Twitter:@arisamag2

2011/6/28

せめてババアと言って下さい  まんが雑文
 三日連続で、他人には割とどうでもいい買い物話が続きましたが。

 本日は平常運転、まんがタイムオリジナル8月号の感想を。

 ……ああ、これも良く考えたら割とどうでもいい買い物話だ(笑)。



・『社長サマは無計画』(作:春風道人)
 最終回……あれ、そういえばこれって何時の間に連載になってたんだっけ?

 この人の作品って、前作の寺バイトもそうだったんですが、今ひとつ話が広がらないっちゅうか、ハジケないですよね。
 連載開始時に設定した枠内を逸脱しない感じというか。

 まあ、4コママンガだから下手に話を広げない作風もありではありますが。でも「敢えて広げない」と「広げようとしているつもりなのに広がらない」ではちょっと違うよね。このマンガの場合、後者なんじゃないかなーっと。


・『やくみつるのズバリ!!一発勝負!』(作:タイトルに書いてある)
 ……話の内容としては、「決意して今まで集めたコレクションを手放してみたら、なんだか寂しくなったので結局集め直してしまいました」っていう「オタクあるあるネタ」なのですが……。

 一コマ目の「無造作にゴミ袋に入れられたコレクション」の絵と、四コマ目の「集め直されたコレクション」の絵を見ていると、なんだか不愉快な気分になってくるのは私だけでしょうか。

 なんちゅうか、その、モノに対する執着ってそういうことじゃないだろうとか、そういう釈然としない感情が湧きあがってくるのですよ。

 まあ「あるあるネタ」だけあって「お前自身は集めたモノを捨てたことがないのか?」と問われると反論できないところはあるんですけど、でもなんか違うのよ。



 それじゃ本日はそんなところで。
0

2011/6/29  23:43

投稿者:arisama
>一度手放したものを買い直す

懐かし系の玩具コレクターの方々も、その原点は
「昔捨てた(捨てられた)アレを取り戻したい」
と言う思いだったりするわけで、
一度は捨てたものを買い直すという行為自体は
「あるあるネタ」なんですよ。

多分、この話が文章のコラムやトーク番組でのネタ披露だったら、
私は何の感慨もなかったと思います。

そういう意味ではあの4コマは、
日常の何気ない出来事が、
実はいかに醜悪で浅ましいことであるかを
鋭く描写した、優れた絵ではないかと。

作者自身は絶対そんなつもりで描いたんじゃないと思いますが。

2011/6/29  22:37

投稿者:KEN
>『やくみつるのズバリ!!一発勝負!』
コレクションを売るならともかく、捨てて
また同じものを買うというのは僕も引っかかりました
「捨てたけど回収前に慌てて取り戻しました」
ならまだわかるのですが。

何といいますか、「トイストーリー3」でしたっけ?
捨てられたおもちゃが持ち主の元に戻ったら
自分と同じ別のおもちゃで遊んでいて愕然とする
シーンがあったのは(ちゃんと見ていないので
うろおぼえです)

上手く説明できませんが、僕は一度手放したものを
買い直すのに抵抗があります

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ