Twitter:@arisamag2

2011/7/31

台詞の太字に意味が無い気が  おもちゃ
 映画公開、ハッピーセット等々、トランスフォーマーの話題に事欠かない昨今ですが。

 本日のネタは先日出版された『トランスフォーマージェネレーション2011 VOL2』について。

 冒頭から、ものすごい1980年代チックなコミックに度肝を抜かれる(笑)。
 絵柄そのものはともかく、このチープなカラー印刷が懐かしすぎる。イマドキこんな印刷のアメコミ売ってないよな(笑)。

 MPコンボイ関連やヘッドマスターズ関連など、興味深い記事は沢山あるのだが、一番の目玉は斎藤まさかつ氏によるデザイン画稿集だろうか。

 失礼ながら、これを読むまで、ビーストウォーズをデザインされた方とG1をデザインされた方は別人だと思っていました。インタビューの中でも「グリッドマンやソードマスター龍神丸をきっかけにタッチを変えた」と証言していますが、確かに素人目にも密度の変化が感じ取れます。

 御本人は決してそうは思われていないでしょうが、デザインしたキャラクターの数や知名度と、御本人の(業界内ではなく、我々ファンの間での)知名度を重ね合わせると、少々不遇であった様に感じてしまいます。

 それにしても、大河原邦男氏はもちろん、雨宮慶太氏もTFのデザインに関わってたんですね。そういうデザイナー間の連携も興味深い特集でした。



 さて、話を変えて、細かなところで、ちょっと気になったのはマーケティングインタビューでの前田典秋氏のこの発言。

「実はアーシー(がTF3の日本オリジナルアイテムに加わったこと)には戦略的基準があります」

 ……先を見据えての仕込みなんだそうです。
 これ、多分TFプライム版アーシーを見据えてるってことだろうなぁ。

 これは、ハッピーセットのDVDに映像が収録されていた件も含めて『トランスフォーマープライム』の日本上陸は早そうですね。来年の一月からか、早ければ秋の新番組だったり。(←それは流石にもう情報漏れてる頃か)
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ