僕の地域ではその時間は『マスクヒーロー○○』をやってるから知りませんよ」とか言って延々嘘あらすじと嘘感想を書き続けると言うネタを考えていました。考えただけでやりませんけどねー。


 ところで、「てんぷら」(作:なんば倫子)なんですが。
 最近ラブコメ4コマで「恋のライバルが現れて主人公カップルの関係に不協和音を」ってパターンのテコ入れが続いてませんか?「+1サプライズ」とか。
 そんな中にあって「てんぷら」はこのところ「薫の面倒を見れるのは勇志だけ」「薫はいちいち嫉妬とかしない」といった上記のテコ入れが出来ないお話が続いていて、現状の人間関係を崩す必要を持たない、看板作品としての自信を伺えます。さすがですね。
 …とか言ってたら来月その手のテコ入れが入ったりしてな(笑)。
0

2006/8/25  0:07

投稿者:arisama
>7人目
 そもそもそこまでライダーとリンクしているのか?だとすればあの世界では昭和マスクヒーローが活躍する漫画が連載していたりするのか?謎は尽きませんネ。
 マスクヒーローの考察だけで同人誌を1冊作るってのはどうでしょう(笑)。

2006/8/24  21:51

 カブト→モチーフがカブトムシ→と言えばストロンガー→その初期名称はスパーク…といった流れなんでしょうね、スパーク(今更言われるまでもないコトでしょうけど)

 では、7人目のマスクヒーローはどんな名前だったんですかね、水城先生?(笑)

http://www3.ocn.ne.jp/~ado/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ